カン・ドンウォンに会いたい

カン・ドンウォンに会えたら想い残すことは無いと思っていました。
でも、違った…また、会いたい…

2005年以後主演俳優17人の興行成績、カン・ドンウォンは?

2012-01-31 18:27:48 | その他

ここ数年の韓国映画の興行成績

 

キム・ユンソク氏、ソン・ガンホ氏につづいて第三位にカン・ドンウォン氏!!

 

ドンくんとジウォンちゃんが期待の星ですね~~ 

 

 

それより、気になったのは・・・

 

 

「今年夏軍服務を終わる彼の次期作・・・」のところ!! 

 

えええ~~~!今年夏軍服務を終わる~~~~~!! 

 

11月と思っていたのが夏ならどんなに嬉しいか! 

 

 

 

「わははは~~~!ドンウォン3位かぁ~」

 

「3位、3位・・・」

 

「くっ・・・なぜ」

 

 


2005年以後主演俳優17人の興行成績を調べてみると

2012,1.31 翻訳サイト使用

http://news.donga.com/3/all/20120131/43666551/1

さまようトップスター…ストーリーが興行エンジン

“もうスターは興行の必要条件として充分な条件ではない。”

最近ある映画製作社代表はこうした話を投げた。 昨年韓国映画界主要な流れの一つに‘観客の好みの変化’または‘作品選択基準の変化’が挙げられる。 以前、観客はトップスターが出る映画をまず探したが今はソーシャルネットワークサービス(SNS)等で評判の良い映画を先に選択する。 昨年トップスターなしで興行に成功した‘サニー’ ‘ルツボ’ ‘最終兵器弓’等がそうだ。 映画チェーンCGVの戦略メディアマーケティングチーム キム・テヒ代理は“ストーリーがしっかりしていて映画的完成度が高い映画が以前より高い点数を受けた結果”と話した。

2005年カン・ウソク監督はソン・ガンホとチェ・ミンシクの実名を挙げ、俳優たちのギャランティーが過度な製作費負担として作用すると指摘したことがある。 以後も国内市場規模に比べてトップスターの出演料が行き過ぎるという指摘が続いた。 反面昨年はシナリオ作家チェコ・ウン氏の死亡事件を契機にスタッフの劣悪な待遇問題が表面化された。

俳優は4億~6億ウォン、女俳優は2億~4億ウォンを受けるトップスターたちの出演料はバブルではないだろうか。 全国観客統計がなされた2005年から昨年までトップスター17人が主演または比重ある助演で出演した映画の観客数を分析して俳優別興行成績を調べてみた。

○ハ・ジョンウ、ファン・ジョンミン‘多作の中の貧困’

最近、忠武路(チュンムロ)・映画界で最も熱い俳優のハ・ジョンウ、ファン・ジョンミンの場合、出演作は多いが興行成績は残念だった。 13編に出演したハ・ジョンウは一編あたり165万人を集めるだけに終わって17人中13位であった。 ファン・ジョンミンも12編に出演したが平均成績159万人で14位に留まった。
ハ・ジョンウの場合、300万人以上の興行を記録した映画は‘国家代表’(2009年・848万人)と‘追撃者’(2008年・500万人) の2編だった。 休むことない作品活動で‘労働者型俳優’という話を聞く彼が最高俳優になるためには興行成績をより高めなければならないという指摘が出る。

ファン・ジョンミンは‘君は私の運命’(2005年・305万人)だけ300万人を越えた。 ‘モビディック’(2011年・43万人),‘五感も’(2009年・44万人),‘スーパーマンだった男’(2008年・55万人)等は100万人を越えることができず惨敗した。 彼はある授賞式で“スタッフが整えた食卓をおいしく食べただけ”と受賞所感を明らかにしたが主演俳優なら興行に無関心ではいられない。

韓流スターで最高出演料を誇る俳優のひとり、クォン・サンウは平均成績145万人で16位に留まった。 6編に出演した彼は‘放火の中に’(2010年・338万人)の外立派な興行作がない。 ‘宿命’(2008年・85万人),‘悲しみよりさらに悲しい話’(2009年・72万人),‘痛み’(2011年・70万人)等が成績を落とした。

