錆鉄人と天女の感動人生

天然なので天女と名付けた妻と、登山や温泉旅行、ガーデニング・Doit等を楽しんでいます。
HPは「錆鉄人の感動人生」

サウナ室壁面への断熱材貼り付け完了

2016-12-07 12:56:18 | おうちサウナ
遂にサウナ室の内壁に断熱材を貼り終えました。

まずは入り口の扉の面を除く三面を張り付け。
幅は断熱材の幅で柱を設置しているので、
高さを測定して断熱材を切断し、貼ろうとすると・・・

入り口の扉から入りません!
三面を貼り終えてから扉の部分の加工をするつもりだったのに、
すっかり忘れて扉を先に取り付けてしまったのでした。

しかたなく断熱材を2つに切断して運び込み、貼り付けました。



ようく見ると切断面が・・・



続いて扉への断熱材貼り付け。
その前に、周囲をシリコンでシールします。



一昨日からこのシリコンでシーリング作業をしていましたが、その大変な事!
何が大変かというと・・・

露天風呂を作る時に買って余っていたシリコンを使ったからです。
とっくに使用期限は過ぎています。



シリコンは相当かたくなってしまっていて、
力いっぱいトリガーを引いても僅か出るだけ。
おかげで握力のトレーニングが出来ました。

最後は扉の横の壁面。
その前に、晴れ間が出たので雪つり作業をしたのが失敗のもと。
なぜか28cmの所を18cmで切ってしまい、もう1回幅10cmで切って壁面に張り付けました。(トホホ)

という事で、とりあえずは性能試験。

気温は10.5℃
電気ストーブ(800W)で暖房し、扉を閉めて庭木の冬囲いをしながら待つこと45分

中に置いた温度計は!



43℃!
危ない危ない!
もう少しで(百均で買った)温度計を壊す所でした?

この状態で熱が逃げている所を探すと、予想通り扉の上の部分、



それから電気コードがあるので完全に占められない扉の隙間からでした。
高さを出来るだけ確保する為に床部分は断熱材を入れずフローリングだけなのも問題と思われます。
天井も見栄えと高さ確保の為にフローリングを張り、
外に断熱材を貼っているのも若干の問題ですが、これはこのままで様子を見るつもり。

という事で、
問題点の対策をして、椅子を作ればサウナ室の完成。
もう出来たも同然ぜよ。



『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イノシシ侵入防止のバリケー... | トップ | 白浜温泉ホテル川久の「プレ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。