真理を黙って実行する

847の日々の戯れ言。aircraft & chines galleryの別館です。

出口から入場

2017-06-18 21:39:14 | 美術館・博物館
100番のバスに乗れたので、早く、しかも美術館の前のバス停で降りることができた。
障害者手帳のおかげでいつも通りロハ入場。
ロハ入場はよかったんだけど、エレベーターで3階へ上がったので、何か変。
いつもなら、エレベーターで上がったところが入り口のはずなのだが、何か違和感が。
入ったところの展示物をのんびり見ていたら、係のオネーチャンが混むから早く並んだ方がいいと言う。
仰せの通り、並ぶことに。
しっぽはどこかなとそっちの部屋に行くと、見たことがないところから人が上がってくる。
???、しかも行列のしっぽは入場した入り口の反対側。
どういうことなんだろう?
会場を後にしてからわかったんだけど、エレベーター側は出口で、階段を上がっていくのが入り口だった。
だから違和感があったのね。
ま、それはともかく、宝飾品の展示なので女性が多い。
宝石はよくわからないが、それを使った作品はわかる。
すごい技術だね。
日本の作品も同時の展示されていて、遜色ない。
どうやって作るんだろうと悩む作品が多かったな。
細工が細かすぎて、虫眼鏡かモノキュラーが必要だったな。
そうそう、清水三年坂美術館で見た刺繍のクジャクと再会したよ。
やっぱりすごいな。
ショップでは絵葉書をお買い上げ。
4階のコレクション展は見たきたけど、ポスターだけがぴんときて、あとはね。
まあ、そうは言っても、そこそこ楽しめたけど。
珍しく1時間半以上かけて見たので、お昼はここのカフェで。
1階に降りたら、コシノジュンコさんに出くわす。
びっくりしたよ。
お昼は、お袋はサンドイッチ、847はパスタ。
お昼を食べておえて、バス停へ。
今回は細見美術館はパス。
めちゃ込みの100番のバスに乗って清水道へ。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンリ・カルティエ=ブレッソン | トップ | やっぱり漆器 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL