横浜・中山農園の秘密

横浜市都筑区にある農業体験ファーム「中山農園」の野菜作りのノウハウなどを紹介しています。

ザーサイの漬物に初挑戦

2017年02月12日 | 野菜料理入門
●ザーサイの漬物を作るために、ネットに書いてあったとおり根元に近い所は捨てて4つに切り分けて・・・
しかし、根に近い部分がこんなに固いとは思わなかった。
悪戦苦闘していたら2階のベランダだから家内が言った。
「泥が付いていたら、泥の中の菌が邪魔して発酵する時に上手く行かないわよ」
成る程・・・
男は論理に弱い。
畑でも洗っていたが、少し泥が残っていたのでタワシを使って丁寧に洗いなおした。

●天日で数日間乾燥するためにテーブルに広げたら、また天の声が聞こえた。
「鳥がウンコを落とすかも知れないから網カゴに入れたほうがいいんじゃないの」
一々ごもっともである。
折角並べたが、今回も素直に網カゴに入れなおした。

●さらに天の声が続く。
「漬物樽も長いこと使ってないから洗っておいたら」
「まだ早いよ、数日間乾燥させるって書いてあるし」
と、はかない抵抗をしたが・・・
「そんなのあっという間よ、今のうちにしておかないと」
確かに数日後は平日で家にはいない。
樽も洗って干しておいた。


【備忘録】
ザーサイの漬け方
1,茎瘤部分を小刀で切り取り、芯のような固い部分を取り除いてから二~四個に切り分け、二、三日天日乾燥する
2,塩水に漬け込む。(調味塩水は塩分六、七パーセント)
3,10日目ごとにふたたび塩を五パーセントぐらいづつ二回加えていき、その後、本漬けとする。
4,本漬けのときは塩水に唐辛子、サンショウ、八角、桂皮末、ショウガなどの香辛料と砂糖、高梁酒、甘草といった調味料を加え、半年以上発酵、熟成させる。

wcrblog.seesaa.net/article/111500770.htmlより
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザーサイを収穫した | トップ | 赤レンガ倉庫 横浜クルーズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。