オトシンクルスアフィニスだけどケリーブログ

オトシンクルスアフィニスだけどケリーブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ごっちんだけどしょこたん

2017-09-22 07:39:20 | 日記
FX投資をやってみるときに知っておきたいのがFXのチャートの読み方です。FXチャートとは、為替相場の動向をグラフで表したものです。
数値だけでは理解しにくいですが、グラフで表すとわかりやすくなります。FXチャートをおろそかにすると簡単に利益をあげることはできないので、見るのに慣れておいてください。


年間20万円超の利益をFX投資によって出すことができたなら、確定申告を確実に行うようにするべきです。


実際に確定申告を行うにあたって、FX投資に使った、例えば資料代なども含め諸々の経費は利益分からはマイナスしておけることになっています。



それから、利益を上げられなかった場合であっても、手間を惜しまず確定申告を行っておくと、出した損を3年間繰り越せる、繰り越し控除のルールがありますので、この先FXで利益を出していく予定なら、確定申告はしておかなければなりません。

FX投資を始めてみようと思った際に知っておきたいのがFXチャートをどう分析するかです。

FXチャートというのは、為替相場の動きをグラフとしてまとめたものです。
数字だけでは変動を読むことは容易ではありませんが、グラフとして表すことで明瞭になります。



FXチャートを用いない場合利益を生むことはなかなか難しいので、見方を分かるようにしておいてください。

比較的気軽に始めやすいFX投資ですが、まずたくさんあるFX業者を注意深く比べて、投資したい金額や自分の投資法に合っている業者をじっくり選びましょう。

どの業者を選ぶかは利益の大小に関わってきます。

なので、簡単に考えない方がいいです。FX業者は手数料が無料なのが普通になってきましたので、無料であることを確認しスプレッドが低く、少額投資が可能になる最低取引単位が小さい業者が使いやすいかもしれません。

それから頻繁に使うため、意外と重要視したい取引ツールも業者ごとに違ってきますので口コミの評判を読んだりデモ取引をしたりいろいろ試してみるのがいいようです。



FXで勝つためには暴落の可能性もきちんと考慮することが重要です。


暴落の可能性が少ない状況でも一応はリスクがあるということも頭においてトレードをしてください。FXに絶対という言葉は通用しないのでリスクがあるということも考えるようにします。例えば、ドルの場合は利益にはつながりにくいですが、その代わり、リスクの割合も低いです。


さまざまな投資がありますが、そのひとつにFXがあり、FXで取引を行う上で強制ロスカットという必ず知っておかなければならないシステムがあります。

決済できずに含み損を抱えているポジションがあった場合、その割合があらかじめ定められているレベル以上になると自分の意思に関係なく強制的に決済が行われるという仕組みです。



一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行われる前には注意を促すマージンコールがかかり、知らせてくれるので証拠金を追加で入金すれば強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。


強制ロスカットの基準になる証拠金維持率というのはFX業者が違えば証拠金維持率も異なるので気をつけてください。いまや手放すことのできないスマホやタブレットを便利に使ってFX投資を行なう人が増え、それに伴いFX用アプリをリリースする業者も同様に増加中です。

そういった業者の中には、自社アプリを利用して取引を始めることを前提に、いくらかのキャッシュバックがあるなどの恩恵つきキャンペーンを打っている所も珍しくなくなってきました。


ネット上の評判を探してみたり、また実際に自分で試してみるなどしていろいろ突き合わせて検討し、自分に合うアプリを選択してみましょう。
FX投資で儲かった利益には税金がどれほどかかるのでしょうか?FX投資によって稼いだ利益は税制上、「雑所得」になります。
一年間の雑所得の合計が20万円以下である場合は、課税対象ではありません。ただし、雑所得の合計が20万円を超える場合には、確定申告が必要があります。



税金を払わないと脱税となりますので、ご用心ください。投資の中でもFX投資をしているのならば、経済指標の発表日程はとても大切ですから、忘れずに確認したほうがよいでしょう。何かしらの経済指標の発表が行われたら、相場が意思を持つかのように大きな動きをすることがありますから、慌てずに対応できる心構えを持ちましょう。FXで使えるアプリは沢山ありますが、中には経済指標の発表前に忘れないように教えてくれるものもありますし、FX業者によりアラートメールが送信されるところもあるので、一つの方法です。
FX投資はゲームやギャンブルとは違ってただ勘に頼ると継続的に利益を上げるのは難しいので、基本のチャート分析スキルは必須となります。使いやすくて見やすいチャートソフト、また近頃ではチャートアプリもたくさんありますし、しっくりくるものを少し探してみて、売り買いを行うチャンスを見極めるのがよいでしょう。

