saarweineのワインなどに関してあれこれ

このブログはドイツはモーゼル河の支流であるザール地域のワインを愛する男がワイン等に関して色々適当に書き込みします。

名前・出身地を伝える言い方です。

2016-10-11 12:49:43 | 旅行

昨日は恒例のドイツ語講座でした。


今回は挨拶をした後で名前を伝える表現が主なテーマでした。


例えば今回の主なテーマになっているheissenという動詞は主語が人ではなく物でも使われる場合があり、例えばある特定のワインが(ドイツ最大のワイン産地である)Rheinhessen産のLiebfraumilchである事を伝える場合には「Der Wein heisst Liebfraumilch aus Rheinhessen.」と言えばいい訳です。


またメジャーな国や地方名をおさらいしたいと思います。
ジャンル:
モブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年は4回目の「ハリマ ... | トップ | 5回目の「ワインスタイルズ」... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Liebfraumilch aus Rheinhessen (pfaelzerwein)
2016-10-11 16:09:33
上の場合、「リーブフラウミルヒはラインヘッセン産」を意味するのではなくて、「ラインヘッセンのリーブフラウミルヒ」と称すると言っているのです。そのような呼び方しましたっけ?

例えば、Er heißt Karl-Theodor zu Guttenberg.と言うのと同じ意味合いになります。
そう言えばリープフラウミルヒは (Saar Weine)
2016-10-11 16:49:16
pfaelzerwein様、こんにちは。

確かナーエ等でも名乗るのが認められていましたね。
「ナーエ等でも名乗る」 (pfaelzerwein)
2016-10-12 22:43:33
もしそうした文化歴史的な背景を意味したならば、次のようにすべきでしょう。誰もそんな呼び方はしませんが。

Liebfraumilch aus Worms

そもそもナーヘでラインヘッセンに近いところは、ケラーなんかの地所とあまり変わりませんからね。
そう言えばこの町には (Saar Weine)
2016-10-13 00:05:56
pfaelzerwein様、こんばんは。


この銘柄の発祥の教会がありましたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。