チャン・ドンゴンも平均201万人で10位に終わった。 彼は昨年封切りして興行に惨敗した‘マイウェイ’(214万人)の出演料で6億ウォン程を受けたと分かった。 TVドラマで‘演技の王様’と呼ばれるキム・ミョンミンも映画の平均観客205万人で9位に終わって限界を見せた。

○キム・ユンソク、ソン・ガンホ‘優良企業型’

40代のキム・ユンソクとソン・ガンホは平均成績426万,399万人で各々1,2位を記録して若い俳優らを抜いた。 彼らは出演作(キム・ユンソク7編、ソン・ガンホ8編)と多くて平均興行成績も優れた。 キム・ユンソクは‘いかさま師’(2006年・684万人),‘チョンウチ’(2009年・613万人),‘追撃者’(2008年・507万人)等出演作ごとに大ヒットした。 彼は531万人を集めて昨年韓国映画興行順位3位に上がった‘ワンドゥクイ’の出演料で最高の6億5000万ウォンと興行にともなう成果給を受け取った。

ソン・ガンホも‘怪物’(2006年・1301万人),‘良い奴、悪い奴、変な奴’(2008年・668万人),‘義兄弟’(2010年・550万人)等大ヒット作が多かった。 ただし昨年には新世代スターシン・セギョンと共演して話題になった‘青い塩’が77万人に終わった。

31才で男性トップスター中最も若いカン・ドンウォンは平均成績309万人で3位に上がってチケットパワーを立証した。 今年夏軍服務を終わる彼の次期作に視線が集まる理由だ。 2010年‘解決者’以後封切映画がないソル・キョングは平均観客303万人で5位、ヒューマンコメディの達人チャ・テヒョンは223万人で6位に上がった。

○女優たちは‘低費用低効率’

20~30代の女性が観客の主流である現実から‘女優はチケットパワーがない’という主張が今回も立証された。 ロマンチック コメディのヘロイン ソン・イェジンは175万人で11位、キム・ハヌルは170万人で12位に終わった。 ‘カンヌの女王’チョン・ドヨンは158万人で15位、イ・ナヨンは113万人で17位であった。 男優らに比べて相対的に出演料が少なく、興行力も不足した計算だ。 ハ・ジウォンは平均観客304万人で4位を記録して女優中唯一上位圏に上がった。 ‘海雲台(ヘウンデ)’(2009年・1145万人),‘1番街の奇跡’(2007年・275万人),‘7鉱区’(2011年・224万人)等が彼女の興行パワーを立証した作品だ。


 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

チョンウチ...もしかしてホラー映画?

2012-01-30 18:24:53 | チョンウチ

寒~~~~~~~い!  

 

 

ここ1週間、2週間?関東地方は大変な寒さです

寒さに慣れていないので

なんだ~!この寒さは!!

 

・・・と大騒ぎ 

 

 

温まるために何をしよう?

 

 

 

手編みのセーターを着る?

 

暖かいコーヒーを飲む?

 

寝てしまう? 

 

それとも、南の島に行く?

 

 ドンくんのことを考えると心はぽかぽかです~~  

 

 

去年から編んでいたセーターがやっと仕上がり 

次のかわいいセーターに取りかかっています

 

小3のかわいい韓トモが言いました 

 

「にんにんにお願いがあるんだけど・・・」

「何?できることならいいよ~」

 

「アタシのセーター編んでくれない?」 

 

 

がんばってみます 

 

 

 


 <過去記事>

妖怪が屋根に乗って...もしかしてホラー映画?

2009.12.21 翻訳サイト使用

http://www.movieweek.co.kr/article/article.html?aid=22048&contcode=020301


1大妖怪たちと接戦

大妖怪たちとの戦いが屋根に乗って路地につづく。 ワイヤーを利用して瓦屋根の上で重心をとらえるのも大変なのにCG処理する妖怪の動線と息も合わなければならないからNGがたくさん出た。 カン・ドンウォンがあのように直角に立つために何度も落ちるなど苦労を多くした。 とても多くのワイヤーが使われテークを二十七度撮った。 カン・ドンウォンのアクションは全般的に柔軟で派手だ。 彼のからだ自体が自然に派手だ。