それに、チャートの動きをどう受け止めればよいかについては、テクニカルなものについてもいろいろと、概要をつかんでおくことは決して無駄にはなりません。FX投資での資金の減少が続くと、その資金の減少分を元に戻すためにたくさんのお金を使ってしまう人もたくさんいます。



そうすると、大きな負債を背負う可能性があるので、FX講座には使う予定のない資金を入金しておかないようにしましょう。


これは口座に貯蓄している資金も入金してしまうと、まだ資金が尽きていないと錯覚して余分な資金を投資してしまう可能性があるからです。主婦でありながら、FX投資で大金を得た人もいますが、逆に大きな損失を出し、家庭を崩壊させてしまう主婦も少なくありません。レバレッジが使えるFX投資では、利益として大きなものが得られますが、反対に失うものも大きくなってしまうのです。

夫に隠してFX投資をしたり、必要なお金までつぎ込まないように心してください。

レバレッジを低めに設定して、投資をする際には、慎重さを持つことをお勧めします。


近年では、FX業者は数多く存在しますから、そのうちのどの業者で口座を開くのかを丁寧に吟味してください。


口座を設けるのは想像よりも厄介なことはありませんが、必要以上に口座を設けると口座の運営に必要以上に心を砕くことになります。
新しく口座を作るとキャッシュバックなどといったキャンペーンに惑わされないで、それぞれのスタイルに合ったFX業者を選び出しましょう。
ひとつの方法として、FX投資の手法の中にはその中でもサヤ取りという手段があります。


サヤ取りというのは、関連性のある二つの通貨ペアの値段が開いたタイミングを狙って、片方を売却し、片方を購入することで売り上げを出すというものです。スワップ金利を利用してサヤ取りをする投資家も存在しますが要領が分からないうちはどちらもなかなか利益はでないと思われます。

とにもかくにも、システムとオーダーの出し方を知っておいてください。

ここ最近よく見られますが、タブレットでFX投資をしている人が多くなってきました。



自宅に戻ってノートやデスクトップの電源を入れチャートを見たりするより便利で、いつでもどこでも画面を見て取引を行えるのが一番大きな強みです。

スマホで使えるチャートアプリなどもかなりよいものが出てきていますので、FXは始めたばかり、という人でもすぐ取引を行えるようになります。

この先はもっとスマートフォンやタブレット端末を使って自在にFXをする人は増えていくことでしょう。

FXで損失をしないようにするためには、暴落の危険をしっかりと考えることが大事なのです。

暴落する気配もないようなときでも一応はその危険を考えに入れたトレードをすることです。

FXに100%絶対ということはありませんので、万が一の場合も考慮しておくことです。例えば、ドルの場合は利益を出すことが難しいですが、その代わり危険性も少ないのです。FX投資で得られる利益には税金を払わなければいけないのでしょうか?FX投資による儲けは税制上、「雑所得」扱いとなります。一年間の雑所得が合計20万円以下の場合には、課税の対象にはなりません。しかし、合計の雑所得が20万円より多い場合には、確定申告の必要があります。

税金を払わないということは脱税になりますので、気に留めておいてください。
FXが初めての人は知識も経験もないので、勝たないことが多々です。FXが初めての人が負けないためには、損切りの点を設定するというのがとても大切です。さらに、1回のやりとりではなく、全体で勝っているか負けているかを判断するようにしましょう。

9回の取引で勝ちが出ても1回のビッグな損失でプラスではなくなってしまうこともあります。首尾よくFX投資で利益を得ることができましたらもちろんそれは課税対象なので、「知らずに脱税してしまった」などということのないよう気を付けるべきでしょう。大きな利益を狙いやすいFX投資で利益を上げ、そのことを申告しないでいたために、税務調査が入ってしまい税金を追加で支払うことになった人も存在するのです。

具体的には20万円より多い利益を出せることができた時には、絶対に確定申告を行っておくべきです。

FX投資をする上で、取引する為の資金の限度を見定めるというのも手抜かりするべきではありません。所有通貨の量を事前に決定し、それより大きな銀行残高は持たないようにしておくべきです。こうしておくことで、投資が当たっても勝利の証は少なくなりますが、負けた場合の次の投資もしやすくなります。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 昭(あきら)だけど彦 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事