春日井サッカー熱中症『春日井クラブNEWS』

東海社会人サッカー2部リーグ『春日井フットボーツクラブ』の活躍をrealtimeにお届けいたします。

明日はどんなカタチでも勝点3を

2017-07-15 14:48:25 | GO!GO!春日井クラブ

7月1発目のリーグ戦(後半戦)

絶好調の名古屋サッカークラブ戦

明日は

中京大学豊田キャンパスグラウンド

11時KO(選手集合は9時20分)

この日3試合の東海社会人サッカーリーグが組まれてますので

チームの控えスペースが中京大学側から指定されています

中京大学のスタッフさんの指示に従ってください

駐車場も混雑が予想されますので遠方の駐車場が指定される場合があります

 

水曜日の練習は雷雨の為中止

金曜日にコンデション調整の練習をおこないました

春日井クラブはここ数年前半戦の成績が悪い

リーグ戦の中で調整、連携不足が徐々に良くなってくる事も大きいのですが

相手に合わせる戦術が出来ていないのも正直あります


戦力が拮抗している場合は特に感じます

春日井クラブって言うのは結構選手に任せるチームの傾向があります

ハーフタイムに前半の修正を行い対応するのですが

相手も修正してくるのは当然で

また修正を試みる時点では既にガス欠と言う事も目立ちます

 

相手があるゲームではやり相手のクセを早く見抜いて対応する事が必要です

数年後半戦もりかえすのは2回目のマッチアップである事があります

経験豊富な安藤監督はここの対応が優れているのは確かです

1部の上位チームは先のりのスタッフがビデオ撮影を用いて

対戦相手の研究もしています


相手のストロングポントを消し自分たちのペースでゲームを握るか・・

どこまで役に立つか分りませんが

名古屋サッカークラブの8試合を公式記録と実際に見たデーターを

纏めてみました

 

名古屋サッカークラブはメンバーが殆ど固定され

戦術もシンプルに整理した事で選手一人一人の役割が明確になり

選手に迷いがないんじゃないかと思います

一方春日井はメンバーがなかなか固定できなく役割も明確でないのは

春日井と名古屋の差でもあると思います

 

名古屋サッカークラブの構成は(登録上)

DF3、MF4、FW3は8試合変わっていません

前線の3枚(ここ数試合)4石原選手、11征矢選手、7遠藤選手のスピードと関係性は脅威です

ようはこの3枚を孤立させる事⇒ボールの供給源を絶つ事が

市役所戦、矢崎バレンテ戦ではやはりプレッシャーがきつく

名古屋サッカークラブのやりたいサッカーが出来なかったと・・


さらにデーターをみると

名古屋サッカークラブのDF身長平均が172 先発の身長平均が172

春日井の先発平均が176

180以上が3阿南、6加藤(巨)、12廣瀬、13竹之内、16加藤(駿)、17礒本、25小川、

32北川、34濱野と9人


この差も明日のゲームのポイントになるかもしれません

春日井のやりたいパスできれいに崩すのも必要ですが

勝つサッカーをチョイスして勝点3を持ちかえりたいと思います。

 

 

ジャンル:
サッカー
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 救世主になれ・・・ | トップ | 真夏の中京場所土俵際で名古... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL