我輩は凛太郎である/そしてその母紗夢猫(しゃむねこ)である+ワン!
凛太郎♂(14歳)ミニチュアダックスとハク♂(9歳)和犬雑種+その飼い主ニンゲンの皮を被ったネコ婆♀が繰り広げる日常




24時間TVを見て、泣けました。

この番組あまり好きでないけれど、毎年マラソンだけは気にしています。
今年のマラソンランナーがちょっと好きな城島クンだったので、電気代もったいないなーと思いながら、わりに長い時間TVつけっぱなしにしていました。

でも城島くん、なかなか映らない。
画面の下にでも、ずっとマラソンの映像を映しておいてくれたらいいのにと、いつも思います。

TV側が構成上ズルをさせる場合があるかもしれないから(前からそういう憶測も流れている)、ずっと映像を出すことができないのかもしれませんね。
あんなしんどい目して走ってはるんやから、もっと映してあげたらいいのにと、こればかりは思います。

この番組は視聴者参加型のチャリティーが味噌で、いいことしたい と思う人の心をつかむ卑怯なやり方とか思っていたこともありますが、多くの人の心をつかむ企画でもあるんだとも思います。

ただ、TVの報道はいつも正しいとは限らないし、人の心を誘導する力も持っているから、鵜呑みは危険と思っているので、わりに覚めてみている部分もあります。

今年のテーマの「奇跡」も,ちょっとヤラシイナ~と思って見ていました。

でも今日はたくさん涙しました。
最近玉ねぎを切るときに目が痛いくらいで、たいていドライアイで目が痛い、乾燥してると感じていて、涙腺詰まってるんやないかと思っていたら、ちゃんと涙が人並みに溢れてきました。

被災した人が九死に一生を得た被災した場所で、あの日を淡々と語る姿は胸がつまりました。
当時中学生だった時、仲の良い友人が被災して亡くなり、心が傷ついて学校の授業でも歌を歌えなくなった中学生たちの話にはボロボロ出てきました。

間寛平さんが65歳で10種競技の1500mマスターズの日本記録更新を目指して走っている姿、TVと一緒に「負けないで~」と歌いながら、歌が続けられないほど泣けてきました。
でも、あれって正式な公認記録になるんかな?

それはともかく、生身の人間が己の肉体を使って頑張るスポーツって、人に与える感動の力はスゴイな。

で、城島くんも完走できました。
最後の方は、TVに向かって「城島がんばれ!おばさんも応援してるで」って大きな声で叫んでいました。

あれだけボロボロになっているように見えましたが、最後で1km8分でよう走らはったな。気力がすごかったんやなーと思いました。
ニンゲンって気力でどうにかなることありますもんね。

私は過去にフルマラソンを5回走って3回完走(ものすごく遅いですが)しています。完走できなかった2回はいずれも北海道マラソンで1度目は30kmで足切り(決められた時間までに地点を通過できない)、2度目は40kmで足切りにあい完走できませんでした。

マラソンって本当に普段走り慣れていない者にとっては、過酷です。お腹は減ってくるし、途中から筋肉痛がおこり、歩いている人よりも遅くなるほどカラダがあちこちガチガチになりました。私は初マラソンで完走はしましたが、横断歩道の白い線にもつまづくくらい足があがらなくなりました。
家に帰ってからは、家の階段を這って登るくらいの筋肉痛になったことを今でも覚えています。

マラソンは、自分で自分に感動できるスポーツです。
なので、力が入ってしまうのかもしれません。

でも番組の構成上かどうかは知りませんが101kmも走らさなくてもいいのにと思います!
せめてフルマラソン程度の距離にした方が、芸能人の方々もカラダの負担がマシだと思います。

ではまた明日
読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村と、人気ブログランキングの2つのランキングに参加しています。バナーを2つともポチっとお願いできますか?

