横浜・中山農園の秘密

横浜市都筑区にある農業体験ファーム「中山農園」の野菜作りのノウハウなどを紹介しています。

スプリンクラー

2012年08月19日 | 新農園
●土曜日の新農園の農作業は次のとおり。
・草取り
・カボチャの片付け
・水やり

●この日の新農園はお休みのはずだったが、まだ熟していないカボチャを残していたためその収穫とツルの撤去、サトイモなどの水遣りを中山農園終了後に行った。
今回初登場の新兵器がある。
Kーナンで買った580円のスプリンクラーだ。
メンバー6人で割ると100円足らず。
480円のものもあって少々悩んだが、高い方は散水距離が10mと書いてあったのでこちらを買った。
両方とも水平の散水角度が90、180、270、360度と4段階に調整ができる。
で、試してみると8.6m×24.6mの新農園で十分に使えることがわかった。
ただ、マニュアルが付いていないために、どのようにして角度を調整すればいいのかわからないのが難点だ。
散水角度を狭くしようと思って散水中に調整したらズブ濡れになってしまった。
真夏でよかった。
 

●作業開始前にこれをセットして作業終了時に外せば、水遣りの手間が省ける。
休憩中でも水をやることができるため省力効果が期待できる。
「でも、H田さんの仕事がなくなってしまうね」
「その分、他の作業をやってもらうから能率が上がる・・・はずだけど・・・」
「ひと夏で壊れそうな気がするなあ・・・」
「仕事を奪われたH田さんに壊されるってことですか」
「いや、作りが安っぽくて直ぐ壊れそう」
「まっ、580円ですからネ」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男山御免酒 | トップ | 青トマトのレシピ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。