2映画撮影地チョンウチとファダムの対決

チョンウチが虚勢を張りながら道術を使うのに反してうわてのファダムは節制して動く。 身軽だが強い感じが出なければならない。 扇を広げる時も威厳があるように見えるように動作演出を細心にした。 高層ビルから飛び降りるワイヤーシーンを撮影する時は心臓が止まるかと思った。 ワイヤーがきちんと縛られているのかずっと心配した。 カン・ドンウォンとキム・ユンソク先輩が頭からさかさまに飛び降りるのは本当に恐怖だっただろう。 あれ程の高さに上がれば恐ろしくて足がとても離れない。 見るにはファンタジー映画だが見守る私にはずっとホラー映画であった。

3分身術道術を働かせるチョンウチ

お守りを得たチョンウチが分身の術を始める。 分身術だがフルショットをとる時はすべて違った人々だ。 カン・ドンウォンの身長に合わせて新人俳優から十人を選んだ。 彼らと1ヶ月程練習したがとてもとるのが難しかった。 ワイヤーで飛び降りるのが恐ろしかっただろう。 顔が映る場面は全部カン・ドンウォンがした。

4飲み屋でチョンウチとファダムの部下との戦い

チョンウチのキャラクターが赤裸々にあらわれる場面でキャラクターを生かした茶目っ気の多いアクションで構成されている。 虚勢を張るが可愛い感じだ。 カン・ドンウォンはからだが柔軟で動きが葦のように柔らかい。 とてもセクシーでワイヤーピューが非常に美しい。

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

いつまでも愛される‘ファン映画’には特別なのものがある

2012-01-29 18:55:46 | デュエリスト

 『デュエリスト』だけではなくドンくん映画はいつまでも愛し続けます~ 

ドンくん映画は何度見ても飽きないです

 

それにしても、俳優さんではなくひとつの映画のファンカフェがあるんですね! 

さすが韓国!

 

 

何年かぶりに『猟奇的な彼女』を見たら

面白かった~~~  

 

すっかり忘れているものですね

前に見たときより深くじっくり観れたかも・・・

 

 

そして、映画づいて午後から映画館へ

『麒麟の翼』を観てきました 

なかなか重厚なメッセージの込められた映画です

安部 寛サンはまりです

 

でも、ちょっと『トリック』の時のようなギャグ欲しいかも~~ 

 

 


いつまでも愛される‘ファン映画’には特別なのものがある

2011.12.12 翻訳サイト使用

http://www.movieweek.co.kr/article/article.html?aid=28048

 

◆ファン映画秘法探求

虎は死んで皮を残し人は死んで名前を残すといった。 それでは映画は? ある映画は封切り後すぐに消えて、ある映画はファンたちの胸の中に長く残って永遠に記憶される。 その差はどこからくるのか? ここに封切りして何年が過ぎても相変らず熱血ファン(パン)の愛を受ける特別な映画四編を集めた。 各映画の熱心なファンにその映画を愛する理由を直接尋ねた。

◇刑事Duelist 2005 |監督イ・ミョンセ|出演ハ・ジウォン、カン・ドンウォン

公式ファン(パン)カフェ‘刑事中毒’(cafe.daum.net/Duelist)は初めは映画製作スタッフが映画を広報するために作ったが、2005年9月映画が封切りして会員が増えるとすぐにファンたちに運営権を渡して今まで続いている。 12月7日現在7,889人が会員で活動中だ。 毎年封切り記念上映会に訪ねてくる骨髄会員は50~60人ぐらいなる。

 


は人気TVドラマ(MBC,2003)とともにパン・ハッキの漫画を原作にして、(1999)を大きく興行させたイ・ミョンセ監督とハ・ジウォン、カン・ドンウォンという青春スターが出会ったという点で封切り前から大きい期待を集めた。 しかし2005年封切り当時全国93万 8,176人を動員して期待に沿えない興行成績をおさめた。 良い映画が注目されなかったという遺憾がファンたちをさらにみな固く団結させた。 刑事中毒の運営者キム・キスク氏が封切り当時を回想する。

