八ヶ岳山麓の暮らし

標高およそ1,200mの八ヶ岳山麓で、見たり聞いたり経験したことを気ままに書いています。

キノコのメカニズム

2016-10-07 06:49:23 | 日記
 私の住むここ八ヶ岳山麓では、多種多様のキノコを採ることができる。そのキノコ採りは、朝の最低気温が連日10℃以下になる例年10月を目安にしている。この時期、キノコ採りが楽しみになっている妻は、日に何度か出かけては何がしかの収穫をして来る。私もシーズンには数回、妻が新しく見つけた場所に付き合って出かけているが、そのキノコについて何も知っていないことに気付き、興味に駆られて調べてみた。

 生物には植物界、動物界に加えて、新たに菌界も加わるようになったとのこと。キノコもカビもその中の真菌類として分類され、微細な糸のような細胞が連なってできている菌糸という栄養増殖器官がある。その菌糸の栄養源には、植物の毛細根、倒木、枯木、切り株、埋もれ木、落葉、動物や昆虫の死体や排泄物などがある。

 栄養源の体内に縦横に入り込んだ菌糸は、種々の酵素を分泌して組織を溶解し、栄養分を吸収して増殖していく。増殖した菌糸は、地中や栄養源の体内で塊り(菌核)や菌糸集合体からなる菌糸層を作って存在している。栄養源を食べ尽くしたり、次なる成長のため十分な栄養が蓄えられたとき、そこから糸や紐や針金状の菌糸束を発達させ、地上に胞子を放出するための造胞器官・子実体(しじつたい)を出現させる。この子実体がいわゆるキノコと呼ばれるものである。

 この子孫を残すための造胞器官は、僅かな菌糸の増殖で作るカビに対して、キノコでは沢山の菌糸を増殖させて作る大型のものである。傘の下や頭部から放出された胞子は、風や雨や虫によって運ばれたり、あるいは虫や動物に食べられ糞となって排出される。この胞子が増殖に適した栄養源に出合ったとき、発芽して菌糸となる。

 木の毛細根の場合、菌糸が根を包み込んだ菌根という形で存在して、根と共生関係を作る。この菌根から出される酵素で、地中の有害な細菌が除かれるので、根は菌糸の増殖に合わせて成長していけることになる。菌根から作られるキノコには、マツタケ、ホンシメジ、ハナイグチ、アミタケ、マイタケ、ハツタケ、オオツガタケ、ショウゲンジ、シメジ類などがある。

 一方木を栄養源とする菌に、木材腐朽菌がある。これにはリグニンを分解する白色腐朽菌と、セルロースを分解する褐色腐朽菌がある。侵入形態別には、根から侵入して根や幹の根元を腐らせる菌と、幹を腐らせる菌とに分けられる。木材腐朽菌から作られるキノコは、ナラタケ、クリタケ、ムキタケ、ヒラタケ、ナメコ、サルノコシカケ類などである。また地中深くの埋もれ木からは、ハタケシメジが得られる。

 キノコを作り出した菌糸層や菌核は衰えて死滅するが、外側の部分は新たな栄養源を求めて同心円状に前進し、やがて蓄えた養分からキノコを発生させる。木材腐朽菌で作られるキノコのうち、木の幹に出現するマンネンタケやサルノコシカケの類は、キノコの外周部に新たなキノコを作り足していく。どちらも年輪のように増えていくことから、菌輪と呼ばれる。真菌類は、選んだ栄養源によってそれぞれに異なったキノコを作り出すことになる。また毎年ほぼ同じ時期には、その近辺に同じキノコが生えるので、自分だけの採集場所を見回ることによって何年も続けて収穫が出来ることになる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田舎のモーツァルト | トップ | モミジするメカニズム »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大木をぶっ倒すキノコ菌?1 (伊豆のクンちゃん)
2016-10-12 10:39:58
おはようございます。

先だって、テレビを眺めてますと、名古屋でかなりの大木が突然倒れる例が続発、行政が困っているという番組がありました。カラマツさま記事の「木材木材腐朽菌」の仕業ということでした。

この菌は長い時間かけて樹木の中心部を食いつくすということですが、表面の皮周辺はそのままの外観で薄く残り、樹勢も一見元気そうなので、突然倒れて大変危険だそうです。しかし、市管理の樹木は何万本もあるうえ、都市部ゆえ伐採費用も大きな木はおよそ1本30万円ということで、手がつけられず、困った、ということでした。

キノコが生えて、これはやばい、となった段階では、既に内部侵食はそうとう進み、手遅れだそうで、名古屋市以外でも当然同じ状況のようです。困った!
樹木の生命力 (カラマツ)
2016-10-12 15:33:11
 コメントありがとうございます。
木材腐朽菌の恩恵で得られるキノコもあります。

 キノコを採取した木を見てみると倒木は勿論ですが、
立木の場合は、樹勢の衰えた場合によく見られます。
今年は長雨による日照不足で樹木の抵抗力が減ってしまったのではないかと思われます。

 異常気象は、ある種のキノコにとって繁殖のチャンスなのでしょうね。
はじめまして (すうちゃん)
2016-10-13 11:45:12
こんにちわ
読者登録有難うございました
画像遊びに訪問して頂き嬉しいです
時々遊びに来てくださいね
私も登録しました
よろしくお願い致します
ご丁寧にありがとうございます (カラマツ)
2016-10-13 16:25:15
 未知の世界を知ったり、学んだり、共鳴できる考えなど、ブログが視野や世界を広げてくれます。
  
こちらこそよろしくお願い致します。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事