行政書士もりの日記

石川県で行政書士事務所を開業。奔走しながらも日々の業務を通じて、感じたことなどを綴っていきます。

愛読書 その2

2010年05月13日 | 仕事全般


愛読書その2です(笑)

民事法研究会が発行している「実践成年後見」。
その名の通り、成年後見制度に携わっている
者においては実務上のバイブルになると思います。

どの案件も全て実情が違う成年後見制度において、
介護・福祉サービス契約の法的位置づけや、
福祉・医学用語の解説、消費者被害救済の
法律実務など、とても内容が豊富です。

とくに本号は平成20年2月18日、最高裁判決に
よる「後見人の横領行為と親族相盗例」に対する
岡山大学の照山教授による論説が記載されており、
とても参考になりました。

発行は3ヶ月に1回(年4回発行)
値段は1冊2,100円(高いかも・・。)

成年後見制度に携わっている、またはこれから
携わる人にはお勧めの1冊だと思います。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の愛読書

2010年05月07日 | 国際・渉外




最近の愛読書です。

いつも鞄に入れてあり、ちょっとした待ち時間
なんかで読んでます。
今日も県央土木事務所で待っている間に熟読してしまい
名前を呼ばれても気づきませんでした(笑)

発行は財団法人入管協会。

毎月発行で、改正入管法の一部施行等に伴う法務省令の
整備などの法改正や各事例における入国管理局の見解など
タイムリーな情報記事は申請取次行政書士として業務遂行上、大変
助かっています。

そこで今月号の気になった点をふたつ。

今年3月に発表された第四次出入国管理基本計画。
なかでも具体的施策として、

 ①企業で雇用される外国人の在留資格審査に係る
  提出書類の簡素化及び迅速化の一層の徹底

 ②不法滞在者・偽装滞在者に係る情報の収集・分析体制の整備

積極的な外国人の受入れ推進と併せて、依然として相当数存在する
不法滞在者や偽装滞在者問題。

申請取次行政書士として、業務を通じ適正な外国人受入れの
推進に寄与でればと感じさせられた記事でした。

ちなみに、本の値段は632円です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加