八ヶ岳山麓の暮らし

標高およそ1,200mの八ヶ岳山麓で、見たり聞いたり経験したことを気ままに書いています。

ブログ(私の場合)

2017-05-05 06:46:07 | 日記
 インターネットのWeb・sightに、『八ヶ岳山麓の暮らし』というタイトルで投稿してから何年にもなる。最初は移り住んだこの地で、見聞き、体験、調べたことなどを書いてまとめることは、ボケ防止に役立つだろうくらいの認識だった。そのうち、人生の集大成として本に書き残す“自分史”の代わりに、CDに残して日々の生きた証しにしようと思うようになった。

 それが今では、ブロガ-同士の知識、経験、情報などを共有して、向上に繋げたいという思いに変わった。現在、参加している【gooブログ】では、登録者数およそ270万人強、日々、公開される記事のうち、多い方から5万番目くらいまでの記事に対して、その閲覧数や訪問者数をアクセスランキングで知ることができる。1週間おきに発表している私のブログの場合、1週間の総訪問者数は600人前後、閲覧数は800~900、記事によってそれよりも多くなる週がある。1回に数千人の訪問者があるメジャーなブログもあるが、270万人もの人が何かしらの思いやメッセージをインターネット上で発信していることは驚きに値する。

 気に入ってくれて“友達登録の申請”メールをもらったり、こちらから登録させてもらったりするうちに、今では130人ほどのブログ友達ができた。ブログの発表間隔は、毎日、数日おき、気の向いた時など様々、そして記事の内容も千差万別である。しかし未知の知識や情報を得るにとどまらず、素人離れした写真や絵や趣味であったりするので、居ながらにして日々刺激を受ける格好の場になっている。

 数年前、GOOGLEのCEOを名乗る人から唐突に2度ほどメールをもらったことがある。訳したメール文には、「おめでとうございます。あなたのブログはベストブログに選ばれました」といったことが書かれていた。日本語で書いている私のブログなのに、いったい何故、どうして?詐欺への誘導メールではないのか?・・・そんな今もって真偽不明のサプライズもあった。

 【gooブログ】は見てくれている人の登録IDが、自分の管理画面にリアルタイムで表示される。お互いを双方向で意識することもできるので、インターネット空間上で人との繋がりを感じることもできる。しかし人から学ぶには、自らも相応のレベルが必要。それを自身への励みと目標にして、できる間は続けていきたいと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 町内にある巨木 | トップ | 長野善光寺と東山魁夷館 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (takezii)
2017-05-05 07:38:47
子供の日、朝一番に 拝読させていただき なんだか 自分と同じような考えをお持ちになっているように感じ 思わず コメントさせていただきました。
私の場合は 後期高齢者、人生の最終章との思いもありますが 数年前までは 考えもつかなかったブログの世界、顔も見えず、名前も知らない、住所も分らない 多くの方と ネット上ではありますが 双方向で意識して 繋がることが出来る仕組み、これからも 出来る限り続けていきたいものだと 考えています。
ブログが出来なくなったら 終わりかな 等と 思いつつ・・・。
自分にとって (原村)
2017-05-05 09:31:09
おはようございます。
読んで自分にとってブログは何なのか再考する機会を与えてくれました。
自分にとって自分のブログは何なのか、そんな事を自問自答しながら拝読させて頂きました。
ありがとうございます。

塩尻の御柱祭を一昨日初めて知りました。
信州は春真っ盛りですね。
コメントありがとうございます (s6190004)
2017-05-05 18:06:06
 ブログは生活の一部になっている部分があります。
興味に駆られて調べたことや、その週の特筆的な出来事などを気軽に書くようにしています。
いい加減なことは書けませんので、良い習慣になっていると思われます。

 また皆さんのブログを拝見することで、居ながらにして、視野や知識を広げることもできます。
加齢に向かっても、人や社会と繋がっていると意識できるのは嬉しいことだと思っています。
ありがとうございました! (izukun)
2017-05-24 14:40:13
カラマツさま

目にしみる青葉の中でお過ごしと思います。

昨年、教えていただいたジャムの瓶詰め方法で今年は全部始末しました。脱気も完全です。
なんという簡便なカラマツ式だろうと、感心しつつ、カラマツご夫妻に感謝しています。
それは良かったです (カラマツ)
2017-05-24 15:10:52
お久しぶりです。
わが家の初ジャムは赤いルバーブです。
私は毎朝、ブルーべりージャムを食べています。
1年分作り、地下室保管しているものを出してきて食べます。
農家や撰果場などで安く手に入る果物をジャムにしておくと良いですよ。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事