“劇場で映画を見てとても良くてまた見ようとしたところ上映する劇場がなかった。 その年釜山(プサン)国際映画祭で上映するので調べて刑事中毒を知ることになった。”釜山(プサン)国際映画祭上映の後その年11月、ソウルのメガボックス コエックス1館を借りて最初の上映会を開いた。 “マスコミ試写を除いてメガボックス コエックス1館で上映したことがないので、わざわざそちらを戴冠した。 痛ましい心に何でしてあげたい心情だっただろうか。”(笑い)

刑事中毒会員たちがに中毒した理由は見る時ごとに新しい感じを与えるためだ。 キム・キスク氏の説明を聞いてみよう。 “イ・ミョンセ監督特有の感覚的な映像があふれるが、言葉を一つ一つみな解かないで制限するから映画が終わっても場面場面が目の前に浮かんで映画が終わったようでなかった。 それで映画が封切りした時は映画を見てから会って会員たちどうし場面一つ一つについて話をたくさんした。”

刑事中毒会員の中には映画や映像に対して専門的な識見を持った人々が多い。 で悲しい目(カン・ドンウォン)が剣舞を舞う場面、ナムスン(ハ・ジウォン)と悲しい目が最後の決闘を行う場面の映像美は皆好むがイ・ミョンセ監督の他の作品に対しては会員たちの間で意見が入り乱れている。 特に(2007)に対しては好き嫌いが克明に分かれる。 キム・キスク氏が最後にこのように自問する。 “このように多様な好みを持った会員たちを同時に満足させるほどの映画にまた会えるだろうか?”

 

◇バンジージャンプする|2001 |監督キム・デスン|出演イ・ビョンホン、イ・ウンジュ

◇王の男2005 |監督イ・ジュンイク|出演カム・ウソン、イ・ジュンギ

◇後悔しない2006 |監督イ・ソンヒ|出演キム・ナムギル、イ・ヨンフン

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

韓国アクション映画興行TOP10 、チョンウチは?

2012-01-28 19:18:20 | チョンウチ

ドンくん表紙のアジポップ 

久しぶりのドンくん掲載雑誌です

 

家に帰ってコートを脱ぐのももどかしく中を見ると 

 

これだけ??? 

期待が大きすぎてちょっとガックリ

 

こんなものですね 

 

本人不在で表紙になることだけでも奇跡ですから~~

アジポップさんありがとー 

 

 

 

本を買う時に人気ランキングを参考にしたりします 

映画を観るときに韓国映画の興行トップ10も参考になるかも・・・ 

 

近所の○UTAYA さんで映画DVDを探していたら

韓流映画のコーナーが無い!!

 

店員さんに聞いてみると

韓流映画は洋画コーナーに移りましたとのこと

確かに韓ドラDVD増えましたよね 

 

 


韓国アクション映画興行TOP10 ‘1位は?’

2011.12.19 翻訳サイト使用

http://www.movieweek.co.kr/article/article.html?aid=28103

 

熱い大韓民国観客はアクション ジャンルを好む。 そのような風土の中で韓国アクション映画は多様な姿に進化してきた。 過去10年間に爆発するエネルギーで観客たちを熱狂させたアクション映画十編を選んだ。(映画振興委員会統合コンピュータ・ネットワーク ソウル観客数基準)

 

 

1.[チング] 267万 8,846人2001 |監督クァク・キョンテク|出演チャン・ドンゴン、ユ・オソン(邦題:友へチング)

クァク・キョンテク監督が見せる男たちのノスタルジー. 4名の友人が時間の経過とともに経験する友情と葛藤、義理と裏切りに関する話が細かく描かれている。 特に釜山(プサン)組織暴力団の殺伐とした風景をリアルに描き出した。 “ありがとよ。たらふく食ったじゃねぇか≒思う存分刺しただろ”という韓国映画界に久しく残る名セリフ.