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ      
応援ありがとうございました
 

 

滋賀県観光情報

びわ湖高島ええもん館

高島市観光情報

宇宙天気予報

気象庁地震情報

全国の放射濃度一覧



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日の夕散歩の帰り道、団地のメインストリートを歩いていました。
何気に通りすぎてしまった四つ角に、何やら視野に入ったものがあったのか、なんとなく振り向いたらヘビ。

近々両用のメガネなので、ハッキリとは見えていないのですが、アブナイヘビ模様のように見え、ハクのリードを短く持って近寄って確認したら「マムシ」でした。

ソイツがずっとそこにいたのなら、ハクも私もすぐ傍を歩いて通り過ぎていたのでした。

凛太郎は帰り道はだいたいカートの中ですので良かったです。

そして、私は、マムシを見たら殺らねばならぬというすり込みがあるもので、あたりを見回し、大きな石を探したのですが目に入りません。
ちょうどその四つ角にあるお家のご主人の姿が見えましたので、

口が大きな声でお願いを言っていました。

「すみません。マムシ殺してもらえませんか?」

フツーこういうお願いはしないかもしれませんね(;^-^;)
深く考えずに口が喋っていました。

ご主人は高枝切りバサミを持ってきてくださり、マムシくんを挟んでくださったのですが、絶命させることはできず、マムシくんも残った力で高枝切狭に巻き付いてきました。

私は「奥さんご在宅ですか?」とご主人にお尋ねし、そのお家に行って「すみません今、ご主人にマムシやっつけてもらっているんですが、シャベル貸していただけませんか」と大きな声でお願いしていました。

そして奥さんがシャベルを持ってきて下さり、マムシ対ご主人の死闘を見ておられた通りがかりの郵便屋さんがとどめを刺してくださいました。

郵便屋さんは「マムシいるんですね」と 驚いておられました。
団地にマムシがいる という考えは 都会の団地に暮らしておられる方は考えも及びませんものね。

私は手を汚さず、口だけ動かしていたことになりました(⌒▽⌒;;;;;

ではまた明日
読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村と、人気ブログランキングの2つのランキングに参加しています。バナーを2つともポチっとお願いできますか?

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ      
応援ありがとうございました 

 

滋賀県観光情報

びわ湖高島ええもん館

高島市観光情報

宇宙天気予報

気象庁地震情報

全国の放射濃度一覧



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




飼い主は胃切除後、おならが滅多矢鱈に出るようになり、10年以上たった今も、かなり出ます。
歳を重ねたことも加わり、おしりの締りが悪くなったということもあるかもしれません・・・。

おならは何故出るのでしょうか?

胃切除の場合は(広島記念病院から拝借

  1. 腸内のガスの80%は口から飲み込んだ空気で、 20%が腸内細菌の作ったガスです。 胃を切除すると、 飲み込んだ空気を貯めて置いてゲップで送り返す働きがなくなりますから、 腸へ送られる空気の量が増えておならの量も増えます。
  2. 手術によって消化液が減少するため不消化になりやすい、 あるいは手術でのつなぎ方によっては、 胆汁や膵液と食べ物との混合が少し悪くなり、 消化吸収しきれなかったもの (特にたんぱく質) が腸内細菌によって分解されて悪臭のあるガスになります。
  3. 胃切除後には胃液が減少 (胃全摘では全くなくなる) しますから、 胃酸による殺菌作用が低下するため腸内細菌が増えすぎてガスの量も増えます。

さて、飼い主は散歩の途中、前後を確認して、誰もいない農道で放屁をすることが、とてもよくあります。

そして、ハクも歩きながらこきます(⌒▽⌒;)

一緒に歩いていて「プっ」
カートに乗っている凛太郎でもなかったからハクだとわかりました。

ハクの場合は、最初の歩きながらの放屁では、とても面白い動作を披露してくれました。
まず、音にビクッとし、今の音どこから聞こえた?的にキョロキョロしました。そしてようやくニオイのもとが自分のお尻だと気がついたように、尻尾の付け根を嗅ぐという動きをしました。
この間、私は立ち止まりハクの様子を見ていました。
犬というものは自分から出たガスに気がつかないのか・・・。

最近では「プッ」と音がしても、音で驚くことはなくなりましたが、一応ニオイのモトは嗅いでいます。

犬は飼い主に似てしまうのか^^;

ではまた明日
読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村と、人気ブログランキングの2つのランキングに参加しています。バナーを2つともポチっとお願いできますか?

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ      
応援ありがとうございました
 

 

滋賀県観光情報

びわ湖高島ええもん館

高島市観光情報

宇宙天気予報

気象庁地震情報

全国の放射濃度一覧



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日も朝から寒い我が家地域でした。
長袖のTシャツの上に半袖のTシャツの重ね着でちょうといいくらい。
素足では寒いので靴下も履きました。

さて、ギョエっというものを発見してしまいました。

ゴムの木の鉢の表面が何か白いなーとは思っていたのですが、なにせ近眼。家の中では近々両用のメガネをかけているので、何でも近くに行かなくてははっきり見えません。

そして、白の中に黄色も見えた本日、ぐぐっと顔を近づけていくと・・・

キモイ!

