春日井サッカー熱中症『春日井クラブNEWS』

東海社会人サッカー2部リーグ『春日井フットボーツクラブ』の活躍をrealtimeにお届けいたします。

TSL-D2第2節 豊田自動織機サッカー部戦

2017-05-14 23:06:29 | GO!GO!春日井クラブ

初戦を黒星スタート同士のチームの対戦

上位に喰らいついていくには勝点3が欲しい一戦

この日の先発は

GK         30緒方

DF  4深谷  17礒本  3阿南  24佐々木

MF     5福井(一)  26正治

    8平山          21福井(悠)

FW     9柴田    10深澤

Reserve:1金、11渡辺、13竹之内、15横手、18末吉、19山口、31佐野

春日井的には前半の前半は織機のプレスに耐え慣れて来た頃に

一気に畳み掛ける作戦

特に俊足FW9柴田には期待

均衡が破れたのは

21分:福井(悠)から絶妙のスルーパスを9柴田が綺麗に決めてくれて1-0

柴田がブレイクの予感

26分:織機のFKを織機10が巧くさばき9のゴールで同点1-1

36分:春日井DFに当たったボールが織機10にこぼれそのままゴールされる1-2

40分:織機がここぞと畳み掛ける10のゴールで1-3

あれよあれよと1-3でハーフタイム

修正点は色々あるがDFラインとボランチの関係が

いまいちでそこを巧く織機に突かれた感じでした

HTで9柴田OUT 18末吉を入れ中盤での競り合いに活路を見出したい

さらに8平山をTOPへ

次の1点が勝敗を決めると思われる

58分:前節に続きPKを献上 

緒方は反応してはいたが僅かに届かず10のハットトリック1-4

78分:運動量の落ちた26正治OUT 運動量とサッカー脳を期待して15横手IN

81分:織機9のロングボールがそのままゴールイン1-5の大差がついてしまった

82分:足を痛めた8平山OUT 東海デビュー31佐野IN

佐野もブランクがあり体が重い感じですがセンスで補いいいところでパスカットをし

チャンスを作りだす

85分:春日井CKから最後は3阿南が意地の得点で2-5

その後も頑張ったが初戦に続き黒星となってしまいました。

決して一方的な試合ではなかったしチャンスを決めていれば立場は違っていたかもしれません

シュート数は春日井14-17織機

なにがと言うとゴール前での思いっきりかな・・

春日井はボールを回して人数を掛け数的優位を作りたがりさらにゴール前では

確実さを選択しすぎてチャンスを逸しる場面が多くあり

さらにまだパスの精度が(ミス)悪くいいトコロでボールを失う


一方織機さんはなるべく手数をかけずシンプルにゴールに向かって

隙があればシュートをチョイス

試合後織機さんの方を話ましたが『打たなければ始まらない』

まさにそうです

正直今日の敗戦は色々考えさせられる一戦でした。

これからは現実路線に修正し1戦1戦を大事に戦い

残留に舵を切らないと手遅れになる危機感を覚えました

良いサッカーをしても勝点が全てのリーグ戦

練習も嘘は言いません

選手全体で問題を共有して次に準備しましょう

 

 

ジャンル:
サッカー
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日はTSL-2 第2節豊田自動... | トップ | 矢崎バレンテFC戦に向けて »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL