星を見ていた。

思っていることを、言葉にするのはむずかしい・・・。
良かったら読んでいってください。

2015.1.1

2015-01-01 21:43:34 | つぶやき

あけましておめでとうございます。
昨年もぼちぼちとしか更新していませんでしたが、見ていただいた方大変ありがとうございました。
今年もまた気まぐれに更新とは思いますが、よろしくお願い申し上げます。


昨日は大晦日だったけれど、受験生の娘のやっと空いた日だったので娘と買い物に出かけた。クリスマスのプレゼントも買ってなく、すぐ来るお誕生日も買ってなかったのだ。大晦日の駅はなんだかいつもより人がいなく、店もがら空きでデパ地下だけが込み合っていた。結局娘の気に入った物は見つからなかったので、そのまま大したものも買わず家に帰った。

大晦日と言う感じがまったくしないまま新年を迎え、いつも元旦に父の墓参りに行くのが恒例となっているのでお墓参りに行った。午前中から雪が舞ってきて、お墓に着いた頃には結構な雪だった。家に帰ってきてからもだんだんと雪は激しくなり、うっすらと景色が白く変わっていく。

神社にお参りに行こうかと思っていたけれどあまりの寒さになんだか尻込みしてしまい、作ろうと思っていたさつまいものケーキを作った。その間も雪はどんどん降って、雪の舞い降りる中出かけたいという衝動と、受験生の娘の為に元旦にお参りに行った方がいいのではないかという思いと、もしかしたらこの雪だから神社空いてるんじゃないかというちょっと不謹慎な思いが交差し、雪の舞っている中近所の氏神様へお参りに行った。


雪は出てすぐに止んでしまったけれど、景色は白一色になっていた。こういう中歩くのは大好きだ。いつもの元旦なら神社に行く人で結構通行人がいる道路も、誰も歩いていなかった。

かなり寒いので、ヒートテックとセーターは二枚重ね、ダウンコートにスノーブーツにマフラーに手袋にお腹にカイロ、と防寒対策ばっちりで出かけた。小さな地元の神社なのだけれど毎年1時間かそれ以上並ぶのだからそれくらい並んでも寒くないようにと。だが誰も並んでいなかった。こんなのは初めてだ。

お参りをしてお札を買って、おみくじを引いた。娘は吉、私は末吉だった。私の気にしている項目はただひとつだけなのだけれど、その項目に関しては私の思っていたことは間違いなかったと思えるようなことが書いてあった。娘は今年大吉だったら5年連続大吉らしかった(本人談)らしいが、吉だったので不満げだったみたいだが、ここで大吉が出てしまうと油断して勉強しなくなるのだから吉ぐらいで良かったのだと言ったら妙に納得していた。

寒い中を暖かいなあと思いながら歩いて帰った。こういうのって結構好きだ。

帰ってきてから急に思い立ち、母がお世話になっていたお家に手土産を持って出かけた。そのお宅もうちと同じく、おじさんが昨年から老人ホームに入ってしまったのだ。やはり、と言ってはいけないのかもしれないけれど、お正月っぽいことはあまりしていないようで、夕方なのですぐにお暇しようかと思っていたのにちょっとお喋りしてきてしまった。家もそうなのだが、家族がひとり欠けるだけで、何だかお正月する気分ではない感じなのだ。1時間くらいお話しして、家に帰った。

どんな一年になるのか分かりませんが、今年もよろしくお願いいたします。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加