上手くいってもいかなくても

いつも上機嫌でいたいもの

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神様に見て見ぬふりしてもらう

2016-11-07 11:11:23 | 日記
アヒルと鴨のコインロッカーを読んだ。
この本は私のお気に入りの本だ。
今回が3回目になる。

恋人を殺された復讐を企てるブータン人の隣人と、知らないうちにその計画に巻き込まれる大学生。

ペット殺しのいきさつは過激な描写で、読んでいて痛々しいけれど、それが最終的に結末の感情に共感させてくれるポイントかもしれない。

日本人と偽るブータン人のドルジと、巻き込まれた椎名のやりとりはコミカルでテンポがいい。

伊坂幸太郎らしい個性的なキャラクターが目立ち、ひょうひょうとした人たちが背負っている重く切ない思いが余計に感情を揺さぶる。

「神様に見なかったことにしてもらう」といって、自分たちの中の神様をそっとコインロッカーにしまう発想がなんともユニークで印象的だ。

許してはいけない悪と、それでも決行しなくてはいけなかった優しさを認めたい思いがこんな風に描かれるのかと、ただただ圧巻で感動で涙が止まらなかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おしゃべり運転手 | トップ | アサガオ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。