saarweineのワインなどに関してあれこれ

このブログはドイツはモーゼル河の支流であるザール地域のワインを愛する男がワイン等に関して色々適当に書き込みします。

洗練された印象のある2015年のSaar Rieslingです。

2017-07-13 13:41:41 | ワイン


今月11日の火曜日に(今年5月のヨーロッパ旅行の時に購入した)Van Volxemの2015年のAlte Rebenを飲みました。


飲んでみると意外に酸は控え目で軽やかな印象でした。


このワインには茹でたとうもろこしと良く合いました。
ジャンル:
モブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3回目の「アジアンダイニング... | トップ | 平成29年は15回目の「中国料... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「軽やかな印象」 (pfaelzerwein)
2017-07-13 22:03:44
酸はよく分解されてその量感とミネラルのバランスが絶妙です。恐らく、ザールリースリングとしては可成りパワーの強いもので、アルコールも充分ですが、軽やかな印象がするとすればバランスが優れているからです。

2015年はザールリースリングとしては十年に一度以上の良年だったと思われます。そのなかでフォルクセム醸造所がその恩恵を十二分に生かして軽やかで洗練されたリースリングを提供しているのはとても喜ばしいことです。

もしこれにエレガントさに欠けるとしたら、やはり斜面上部のラーゲンヴァインでなければ駄目でしょう。

写真の色も比較的真面に発色してますね。なるほど茹でたもろこしは確かに悪くないでしょう。
いい生産年なのですね。 (Saar Weine)
2017-07-14 00:17:41
pfaelzerwein様、こんばんは。バランスがいいザールリースリングの当にお手本という印象でした。
「バランスがいいザールリースリング」 (pfaelzerwein)
2017-07-14 02:14:39
そうですね、一時期は酸と甘みでバランスを取っていた訳ですが、本来は酸とミネラルのバランスに何処まで果実が乗るかです。

そのためには果実がどこまでも健康でなければいけないというのです。

こういうタイプのリースリングは (Saar Weine)
2017-07-14 09:06:09
pfaelzerwein様、おはようございます。

やはり熟していながらも健康な状態で収穫されなければならない訳ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。