2.[良い奴悪い奴変な奴] 201万 1,259人2008 |監督キム・ジウン|出演ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ウソン(邦題:グッド・バッド・ウィアード)

3.[アジョシ] 186万 7,852人2010 |監督里程犯|出演ウォンビン、キム間では

4.[チョンウチ] 167万 5,252人2009 |監督チェ・ドンフン|出演カン・ドンウォン、イム・スジョン、キム・ユンソク(邦題:チョンウチ時空道士)

2009年ソウルの真ん中に導師が現れて妖怪狩りに出る? 等犯罪映画で頭角を見せたチェ・ドンフン監督がアクションに挑戦した。 それも想像を超越する奇抜な導師アクションを! チョンウチと妖怪の対決を派手なCGで描いて注目をあびた。

5.[追撃者] 166万 2,668人2008 |監督ナ・ホンジン|出演キム・ユンソク、ハ・ジョンウ(邦題:チェイサー)

 


6.[花嫁はギャングスター] 141万 9,972人2001 |監督チョ・ジンギュ|出演シン・ウンギョン、パク・サンミョン、アン・ジェモ

韓国映画の女性キャラクターに一大波乱を起こした映画. ‘お兄さんと呼ばれる女’ウンジンは組織暴力団の生活と平凡な妻の二重生活をする過程をコミカルで迫力あふれるように描き出した。 俳優シン・ウンギョンのからだを燃やすアクションで話題を集めた。

7.[カンチョルジュン:公共の敵1-1] 129万 8,197人2008 |監督カン・ウソク|出演ソル・キョング、チョン・ジェヨン

今は‘バカ刑事’の代名詞になったカンチョルジュンが馬鹿力と負けん気で事件を解決する過程を描いたアクション映画. カンチョルジュンの無鉄砲なアクションはハリウッドCGアクションのなめらかさはないが、全身で表現したそのままのアクションに観客は歓呼した。 執拗に事件に食い下がるカンチョルジュンの根性に拍手を!

8.[台風] 122万 9,971人2005 |監督クァク・キョンテク|出演チャン・ドンゴン、イ・ジョンジェ、イ・ミヨン(邦題:タイフーン)

二人の男の避けられない運命と対決を通じて分断の悲劇的な現実を描き出した。 タイ、ロシアなど海外ロケーションと大型船舶のセットなど圧倒的なビジュアルを通じて韓国アクション映画のスペクトラムを広げた。 悪役を引き受けたチャン・ドンゴンのカリスマと馬鹿正直な軍人イ・ジョンジェの衝突が劇的緊張感を爆発させた。

 


9.[マルチュク青春通り] 102万 3,601人2004 |監督ユハ|出演クォン・サンウ、イ・ジョンジン、ハン・ガイン

1978年維新末期、江南(カンナム)のある高等学校を背景に当時の暴圧的な雰囲気の中で抑えられた青春の自画像をリアルに描いた。 学校の中ですら苛酷な暴力にさらされた男子学生たちのずれた暴力性が力の論理を作って、それが偶像になる風景をユハ監督特有の細かい観察から見た。

10.[神機箭] 89万 1,357人2008 |監督キム・ユジン|出演チョン・ジェヨン、ハン・ウンジョン、ホ・ジュノ

現存する世界最初のロケットの朝鮮の秘密兵器‘神機箭’開発と活躍を描いた史劇. 歴史的事実と虚構が結びついたフィクションの奇抜な遭遇が引き立って見える、神機箭のスペクタクルな火力が快感として伝えられた映画. 朝鮮精鋭部隊と倭軍10万大軍の雄壮な対決を描いた映画のハイライトは断然圧巻だ。

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

韓国メロー、ラブコメ映画興行TOP10 に『私たちの幸せな時間』

2012-01-27 17:43:05 | 私たちの幸せな時間

韓国映画の中で、メロ、ラブコメが商売にならないジャンルだなんて・・・ 

韓国映画を代表するような気がしていましたが

違うんですね 

 

ドンくんのラブコメがますます遠のいてしまう~~~ 

 

 

猟奇的な彼女は断然1位ですね!! 

 

 

韓国の方は

スキャンダル、霜花店とくるあたりHなのがお好き?? 

 

ドンくんはそういう路線はないでしょうねっ!

あったら・・・ 

 

 

私たちの幸せな時間はみんな泣きました 

ドンくんはメロもキライ。。。

見たいけどなぁ。。。

 

つぎはどんな映画を見せてくれるのでしょうか? 

 

 


韓国メロー、ラブコメ映画興行TOP10 ‘1位は?

