赤いルバーブのほたる農園たつの

赤いルバーブ7品種!これが「ほたる農園たつの」の主力作物です。


カモミールの耐寒性は凄い!

2017-03-31 15:57:06 | 菜園
昨年秋にこぼれ種が発芽し、

▲15℃前後の寒い冬を乗り越えて、

大きな株に成長しつつあるカモミールです。

5月頃から花を摘みカモミールティー、カモミールバス(入浴剤)にそして、

葉は天ぷらに・・と楽しんでいます。

鶏糞を散布する程度で元気に育ってくれます。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルバーブ・グラスキンパーペチュアルに籾殻被覆(囲い)

2017-03-31 15:35:39 | ルバーブ・グラスキンズパーペチュアル
グラスキンパーペチュアルルバーブが、

他の品種に先駆けて発芽しだしていることは、

昨日記事にしました。

種を蒔いて育成したグラスキンルバーブは、

いろいろな色合いの個体が出現していることを昨日記事にしましたが、

赤茎の個体も長いピンクがかった茎を得るためには、

軟化がベターとされていますし、

昨年の経験からもそういえますので、

昨年末に選抜しておいた赤茎系の株(個体)に、

籾殻囲い(囲いの資材は畔波板、これは色々な用途に使えてとても便利)しました。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生ごみコンポスト使用のルバーブの遮光栽培が大成功!の兆し

2017-03-31 15:14:40 | ルバーブ栽培記
今回は、思わず興奮してしまう画像を披露します。

2月15日「ルバーブの遮光栽培・イギリス編」の記事で、

イギリスでは軟化の方法としてForcer(フォーサー)=軟化鉢が使用されていることを紹介しました。

それを真似て、

アイリスオーヤマの「生ごみコンポスト」を使用して軟化栽培できないか実験中であることを、

2月14日の「ルバーブの遮光栽培・鉢囲い編」で記事にしましたがその後の今の様子です。

保温資材として、手前のコンポストには落ち葉、向こうのコンポストには籾殻を詰めてあります。



今日、コンポストの蓋を開けて見たところ、

籾殻詰めのコンポストはまだ立茎を確認できませんが、

落ち葉詰めのコンポストでは、

約二十数センチ強の落ち葉の層を突き抜けてまだ1本ですが、

葉が頭を出しているではありませんか!

これはすごいぞ!



なお、使用しているルバーブの品種は、フランスから輸入のシャンパン(CHAMPAGNE)2株です。

「長いピンクがかった茎を作り出すためには軟化が理想的」とされている品種です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜の前のお花見

2017-03-30 20:49:58 | 園芸
クリスマスローズが満開です。

寒冷の地では今ようやく満開!





パンジーが開花!

プランターから溢れんばかりに咲き誇るのは5月頃です。

種を蒔くのは8月下旬ですから、

長い長い育成期間を経ていることになります。




もう一つ、咲き誇っているのが福寿草。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルバーブ・グラスキンズパーペチュアルが発芽!

2017-03-30 19:47:40 | ルバーブ・グラスキンズパーペチュアル
いよいよルバーブシーズン到来です!

「ほたる農園たつの」で栽培中の7品種の中で最も早い発芽です。

グラスキンパーペチュアル(GLASKINS PERPETUAL)は種を蒔いて育成していますが、

種から育成しているルバーブの常として、

赤茎の株、緑茎の株、赤緑混色の株など様々な色合いの株が出現しており昨秋、

赤茎の株、緑茎の株の2系統に選抜し他は、

抜根処分してあります。

第三圃場で約50株栽培中です。

目印ポール立ててあります。

詳細は順次ご案内しますが取り敢えず、

発芽の様子をご覧ください。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加