キノコが無数に生えていました。白く見えていたのは菌糸だったのでしょうか?

あやしいキノコのアップ画像はコレ↓

室内も「どれだけ湿気ってるのん?」くらい湿度が高かったという結果ですね。

キモイので表に出しました。お日様にあたって、キノコが消えてくれるまではゴムの木さん外置きになります。

ちなみに土は観葉の植物の土です。7月に植え替えたばかりです。ゴムの木に向かない土かもしれませんが、鉢が重いので、土は軽くしたいという非力な私が選んだ土でした(観葉植物用の土は軽いのです)。

ゴムの木がこの急な外の寒さに負けないといいのですけど。
家の中に入れる気にはなれませんし、キノコ触る気にもなれないのですが、どうしましょ(/_;)

食べられるとわかったら、コロッと態度を変えるかもしれませんけどね。
キノコは、素人判断がアブナイと聞いていますから、たとえ調べまくって食べられそうとわかったとしても、我が身を使って実験する気にはなれません。

さて、今日の散歩では、母ちゃんも、凛太郎も少しだけ走りました。
親ばか画像、凛太郎3連発

まわりに誰もおられなかったので、ハクはリードを持って一緒に走り、凛太郎は少し遅れて後から走ってきました。

ちょっと前までは母ちゃんより早かった凛太郎です。
今では母ちゃんのヨレヨレ走りより遅くなりました。年と体重と運動不足と腰のせいでしょうか。
嬉しそうに走っていると見えてしまうのは、ただただ親ばかだからかもしれませんが、この後「車に乗ろ」と声掛けしましたが、拒否してもう少し歩き続けた凛太郎でした。
走った距離はたったの150mくらい。それも歩くよりはちょっと速いくらいの速度です。
母ちゃんは走り始めてすぐに筋肉疲労を感じましたが、あそこまでと決めた場所まで完走?しました。
ちょっと気持ちよかったです。

ただいま~の2匹です。

ではまた明日
読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村と、人気ブログランキングの2つのランキングに参加しています。バナーを2つともポチっとお願いできますか?

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ      

応援ありがとうございました 

 

滋賀県観光情報

びわ湖高島ええもん館

高島市観光情報

宇宙天気予報

気象庁地震情報

全国の放射濃度一覧



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




早くも秋気温の我が家近辺です。

秋その1 ススキ

秋その2 気の早い紅葉

秋その3 実りの秋間近

秋その4 男心と秋の空(^O^)

いつもなら9月になっても残暑が厳しくて「あづ~~~~」と愚痴っているのですが、この涼しさはなんなんでしょ。

残暑がぶり返したら、正直体がついていけるか・・・。ちょっと心配。
この残暑がぶり返すという表現も、本当は我が家地域の今年の夏には当てはまっていません。
熱いというより湿気が体にまとわりつくようなここ数日でした。

湿気が去って、空気が乾いてきたら、家の外回りのメンテが待っています。
キシラデコール塗り。外壁と門扉と、ウッドデッキと。飼い主はそれなりに忙しいのです。

外壁は今回の湿気!湿気!湿気!と雨で、カビたとこあり、剥げてしまったところもありで、塗る前にまずはしっかり拭き掃除からしないといけません。
天然蚊取りの蜘蛛の巣掃除もしなければなりません。脚立の持ち運び、昇り降りが1番体力使うかもです。
空気が乾燥したら冬になる前までに頑張ります!(いつになる?)

ボクらは寝ていますから、どうぞ勝手に頑張ってください。でも散歩はサボらないでね>飼い主

ではまた明日
読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村と、人気ブログランキングの2つのランキングに参加しています。バナーを2つともポチっとお願いできますか?

