おやぢのためいき EPISODEⅡ

ねこくん写真とおやぢミュージック、そして頚椎椎間板ヘルニア闘病記な日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

交番くん、休職す。

2010年01月24日 | しまのねこ

鳥造&寅二郎さんの「江ノ島ノラびより。」のこの記事を見て

矢も楯もたまらず江ノ島に行ってきた。

参道を急ぎ足で上る。

交番くんが募金箱のあたりをらふらと歩いているのが見えた。

朝日堂のおかみさんの声が聞こえた。

「シャチ(交番くんの本名)、ふらふら出歩いてないで日向でのんびりしてな!」

まるで交番くんの母ちゃんのようなおかみさん。

挨拶もそこそこに、いろいろと話を聞かせて頂いた。

以下、おかみさんの話をかいつまんで書き記すと


食欲が落ち激痩せした大きな原因は、どうやら口内炎のせい。
それに気がついて、薬(抗生物質)を3日ほど飲ませた。
薬が効いて症状が軽くなってからは食欲も徐々に増して
今はねこ缶「フリスキー ビーフほぐしタイプ」が大のお気に入り。
それを山のように買い込んであるが
数日で好みがころころ変わるわがままねこで困る(笑)
(先日聞いたときは「今は笹かまに凝ってる」と言ってたっけ(笑))

今は交番にはほとんど行っていないはず。
ぽかぽかと日の射すときは参道で日向ぼっこ。
冷え込む日は店の奥でストーブに当たっている。
(左わき腹の毛が黄色くコゲちゃってる!(笑))
夜は店を閉めてしまうので、店の中には置いておけないが
店の裏で、使い捨てカイロを布で巻いたものを敷いて寝かせている。
交番に発泡スチロールで作った小屋を置いたのだが、
今はそちらには行かないので、店の裏に移設して中をカイロで温めるつもり。

シャチに会いに来て外に居なかったら
きっと店の奥でストーブに当たってるから
いつでも遠慮せずに店の中を覗いて行きなさい。
きっとシャチも会えるのを楽しみにしているだろうから。


このおかみさんの話には泣けました。

ただ、ただ頭が下がるばかりです。

こんなおかみさんだからきっと

「何か私たちに出来ることを」

とネコ缶やカイロの提供を申し出ても受け取ってはくれないでしょう。

だから行くたびに朝日堂さんの名物

「たこせんべい」

おみやげにたくさん買って帰ろうと、せめてそのぐらいは、と

うちのおかみさんと、珍しく意見が一致しました、とさ(笑)
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« くわまん と こねこたん | トップ | 禍福は糾える縄の如し »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (寅二郎)
2010-01-26 11:46:40
おやかたさん。
愛のこもったリポートありがとうございます。
夜もそれなりの防寒対策をしてもらっているとわかり、ひと安心。

朝日堂のおかみさんの「シャチー!」って呼ぶときの、少しかん高い声を思い出しました^^)

もしかしたら、交番くんをいちばん見まもっているのが彼女なのかもしれないですね。

たこせん、買いに行ってきます。



Unknown (おやかた)
2010-01-27 22:50:24
そうですねえ、、ちょっとさみしいけど、交番くんは今は、やさしいおばちゃんの許で「シャチ」以外の何者でもないですね。そして厳しい冬をぽかぽかと、遣り過ごせるといいなあ。

そして元気に春を迎えて、陽射しが眩しくなったら、また涼を求めて交番のバイクの上に乗ってる姿、見たいですね。
Unknown (m*)
2010-01-28 16:38:11
先日、お店の奥でストーブに当たってる姿を見ました。

自分ではどうしてあげることもできない歯がゆさと
近くでこうして見守ってくれる人がいる嬉しさとで
ジワジワと泣けてきました‥
お店を閉めてからも、気遣ってくださってるんですね。

ワタシもタコせん、並んで買いましたとも!
Unknown (おやかた)
2010-02-03 00:00:02
以前、「Kむら」のおねいさんと猫談義をしたときに、おねいさんはこんな事をおっしゃってました。

---ここ江ノ島と言えども、ごはんの心配がない、ってことだけじゃ、野良猫たちは生きては行けないんですよ。「生き抜いてやろう!!」という強い意志を持った強い猫だけが生き残っていけるんです---

あの「Kむら」のおねいさんの言葉だからこそ、説得力があります!!

それからというもの、ねこたんとのほんおわずかな関わり合いではあるけれども、そんな中で「生きてりゃ、ちょっとは楽しいともあるなあ」と思ってもらえればなあ、とそんな思いで江ノ島に通ってますよ、このおっちゃんたらww

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む