我輩は凛太郎である/そしてその母紗夢猫(しゃむねこ)である+ワン!
凛太郎♂(14歳)ミニチュアダックスとハク♂(9歳)和犬雑種+その飼い主ニンゲンの皮を被ったネコ婆♀が繰り広げる日常
 



月曜日の早朝、物音で目を開ける。

目を開けると同時にハクの顔が目に入る。
まずは、その光景が異変。

寝ている私の右横、わずか20cmほどのところにハクがオスワリをして、私を見ているのである。

物音が怖かったのか、物音から私を守るべしと密着するほど傍にいたかったのか・・・

「猿やし」とつぶやいて再び寝ようとしたが、ハクが今度は私の枕の上に身体をねじ込ませてきた。
私の左横には、十分なスペースで凛太郎が寝ている。彼は聞こえが悪くなっているので、この騒音が聞こえないらしい。

頭にハクが密着、猿の足音は相当なもので、私はめっちゃくちゃ眠かったけれど、だんだんと覚醒してきた。
こうなると起きざるを得ない。寝てられんし。

猿は、屋根の上をあっちにドドドっ、こっちにドドドっと走り回っているような音をたてている。
運動会みたいな感じ。追いかけっこでもして遊んでいるんだろうか。

ムカつく!

私が前夜床につき、最後に時計を見たのは午前2時40分、猿とハクに起こされた時刻は5時30分。めっちゃ眠いし。

意識の覚醒はしたものの、身体はまだ半分寝ているような感じ。とりあえず台所に行ったら、窓の外の愛車の屋根に猿!

くそっ!

前回追い払うことができた笛をもって、玄関から表に出た。
愛車は勝手口の前。
勝手口から出ると猿と鉢合わせの可能性があるので、それは避ける。

ハクもついてきて、裏庭に走っていったけれど、おいでと小さい声で言いながら手で招いたら、めずらしく言うことを聞いて、すぐに走って帰ってきた。
それなりにビビっているのかもしれない。
帰ってきたハクを家の中に入れてしまってから、笛を吹いた。

緊張のせいか、起きたてのせいか、うまく笛が吹けない、2度ほどやり直してやっと大きな音で吹けたけど、いきなり大きな音を聞かせてビックリさせるという作戦は失敗。

ちなみに、たとえ飼い主が笛を吹いていても、ハクはその音がどこから鳴っているのかわからず、彼も驚くので家に入れたのだ。
ハクは大きな音に恐怖するのだ。

猿の足音は少しの間だけ静かになったけれど、再び屋根の上で、ドドドっドドドっが繰り返された。
ああ、ムカつく!

何か大きな音が出るものはないか?

そうだ鍋だ!
染色に使う鍋の底を鍋フタで叩いたら、シンバルのごとく、かなり大きな音が出た。

5時40分くらいだったと思う。ご近所迷惑になるかもと思いながらも自己虫で猿追い払い作戦続行。

数回なべ底叩きを繰り返したら、猿は静かになった。移動したようだ。

ほんまにクソ猿、ムカつく

ああ、悪い言葉を吐いてしまった。
猿のお陰で安眠妨害。

身体も起きたから、ちょっと仕事でもしようと、少しだけ仕事をして、ワンズに朝ごはんをあげ、自分の朝ごはんを食べたら、どうにも眠くなってきたので2時間ほど寝たが、まだまだ眠い。
生協のグループ配達があるので、その時間は起きていなくてはならない。それが終わったらまた眠い。
してしまいたい仕事もある。パソコンに向かっては眠くなる。眠くなったらちょっと横になり、寝ては起き仕事を繰り返していたが、ちょっともはかどらず、ほとんど使い物にならない私だった。

ご近所の方に出会った時に、朝の騒動で迷惑をかけていたかを確認。音は聞こえなかったそうだが、そこのお宅に6時頃に猿が出たそうだ。
私のところから移動した猿に違いない。

団地内には人の住んでいない家もあるのに、なんで我が家の屋根で早朝に遊ぶ?

せめて人の住んでいない家で遊んで。

ではまた
読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村と、人気ブログランキングの2つのランキングに参加しています。バナーを2つともポチっとお願いできますか?

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ      

応援ありがとうございました 

 

滋賀県観光情報

びわ湖高島ええもん館

高島市観光情報

宇宙天気予報

気象庁地震情報

全国の放射濃度一覧



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ヒメジョオン... トランポリン... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。