saarweineのワインなどに関してあれこれ

このブログはドイツはモーゼル河の支流であるザール地域のワインを愛する男がワイン等に関して色々適当に書き込みします。

すっきりとした後味が食欲をそそる2012年のピノ・ノワールです。

2017-05-14 15:44:49 | ワイン



今月6日の土曜日にこのRheinhessenのIngelheim am RheinにあるWeingut J.Neusの2012年のピノ・ノワールを飲みました。


飲んでみるとかなりすっきりした飲み心地があり、合わせられる料理のレンジはかなり広いように感じられました。


このワインには特に炒飯や餃子といったメジャーな中華料理との相性が抜群という印象でした。
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成29年は3回目の「DIPIKA」... | トップ | 平成29年は7回目の「ラム 赤... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
貝殻石灰 (pfaelzerwein)
2017-05-14 20:24:58
なぜ日本語の説明は異なった土壌が書いてあるのでしょうか?
多分単純に (Saar Weine)
2017-05-15 02:05:09
Pfalzerwein様、こんばんは。只のプリントミスと思います。

後でお店のほうに行く機会があれば指摘をしておくつもりです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。