2011.12.12 翻訳サイト使用

http://www.movieweek.co.kr/article/article.html?aid=28062

 

2000年代初めにはメロー映画とロマンチック コメディの興行作が着実にあったのがいつのまにか昔話になってしまった。 2000年代中盤に入りメロー映画とロマンチック コメディは‘商売ならない’ジャンルに転落した。<パンジャ> と<シラノ>の躍進がメローの光栄を取り戻すことができるだろうか? (映画振興委員会統合コンピュータ・ネットワーク ソウル観客数基準)

 

 

1.[猟奇的な彼女] 173万 5,692人2001 |監督クァク・チェヨン|出演チョン・ジヒョン、チャ・テヒョン

インターネットに連載された奇想天外な恋愛談を原案として、2000年代の若者たちの日常の中に純愛の幻想を若々しく入れて‘症候群’に近い反応を得た。 見た目は清純なことこの上ないが猟奇的なことをする‘彼女’を演技したチョン・ジヒョンはこの映画を通じてアジアのスターに成長した。

2.[同い年の家庭教師] 158万 7,975人2003 |監督キム・ギョン兄|出演キム・ハヌル、クォン・サンウ

3.[スキャンダル-朝鮮男女相悦之詞] 129万 2,951人2003 |監督イ・ジェヨン|出演ペ・ヨンジュン、イ・ミスク、チョン・ドヨン

 


4.[霜花店(サンファジョム)] 116万 538人2008 |監督ユハ|出演チョ・インソン、チュ・ジンモ、ソン・ジヒョ

最高の青春スターチョ・インソンが同性愛メロー映画に出演するという事だけで話題を集めた。 映画に対する評価は交錯したが、観客の期待を上回るセックスシーンを確認するために劇場を探した観客が少なくなかった。 全国観客374万 2,317人が話題のセックスシーンを二つの目で目撃した。

5.[君は私の運命] 106万 3,480人2005 |監督パク・ジンピョ|出演ファン・ジョンミン、チョン・ドヨン(日本題:ユア・マイ・サンシャイン)

6.[私たちの幸せな時間] 98万 772人2006 |監督ソン・ヘソン|出演カン・ドンウォン、イ・ナヨン

コン・ジヨン作家が書いたベストセラー原作小説の人気に力づけられて、じっとしているだけでもうっとりするカン・ドンウォン、イ・ナヨンが主役を演じて期待を集めた。 死刑囚ユンス(カン・ドンウォン)と大学教授ユジョン(イ・ナヨン)がこれという恋心を見せるわけではないが、ユンスの死刑の前で離別しなければならない二人の切ない心に全国観客313万 2,320人が泣いた。

 


7.[春香秘伝] 97万 7,012人2010 |監督キム・テウ|出演キム・ジュヒョク、リュ・スンボム、チョ・ヨジョン(日本題:房子伝)

国民皆が皆知る古代小説を基にパンジャ(キム・ジュヒョク)を主人公に欲望で汚れたパンジャ、春香(チュニャン)(チョ・ヨジョン),モンニョン(リュ・スンボム)の三角関係を赤裸々に描いた。 ‘派手でけばけばしい’といううわさが立ちながら全国観客301万 6,977人を集めた。

8.[シラノ;エージェンシー] 91万 4,121人2010 |監督キム・ヒョンソク|出演オム・テウン、イ・ミンジョン、チェ・ダニエル、パク・シネ

全国観客271万 5,501人を動員して無視されたロマンチック コメディの復活を知らせた作品. 望む人と恋愛することができるように助けるという‘恋愛操作団’の活動を愉快に描写すると同時に過ぎ去った愛のせつなさをかすかに描いて笑いと感性の均衡を合わせた。

9.[私の生涯最も美しい一週間] 90万 2,189人2005 |監督ミン・キュドン|出演オム・ジョンファ、ファン・ジョンミン、イム・チャンジョン、ソ・ヨンヒ、ユン・ジンソ、チョン・ギョンホ

エピソード七個から成り立つオムニバス映画. 老若男女様々な愛を暖かく人間的に描いて全年齢層に愛された。 2005年年末全国観客253万 3,103人がこの映画を見るために劇場を探した。

 


10.[マイリトルブライト] 87万 6,600人2004 |監督キム・ホジュン|出演キム・レウォン、ムン・グニョン

十六才新婦ポウン(ムン・グニョン)と二十四才新郎サンミン(キム・レウォン)の間に咲く息もつけない緊張を可愛く解いた。 ムン・グニョンは欠点なく清らかで純粋な魅力を披露して‘国民妹’に登った。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

