真理を黙って実行する

847の日々の戯れ言。aircraft & chines galleryの別館です。

FX120、エンクロージャー入り

2010-04-11 12:42:03 | 真空管・オーディオ

昨日、買い物のついでにエンクロージャーを探しに地元パーツ店へ(ここはフォステックスを扱っている)
そうしたら、びっくりしたことに12cm用のバスレフエンクロージャー(E122)が2個だけあった
しかもディスコンになっている黒
ディスコン、店頭在庫品なので処分価格で販売されていた(ナイ~ス
お袋を連れての買い物途中なので、後で買うことに。
当初、日曜日(今日)買いに行こうかと考えていたのだが、根がせっかちなので、夕方に買いに走る
取付用の木ネジがなかったので、ついでにそれも。
今さらだが、ユニットの写真を。

表、ちっちゃいUP180、コーン紙がちょっと違うかな。
このスタイルは舶来至上主義者からはLE8Tもどきと言われている。
実際、UP180はLE8Tと取付穴が同寸法、ツゲさんにエッジ修理に出した時、LE8Tの取付と同じと言われた

で、裏。
磁石周りについている突起はゴム、一説によると防振用らしい。
この格好はUP180と全く同じ、でも磁石サイズが異なる。
FX120の方がコーン紙口径に比較して磁石が大きい。
まぁFXシリーズはUPシリーズの後継シリーズだから。

ほいで、これが買ってきたエンクロージャー。
黄色に見えるのは吸音材のグラスウール、バッフルから飛び出しているのは接続用の線。
下の穴にはちゃんとダクトがついている。
写真では見えないが、補強材も入っている。
付属の線に圧着端子がついているけど、FX120の端子と合わない
しかたないからFX120の出品者がおまけでつけてくれた圧着端子付きの線を転用することに。(これが苦難の始まり)
ユニットに線をつけてバッフルに挿入しようとしたら、圧着端子が干渉して入らない
チョイと細工して強引に押しこむ

で、これが完成した状態、上にスーパーツィーターGS90Aが載っている。
単品で見れば格好いいけど、GS90Aを載せるとバランスが悪く格好悪い
と言っても、音は12cmフルレンジはなれした低音がでて、なかなかナイス
もっとも効率が89dBとUP180より3dB低いので、音がちょっと小さい。
6畳間で音圧レベルの差を感じるのだから、大きな部屋で3dB違ったらえらく違うだろうね。

UP180と並べると、こんな感じ。
ミニUP180と言える
ツィーターをこの前買ったFT50Hにすれば、もう少しバランスが良くなるかな?
ちっちゃいSPだけど、予想以上に低域がしっかりしているから、現在製作中の6G-A4PP用にするかな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (ちょっと遅れたけど)やっぱ... | トップ | 追悼 井上ひさしさん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

真空管・オーディオ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL