真理を黙って実行する

847の日々の戯れ言。aircraft & chines galleryの別館です。

蜘蛛の糸はストライクゾーン

2016-12-11 14:04:56 | 美術館・博物館
昨日ちょこっとだけ書いたけど、豊田市美術館へ「蜘蛛の糸」展を見に行ってきた。
最初の展示品は撮影可。
 
これはすごい、HPに掲載されている作品なんだけど、実物を目にするとインパクト大。
 
これを作った手間もすごいよね。
感動したから、写真撮りまくり。
 
階段の踊り場から撮影。
お袋もこのポジションから見たいので、杖を突きながら階段を上っていたら、係のおねーちゃんたちが、「エレベーター、ありますよ。」と教えてくれた。
エレベーターじゃ、このポジションから見えないので、お礼だけ言って上ってきたよ。

壁にはこんな風に止めてある。
3階から見ると
 
こんな風に見える。
上から俯瞰しても、面白い作品は面白い。
他の作品は撮影不可。
それでも、この作品を見ただけで、十分行った価値はあったよ。
蜘蛛の糸を見終えてから、初めて豊田市美術館 髙橋節郎館へ。
うるしは好きなんだよな。
おかげで珍しく1時間半の余、居たよ。
かなり堪能したな。
予定ではこれで今年の美術館巡りは終わり。
最後に当たりの展示へ行けてよかったよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 利害関係のない所だけに | トップ | やっぱりモノクロ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たにむらこうせつ)
2016-12-11 14:55:34
蜘蛛の糸の芸術・・・すいません良く分かりませんm(__)m
何処が良いのでしょう?
写真だと分かりづらいのかも知れません。
無知でごめんなさい。
みんなのブログからきました。
詩を書いています。
コメありがとうございます (847)
2016-12-12 20:41:21
コメ、ありがとうございます。
芸術って、わかるとかわからないと言うものでしょうか?
作者が何を言いたいかわかるかと言われれば、わからないと答えます。
この作品に限って言えば、まずこれを発想したことがすごいと思いましたね。
次はこの構造を手間をかけて作り上げたことに感動しました。
でも、それのどこがいいの?と問われれば、感じたままですと答えるしかありません。
芸術って、感じる感じないだけじゃないでしょうか?
見た人の感性と合う合わないだけじゃないでしょうか。
私はそう思っています。

コメントを投稿

美術館・博物館」カテゴリの最新記事