現生と化石大型哺乳類、美術、英語 etcについて気ままに書/描き連ねているサイト(アナログの絵&リサーチブログ)
the Saber Panther



Prehistoric Safari : The mightiest raptor soaring across the sky



Prehistoric Safari : the Mightiest Eagle soaring by Jagroar
新年ご挨拶に代えて

キャンヴァスに油彩 デジカメ撮影
(印象派的なタッチで描いています。キャンヴァスに描いた油彩作品なので、画布の目の粗さが目立つかもしれません…撮影を工夫してみ
ます。油彩作品を美しく撮影するためのコツなどあれば、知りたいものです。)


南海の孤島に広がる手つかずの密林の上を、威風堂々たる巨鳥の影が横切っていく。


史上最大級の猛禽類としてつとに有名な、HarpagornisHieraaetusmoorei、通称ハーストイーグル。西暦15世紀の頃まで存続し
(したがって、今回は厳密に言うとプレヒストリックではなく、有史以来の世界を描いていることになります)、オセアニアの孤島ニュージーラ
ンドにマオリ族の人々が移住してくるまでは、生態系で文字通り「唯一無比」の捕食者として君臨し続けた存在である。

遺伝子分析の結果、ハーストイーグルはヒメクマタカなどケアシクマタカ属(Hieraaetus)の現生種と近縁であることが判明し、これらと共
通の小型の祖先から180万~70万年前に分岐、進化したとされている(Bunce et al., 2005)。生物学的に非常に短い間に著しい大型
化を達成したことになるが、ニュージーランドには獲物となる大型の陸鳥が存在し、かつ、哺乳類の肉食獣など生態系における競合相手
が不在であったことが、短期間の巨大化を促した要因であったと考えられる(いわゆるisland dwarfismとは真逆の現象、island gigantism)。

そのサイズは、思うだに恐ろしい。森林棲であったため翼長は特質すべきものではないが、体長や体高、嘴やタロンなどの寸法、推定の
体重において、現生猛禽類の二大種、オウギワシとサルクイワシを、圧倒的に凌駕していた。
雌の大型個体ともなれば、体重16kgを超えたとする見積もりもあるほど。この巨体にして、翼面荷重の大きな力強い翼で飛翔し、時に時
速80kmもの高速(Rogers, 2009)で陸鳥などに襲いかかったというのだ。

ハーストイーグルは、自重を遥かに上回る巨大陸鳥、体重200kgにも達したモアを専門的に捕食していたとされる。マオリ族がモアを狩り
つくしたのが西暦15世紀頃だと考えられているが、それからほどなくして、主要な獲物を失ったハーストイーグルもまた、絶滅に追いやら
れる結果となった。

有史以前のニュージーランドは、ハーストイーグルのような大猛禽の進化を促す、理想的な条件が揃った場所であったということが指摘さ
れている。このような大猛禽は、その意味で、二度と出現することは望めないのかもしれない。


『プレヒストリック・サファリ23 完新世 ニュージーランド南部 鵬王飛翔す

絵画&テキスト ⓒthe Saber Panther(All rights reserved)


それでは、来年度もよろしくお願いします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 『バトル・ビ... Ruminants : A... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。