真理を黙って実行する

847の日々の戯れ言。aircraft & chines galleryの別館です。

お辨当箱に圧倒される

2017-06-18 18:27:45 | 美術館・博物館
半兵衛麩の2階に上がって、博物館の第1室に入室。
おぉ~!見事な提げ重(花見重)がいっぱい!
すごいなぁ、樹脂製の写しを作ってくれないかなぁ。
指物の作りは見事だし、塗りもすごい。
いいなぁ。
第2室へ、おぉぉ!これはたまらん。
ブリキ製のもあったけど、今時のアルマイトやタッパーみたいのと違って、提げ重の素材をブリキに変えただけ、作りが違うわ。
夏用と称して、竹かご製のがあった。
これがまたシャレにならんほど、竹ひごが細い。
組み方を見せるための方が1.2mmぐらいかな、細かい方は0.5mmぐらいと見た。
段によって組み方を変えてあるし、手が込んでいる。
所々に置いてある睡蓮鉢みたい大きな鉢、これがまた呉須の発色はいいし、中の柄が金魚、いい鉢だなぁ。
睡蓮鉢にしては深いし、火鉢にしては細長い、何の鉢だろう?
第3室は下賜品と有職品、悪くはないけど、住む世界が違いすぎ。
まあ、圧倒されたわ。
いい博物館だったな。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思ったより近かった | トップ | お麩をお買い上げ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL