サバ奈子

奈子とマシロとモン太の成長記録

喘息

2017-05-15 06:00:39 | 日記


先月21日に飲みに行って、けっこう飲んだので薬を飲み忘れて
寝てしまって何事もなく朝を迎えた。

びっくりした。
20年間喘息の薬をやめることができなかったのに!!



薬を飲み忘れると、4~5時間で咳が止まらなくなるので、薬を
やめるなんて考えられなかった。

夜に薬を飲み忘れると、明け方に必ず発作を起こし、呼吸困難で
死にそうになるので、薬の飲み忘れに気がつくと、どんなに眠くても
どんなに酔っ払っていても必ず夜中に目が覚めて飲んでいた。

薬は半日だってやめられなかったのです。


(近所の桜 自衛隊の公宅の前)

無事に朝を迎えられたので、「これは薬をやめられるんじゃね?」と
朝もやめてみた。
咳は出なかった。


(公宅の敷地の桜)

プランルカスト(オノン)(主に喘息に効く抗アレルギー剤)と
テオドール(気管支拡張剤)はやめても問題はなかったが、
セリチジン(ジルテック)(抗アレルギー剤)をやめると、
くしゃみ鼻水が止まらなくなった。

これは耐えられなかったので、抗アレルギー剤は服用した。


(公宅の敷地の桜)

くしゃみ鼻水は最初の4~5日出て、抗アレルギー剤は1日1錠
から2日で1錠、3日で1錠と徐々に減らしていった。

くしゃみ鼻水がなくなると、次に全身のいたるところにじんましんが
出て切なかった。
これは薬を飲まずに我慢した。

その後、目が真っ赤になってかゆくなったが、これは目薬だけで
対応した。

その後、全身がかゆくなり、切ない日々が続いたが、抗アレルギー剤を
服用せずひたすら我慢。

3週間を経過したところで、不快症状がなくなっていることに気がつく。
薬の離脱症状が終わったらしい。

離脱症状とは
薬をやめることによる副作用のこと。
長期間、薬を飲んでいると薬の成分が定期的に体に入ってきます。
すると体は定期的にその成分が体に入ってくるものだと思い、
その予定で体の中を調整しています。
そのような体になっている時にいきなり薬をやめると、体は入って
くるものだと思っている薬の成分が入って来ないので、体の中の
色々なバランスが狂ってしまい、体が変化についていけない状態
になります。


20年間やめられなかった喘息の薬がやめられましたよ!!
ってか喘息治りましたよ!
旭川の空気がきれいなせいか、体力がついたのかはわかりませんが。
(旭川の主治医がスパルタなので、ムカつきながら筋トレとか続けてる)

今後も食事に気をつけて、体力を落とさないようにたくさん
食べて、たくさん遊んで、筋トレも続けていこうと思います。



ランキングに参加しています。 
お手数ですが2クリックお願いします♪
    ↓      
ペットブログランキング
にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Aaha | トップ | ラーメンふるき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。