‘チョンウチ’、家族みんなの目と耳を楽しくする韓国型SFブロックバスター

2012-01-26 20:27:31 | チョンウチ

カン・ドンウォン祭part2(六本木シネマート)で

上映されていた『チョンウチ』も明日まで 

 

 

すぐにでもカン・ドンウォン祭part3をお願いしたい~~~ 

3月の『超能力者』までちょっと寂しいです~

 

 

アルコールが好きなウチくん

香水まで飲んでいましたね!!

 

 

 

ウチが飲んでしまった?香水~~

 

http://www.osense.co.kr/shopping/product_detail.p?pid=2000000014&src=viral&kw=000007

 


 <過去記事>

‘チョンウチ’、家族全員の目と耳を楽しくする韓国型SFブロックバスター

2009.12.14

http://sports.khan.co.kr/news/sk_index.html?cat=view&art_id=200912142002063&sec_id=540401

 

 

2年の間映画ファンたちの期待を集めてきた話題作'チョンウチ'が14日午後2時ソウル、往十里(ワンシムニ)CGVで開かれた試写会を通じてベールを脱いだ。 140億ウォンを越える製作費がかかった'チョンウチ'とは'犯罪の再構成' 'いかさま師'のチェ・ドンフン監督が演出を引き受けてカン・ドンウォン・キム・ユンソク・イム・スジョン・ユ・ヘジン・ペク・ユンシクなど忠武路(チュンムロ)トップスターが総出動して目を引くSFアクションブロックバスター. 今年の夏1108万観客を動員した'海雲台(ヘウンデ)'の後に続いて忠武路(チュンムロ)のプライドをかけた作品として期待を集めている。 何と4億ドルの製作費が入ったジェームズ、キャメロン監督のハリウッド ブロックバスター'アバター'と全面対決を行う予定なのでより一層関心が集中している。

 

 


この日公開された'チョンウチ'は大作としての威容を遺憾なく表わす。 韓国型ブロックバスターがハリウッドに決して遅れないという事実を確認させる。 大規模製作費を投入しただけ見どころが多い。 視空間を行き来するノンストップ アクションと韓国的なCGの饗宴が見て楽しい。 また、現代に移ってきた原作古典'チョンウチ'のユーモアが始終一貫爆笑をかもし出す。 2時間15分という長いランニングタイムが長く感じられない。

 

 


特にチョンウチ(カン・ドンウォン)のお札を使う道術が観客たちを魅了する。 チョンウチが何人かに分かれる分身術、看板の中に手を差し込んで酒を取り出したり絵や写真に入る空間移動術はハリウッド ブロックバスターとは違った魅力を感じさせる。 幼い時期聞いた昔の話が目の前に映像化される極めて韓国的な情緒のために、より一層愉快に見ることができる。

 


俳優たちの魅力的な演技は称賛を受けて当然だ。 カン・ドンウォンは可愛いながらも男性的な魅力があふれる悪童導師チョンウチのキャラクターを完全に消化する。 チームトップの主人公として不足ないカリスマ性を発揮する。 鶴のように長い手足でアクションを広げる時女性観客たちの口からは'素晴らしい',悪童らしい姿で笑わせる時は'可愛い'という感嘆の声がひとりでに出てくる。 キム・ユンソクはチョンウチと対照を成し遂げる悪役ファダム役を担って特有の重量感で映画の中心軸を確かに捉えてくれる。 イム・スジョンも風変わりな魅力で迫って、ユ・ヘジンは特有のコミック演技で笑いを担う。 その他にもペク・ユンシク・ヨム・ジョンア・ソン・ヨンチャン・キム・サンホ・チュ・ジンモ・ソン・ウソンなど演技派俳優たちの熱演が映画をより一層興味深くする。

 

 

欠点も確かにある。 話の組み立ては多少甘くて演出が一面的だ。 あまりにも多いキャラクターのために散漫に感じられる。 しかし負担のない面白味を追うポップコーンムービーなので大きく問題にならない。 チェ・ドンフン監督は成人たちをターゲットにした前作とは別に'チョンウチ'では家族皆が楽しく見ることができることに重点を置いた。 成人好みの要素を期待するならば多少幼く見える。 おじいさん、おばあさんに昔話を聞いた幼い時期に帰って映画を見るなら誰でもジェットコースターに乗るような快感を感じることになるだろう。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ASIAN POPS MAGAZINE 96号

2012-01-25 07:59:12 | 超能力者

うれしいーおしらせー 

 

久々にドンくん掲載雑誌が発売です! 