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ      
応援ありがとうございました
 

 

滋賀県観光情報

びわ湖高島ええもん館

高島市観光情報

宇宙天気予報

気象庁地震情報

全国の放射濃度一覧



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日から、ワンズをお風呂に入れてやらねばと思いながら、お天気もイマイチなので1日伸ばしにしていました。

今日、散歩に行った今津総合運動公園の芝生の丘で、ふと見たら凛太郎が芝生にスリスリ。

「こら!何すりつけてんの!」と言って、見にいったけど、すりつけていた何かは見えず、またミミズのご遺体にでもスリスリしてたんやろかと思っていたら、今度はハクが同じような場所でスリスリ。

ハクの体重で芝が割れて、その物体は黒くてちょっと乾き気味の誰かのウン◯に違いない・・・。

いやや~~~~~

ハクの白い毛の一部がねずみ色に汚れている。鼻を近づけたら臭い。やはりあれは・・・

ということで、何が何でも今夜これから2匹をお風呂にいれなければなりません。
凛太郎は洗いと乾燥で所要時間30分くらいですが、ハクは完全に乾かす時間だけで1時間は確実にかかります。
天気の良い日の昼間のお風呂だと生乾きでもあとは天日干しでもOKですが、今夜は後寝るだけなので、完全に乾かさねば。
犬お風呂所要時間2匹で2時間要りそうです。

湿気が多いとニオイも気になります。
1日伸ばしにいていたから、今日のスリスリ事件は「はよお風呂に入れなさい」という天の声かも。
このままでは一緒に寝ることも不可。今日は勝手に寝床に行かないようにドアも閉めてあります。

夕食前に洗うという方法もありましたが、母ちゃんのお腹が減りすぎていました。
なので、体力がいるワンズ洗いの前に、しっかり夕飯を食べ、ちょっと食休みの間にブログを書いています。

食後は、凛太郎がいつものように「抱っこ」要求をして、足に手をかけ、目をキラキラさせていましたが、モワっとニオイが。

「アカン!あんたら今日◯◯◯にスリスリしたやろ。抱っこない。汚い。二人共お風呂やからな!」と宣言。

さて、臭い話はこれくらいで、今日は楽しいこともありました。

ご近所ワンがヒトリ増えました。

グレート・ピレニーズの子犬ちゃん。子犬といってもハクと同じくらいの体重です。
もふもふの白い毛がかわいい。
人懐こくて、まったく吠えません。ヒトリ凛太郎だけがワンワンワンワン。

一緒に公園散歩に行きました。

デジカメ不携帯でしたので、またいつか機会があったら撮影させてもらって掲載したいと思っています。

それでは、気合を入れてワンコをお風呂に入れてきます。

ではまた明日
読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村と、人気ブログランキングの2つのランキングに参加しています。バナーを2つともポチっとお願いできますか?

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ     
応援ありがとうございました 

 

滋賀県観光情報

びわ湖高島ええもん館

高島市観光情報

宇宙天気予報

気象庁地震情報

全国の放射濃度一覧



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




生ごみ処理器 キエーロに最初に初生ごみを投入したのは8月12日でした。
それから、すでに3回ゴミを投入し、4回目の今日は1回目に投入した場所に入れることになりました。

恐る恐るというか興味津々というか、まだ分解は済んでいないだろうか、もう大丈夫だろうかとそんな思いで穴を掘りました。
穴の中は、ほぼキレイに生ごみが消えていました。
ニオイは一切ありませんし、虫も湧いていません。

多分ものすごく時間がかかるだろうと思っていた玉ねぎの外側のカワと糸状のカビのようなものがついた小さな塊をひとつ見つけたくらいです。

約2週間でほぼ消えてしまった生ごみ。早く埋めて試してみたかったので、ゴミの量が少な目だったこともあるかもしれません。

2回目、3回目に投入した生ごみには枝豆のさやを大量にほりこみましたので、どうなっているか。
ちょっと掘り返して見たらいいようなものですが、見ませんでした。

風の谷のナウシカみたいに土が汚れを浄化してくれている、そんなことをしみじみ思いました。

土はエライ!!!

土のどんな菌が分解してくれているんだろうと こんないい加減なキーワード「土中菌」で検索をかけたら

微生物による土壌の浄化 というサイトに出会いました。

サイトの導入部にこう書いてあります

・ 地球規模で進む環境汚染…しかし、浄化法は見つかっていないかのようだが…微生物を活用して土を浄化するのは海外の研究機関でも行われています。進んでいるのはフランス系カナダでの粘菌の利用です。ダイオキシンで汚染された土に粘菌を撒くと、一度に80%ぐらい除去してくれるのです。このデータを知人が日本政府に送りましたが、日本では国会議員の反発で、そのデータを取り上げることにストップがかけられました。NHKや毎日新聞は発表を中止しています。…汚染土壌の浄化作業に現在、仮にある場所で5億円掛かるとすれば、それをもっと完璧に500万円で済ます技術があり、利権政治をいまもって行う議員たちが猛反発したのです。しかし、浄化に微生物を使用する技術が日の目を見るのは、もはや時間の問題であると思います。

 

土壌菌はエライと思い、さらに検索をかけたところを見ていましたら、

土の話 が書いてあるサイトの中に

化学肥料の多施で土壌の健康は失われ、保肥効果などがなくなってきました。
そのためさらなる化学肥料の施用・・・植物は肥満状態になり病原菌発生など悪循環に陥ります

さらに

化学合成農薬(今後「農薬」と呼びます)は人間がつくり出した化学物質です。誕生してまだ間がなく、人体に対してどのような影響があるのか、はっきりしていません。農薬の多用によって体調を崩すという話はよく耳にすることです。
さらに土壌も計り知れないダメージを受けています。
土壌害虫駆除のために農薬を使って土壌消毒をすると有害な微生物(病原菌)だけでなく有益な微生物まで死滅してしまいます。有害な微生物と比べて有益な微 生物は力が弱く回復しにくいものが多いのが現状です。また、微生物だけでなく、ミミズなどの数多くの土壌小動物までも死んでしまうのです。
多くの小動物がいなくなると言うことは天敵(人間にとっては益虫)もいなくなるということです。

また、、農薬を頻繁に使用していると今まで使っていた農薬が効かなくなることもあります。これは病害虫に抵抗力がついたためです。そうなれば怖い物なしで病害虫が大発生します。
良かれと思って使用した農薬が後には病害虫の大発生、植物への大打撃を招くのです。これは土壌散布に限らず葉面散布でも同じ事なのです。

化学肥料も農薬も、人の手間を省くためのものであったのだけれど、人の手で創りだされたものが、人や土壌にダメージを与えるんですね。

国産の無農薬野菜が、市民が安価で手に入れられる世の中になりますように!

ではまた明日
読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村と、人気ブログランキングの2つのランキングに参加しています。バナーを2つともポチっとお願いできますか?

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ      
応援ありがとうございました
 

 

滋賀県観光情報

びわ湖高島ええもん館

高島市観光情報

宇宙天気予報

気象庁地震情報

全国の放射濃度一覧



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アナと雪の女王がレンタルで送られてきました。

なんであの歌があんなに流行っているのか、イマイチピントきていなかったのですが、

ひょっとしてココ?

ありの~ままの~ 姿見せるのよ~

ありのままの~自分になるの~

DVDは食事時だけのぶつ切れで見ているので、まだ全部見られていないのですが、とりあえず話題になった松たか子さんの歌声を聞きたくて日本語吹き替えで見始めました。

エルサがずっと自分の魔法の力(触れるものを氷にかえる能力)をひた隠しにしてきたけれど、ブチっと切れて(こういう表現が相応しいかどうかは別にして)自分のままでいることを決めた!

映像と一緒に歌を聞くと「なるほど」と少しわかりました。

わかると同時に

この歌のココに惹かれるヒトが多いなら、ありのままの自分でいられないヒトが多いのか?

小さい時から、あれしたらアカン、これしなアカン、躾という大義名分において親が子どもを誘導(洗脳)していったり、レールを敷いていくということはよくあることですが、そういう中で、自分がなくなるというか、見失うというか、自分がわからなくなることもよくあることのようです。

年齢を重ねていっても「自分とはなんぞや?」ということもありますが。

社会に出れば常識やルールもありますし、「うまくやる」ことも必要になり、うまくやれないと脱落していかざるをえないということもあります。
何が良くて何が悪いとは一概には言えません。思ったことを言えないという状況が出てきますし、思ったことを言うといろいろと問題を起こすということになってしまうこともあります。

なので、

ありのままの姿が見せられない

ありのままの自分でいられない

そんな窮屈に生きておられる方がきっと多いのでしょうね。


大きな声で一緒に歌うと気持ちいいですね(^^)

ではまた明日
読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村と、人気ブログランキングの2つのランキングに参加しています。バナーを2つともポチっとお願いできますか?

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ      
応援ありがとうございました
 

 

滋賀県観光情報

びわ湖高島ええもん館

高島市観光情報

宇宙天気予報

気象庁地震情報

全国の放射濃度一覧



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




空に穴があいたように、局地的に想定外の大雨が降る

空が放電しつづけて、雷がなり続ける

地球がビョーキになってきているから

いろんなおかしなことがおこるんだよ

ビョーキにしてしまったのはダレ?きっとヒトだ。

 

お金儲けが好きな人が

人の購買意欲を煽る

便利なものを追い求めているから、簡単に煽られる

大地と大気に、「良くないもの」を撒き続けていることを気にしなくなってきている

TVのCMで流れているものは安全と信じ

スーパーにあるものは大丈夫と信じ

何が添加されているかわからないものを食べても平気、気にすることもない

それはアブナイかもしれないと注意喚起する人は孤高の戦いを強いられる

異常気象と聞いても、フツーに聞き流すことが多くなってきた
この度の広島の土砂災害は市の避難勧告が遅かったということで、とりあえず悪者を作るような報道がされているように聞こえるが、それも国民の感情を誘導するようなことになっていないだろうか。

マイホーム購入は、庶民の夢である。やっと購入した家は、安心できる場所であったはずなのに、地質検査の時に「ゆるい」「アブナイ」は本当になかったのだろうか。

経験したことのない大雨が降ると、「地質がどうであれ、経験したことのない雨が降れば大災害は起こりうる。」そうだ(毎日新聞

自然のすることはわからないけれど、地球のビョーキを治すのはヒトでしかないはず。

ではまた明日
読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村と、人気ブログランキングの2つのランキングに参加しています。バナーを2つともポチっとお願いできますか?

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ      
応援ありがとうございました
 

 

滋賀県観光情報

びわ湖高島ええもん館

高島市観光情報

宇宙天気予報

気象庁地震情報

全国の放射濃度一覧



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




夜には虫の声が聞こえるようになった我が家地域です。

先日の散歩の時のこと

農道をいつものように歩いていて、凛太郎が用をたそうと、少しだけ草むらの中に入りかけた。

飼い主はいつものように「草の中入らんといて。ヘビいたら怖いし」とまさに声をかけたその時、凛太郎が後ろに飛び退いた。

その格好はカエルが座ったまま、後ろ跳びしたみたいな感じ。カエルが後ろ跳びしたところは見たことがないけれど、そんな感じ。

飼い主一瞬ギョッとなり、目を凝らして見たら、相手はヘビだった。

気の弱いヘビだったようで、向こうも一瞬飛んで、更に深い草むらに入っていった。

シマヘビにしては柄があまりキレイではなかったけれど、マムシだったら逃げないだろうから、きっと大丈夫と思いながらも、凛太郎に向かい「あんた噛まれへんかったか?」と尋ね、顔の点検。

どこにも傷がないから大丈夫とホッとした。

凛太郎もハクも、「大」の用を足す時に、場所選びがたいそう辛気臭い。
飼い主は時としてイラっとくる。
凛太郎は一度座ったら、100%完了になるが、ハクは場所選びに時間をかけ、さらにウンPスタイルをしてからやめ、数歩移動してまた慎重に場所を選び、また座ってはやめ、結局そこではせず、またあらためて場所選びから始めるということがある。

周囲の音などにも反応するようだが、散歩の進行を著しく遅くするのでイエローカードを出したい。
するかと思って、うんP袋を出すカサカサという音も気に入らないらしい。

「大」の時は無防備100%になるから、慎重にならざるをえないというのも少しは理解できるけど、心の中で「はよして!」と激しくつぶやいている。
きっとこう思っている時の飼い主はコワイ顔をしていると思う。

最近は、ウンPを待っている間に、じっとしているとコバエのような小さな虫がたかってきたりすることもあるので、余計にイラつく。
凛太郎の方もカートで待たされていると、コバエのような虫にたかられている。払ってやっても払ってやってもくるから、この時期の夕方散歩はちょっとキライな飼い主である。

ではまた明日
読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村と、人気ブログランキングの2つのランキングに参加しています。バナーを2つともポチっとお願いできますか?

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ      応援ありがとうございました 

 

滋賀県観光情報

びわ湖高島ええもん館

高島市観光情報

宇宙天気予報

気象庁地震情報

全国の放射濃度一覧



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