あ・しねま・たいむ

今日も映画でまったり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

2017-07-31 11:23:31 | 映画 2017
ヘンリー・ターナーは、
幽霊船フライングダッチマン号の船長になってしまった父ウィルの、
恐ろしい呪いを解く手立てを模索していました。
彼はイギリス領セント・マーティン島で、
天文学を説いたことで魔女呼ばわりされているカリーナに出会います。
カリーナは顔も知らない父が遺したと思われる、
ガリレオガリレイの日記を肌身離さず持っていました。
それが呪いを解く伝説「ポセイドンの槍」の手がかりだとわかります。
探し出すためには伝説の海賊ジャック・スパロウの助けが必要と知り、
ヘンリーは牢獄に忍び込み、捕えられているジャックに会って協力を要請。
そして、ヘンリー、カリーナ、ジャックの三人は、今にも水没しそうな船で、
伝説の宝「ポセイドンの槍」を探し求めて航海の旅へ出るのでした。 

原題は「デッド・メン・テル・ノー・テイルズ」
「死人に口無し」という意味だそうです。  


ジャック

運に見放され(自身に賭けられていた懸賞金は大暴落)
愛する世界最速のブラックパール号はボトルに閉じ込められています。
大事なコンパスさえ酒のために手放し、
そのせいでジャックを恨んでいるサラザールを、
魔の三角海域から解放してしまいます。.


サラザール

「海の死神」
カリブの海賊たちを絶滅させる「海の処刑人」として名を轟かせていましたが、
ジャック少年の策略で、
彼が率いるスペイン海兵とともに海の地獄「魔の三角海域」に幽閉されました。
その呪いから解き放たれ、ジャックの命を奪い、海賊も絶滅させようとします。


バルボッサ

秘術によって蘇った海賊。
いまは大海で勢力を拡大しており、船内は戦利品の金銀財宝で溢れかえるほど。
さらに強い力を手に入れようと、ポセイドンの槍を狙います。


ヘンリー・ターナー 

呪いによって幽霊船フライング・ダッチマン号の船長となった、ウィルの息子。
父を呪いから救い出すため、ポセイドンの槍を探す航海に乗り出していきます。


カリーナ・スミス

天文学者。
魔女の濡れ衣を着せられ、追われていました。 
幼い頃に生き別れた父親が残した、ガリレオ・ガリレイの日記、
その日記の謎を、天文学の知識を駆使して解こうとしていました。
その謎とは、ポセイドンの槍にたどり着くための方法だったのです。

ヘンリーとカリーナの若いカップルは、絵に描いたような美男美女です~。
カリーナの胸なんて、学者なのにやけに谷間が目立つ・・・
いや、だからどうだっていうわけではありませんが・・・・

しかし、さすがというか、毎度のことながら手間ひまとお金がかかってますね~。
それだけのことはありますが。
楽しかったし、笑ったし。
「カリブの海賊」世界に浸れました。
今回はウィルターナーの息子が相棒なのね。
ということは・・ジャック・スパロウは幾つになっているの?
アクションシーンが少ないように感じるのはそのせいかしらん。
で・・男はつらいよの寅さんみたいな役回りのような・・・。
第1作は2003年か~そうなってもしかたないのかな。 
が!サービス?
少年時代のキレッキレのジャック・スパロウが登場します。
少年ジャックは、息絶える直前の船長からコンパスを受け取ると、
船員を率い、サラザールを「魔の三角海域」へと引きずり込みます。
そのままサラザールは「魔の三角海域」で囚われの身となったのでした。
「魔の三角海域」へと引き摺りこまれてゆくサラザールを見送る、
少年ジャックの無表情な、冷たい顔がかっこいいのよ~。 
あんな顔で見送られたら、
そりゃあ呪いたくもなるでしょうよ 

監督 ヨアヒム・ローニング&エスペン・サンドリム
ジャック・スパロウ ジョニー・デップ カリブの海賊
ヘンリー ブレントン スウェイツ ウィル・ターナーの息子
カリーナ・スミス カヤ・スコデラリオ 天文学者 
アルマンド・サラザール ハビエル・バルデム 元スペイン海軍司令官
ヘクター・バルボッサ ジェフリー・ラッシュ アン女王の復讐号の船長 
ジョシャミー・ギブス ケヴィン・マクナリー 海賊船の船員
ウィル・ターナー オーランド・ブルーム ヘンリーの父
エリザベス・スワン キーラ・ナイトレイ ヘンリーの母
ジャックの叔父 ポール・マッカートニー 
2017年7月


今作では、
ポール・マッカートニーがジャックの叔父さんだという衝撃の事実が! 
第三作では、ジャックの父はキース・リチャーズと明かされましたが、
ジャック・スパロウの出自って、どんだけ凄いんだ・・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムーンライト | トップ | 銀魂 »

映画 2017」カテゴリの最新記事