横浜・中山農園の秘密

横浜市都筑区にある農業体験ファーム「中山農園」の野菜作りのノウハウなどを紹介しています。

脈拍計測機能付き活動量計の欠点を見つけた

2017年07月05日 | ダイエット入門
http://www.epson.jp/products/pulsense/special/images/cnt01_img10.jpg

●上図はエプソンの脈拍計測機能付き活動量計のサイトに載っていたもの。
私の場合は100〜120程度で脂肪の燃焼が高まり運動効率が良いという説明を受けた。
2ヶ月弱ほど続けてみると、この範囲で1日平均40分以上も運動をしているとのデータだった。
ふーん、特に意識して運動していないけど・・・
(以下はエプソンからのお知らせ)

●運動以外に約束させられたのはアルコール。
毎晩、夕食時と風呂あがりに缶ビール1本、寝る前にワイン1杯を飲んでいたのだが、ビールよりもハイボール(ウィスキー・ソーダ)かチュウハイの方がカロリーが半分しかないので切り替えた。
さらに、アルコールは晩酌時だけにして風呂あがりや寝る前はお茶だけにした。
どうだ!
エライだろ!

●しかし、ダイエット効果は今のところはなく体重は減っていない。
それも当然、ハイボールを3〜4杯飲んでいるから、カロリーではビール2缶と同じだ。
ビールの場合は缶が空けば、それが終わりの合図になるが、ハイボールは自分で次々と作れるので充分に酔わないと終われないのだ。

●ここで気がついた。
1日平均40分以上も脈が高いのは運動の結果ではなく、単に酔っていただけだった!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 活動量計 | トップ | 2本目のズッキーニもモザイク病 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ダイエット入門」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。