ペアルックしてみたい

ちょっと恥ずかしいけど、恋人が出来たらペアルックでお散歩したいな。

結婚する。それはどんな環境でも愛おしむことのできる相手と共に人生を歩むことである

2017-03-20 11:23:17 | 日記
子供の教育に対してもいろいろな意見があるでしょう。注意の仕方でもパートナーが文句を言ってくる時が頻繁にあると思います。正解なんて存在しない上、あなたも配偶者も子供を育てることに対しては何もわかっていないのにも関わらず育ってきたのを模倣して自分の子も育てたがるものです。

どのようにがんばったら結婚観にずれがある人ともいらいらすることなく暮らしていけるのか?同じ家族観のパートナーと結婚することができれば一番よいのでしょうがそれはかなり難易度が高いので自分の今抱いている結婚観を可能な限り妥協しましょう。希望はリアルとでは違っていて当たり前だということを認識する努力が大切なのです。

夫婦となる予定の相手と一緒にどのようなことをして、どんなことをしてもらっている時間に幸福感を感じるかを思い出してみましょう。何の裏もなく彼のことを愛することができているか。か?相手に何かを求めて何かをしてあげるという気持ちではなく、何も返ってこなくても何かしてあげられるかを見直してほしいのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二十歳代と三十歳代での差異... | トップ | 二十歳代と三十歳代での差異... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。