 

しかも!!!

 

『超能力者』のドンくんが表紙ですよー!! 

コ・スくんとのインタビューも楽しみです~

 

ンン~~~~マチキレナイ~~~ 

 

 

ASIAN POPS MAGAZINE 96号 

1月28日発売予定

 

 

 内容詳細 (抜粋)

96号は、新年第一号ということで話題満載です!表紙は春に『超能力者』が公開されるカン・ドンウォン。特集ではカン・ドンウォンとツートップを務めるコ・スのインタヴュー。

cover カン・ドンウォン

PICK UP K-CINEMA
『超能力者』
カン・ドンウォン
&コ・ス

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

チョンウチと義兄弟、カン・ドンウォンVSカン・ドンウォン

2012-01-23 18:39:57 | チョンウチ

この記者さん名言がたくさんです~ 

 

「 カン・ドンウォンと書いて俳優と読む」

 

「ひたすらカン・ドンウォンとカン・ドンウォン、しかもカン・ドンウォンなので可能な場面」

 

 

いつか・・・

「 カン・ドンウォンと書いて俳優と読む」という題名の記事を読むのが楽しみです~~~ 

 

 

 


 <過去記事>

チョンウチと義兄弟、カン・ドンウォンVSカン・ドンウォン

2010.4.27 翻訳サイト使用

http://news.donga.com/3/all/20100204/25920167/2

 

 

'チョンウチ'のカン・ドンウォンは特有の'厳親'の雰囲気を取りはらって、狡猾で茶目っ気あふれるキャラクターで熱演した。

 

美しい俳優の勇敢な挑戦…三十、祭りは始まった


今劇場街にはカン・ドンウォンの映画二編が同時に上映されている。

一つは去年12月封切りした'チョンウチ'であり、もう一つは今週封切りした'義兄弟'だ。 長期上映中だったチョンウチのスクリーン数が減ったところに新しい映画が封切りしたのでカン・ドンウォンがカン・ドンウォンを受け継いだわけだ。

大きい身長に正しい顔、そして卓越さに満ちた目つき. 彼は美しくてハンサムな人々が集まっているという芸能界でも目立つ程特別な容貌を持っている。 すぐ目の前にいても現実感が感じられないほど彫刻のような顔と黄金比率と呼ばれる優秀な身体的条件は一般観客はもちろん映画撮影監督協会のような専門家集団でも賞を与えなくてはすまないほどだ。

スターにこういう優れた容貌は大きな武器であり長所であるから、彼はデビュー以後ずっと人々の視線を引き付けたし準備期間なしですぐに主演に抜擢される特典と幸運も享受した。 モデル経歴だけだったのに無名時代や端役時代なしですぐにドラマと映画に主演級でキャスティングされたのだ。

▲ '過度に'よくできた顔…長所であり罠

しかし、彼の長所は制約として作用することもあった。 人々は映画の中の彼のキャラクターを記憶するよりはカン・ドンウォンの微笑を記憶した。 彼に関する限り'演技が芸術'という記事を見るより'鼻筋が芸術'という記事が先に浮かび上がった。 初めての映画であった'彼女を信じないで下さい'では劇中のチェ・ヒチョルより'壊れたカン・ドンウォン'を強調されたし、'オオカミの誘惑'でも演技に対する評価より'美男の魅力発散'に関心が集中した。 彼のあまりにも派手な容貌が俳優として成長するの両刃のように作用したとしても過言ではない。

だが、最近封切りした二編の映画はもう彼を別の側面から眺める時がきたことを示している。 背景もキャラクターも主題もすべて違ったこの二つの映画の中で、彼はまるで俳優としての可能性を見てくれと抗議するように全身で演技しているからだ。

まず、チョンウチで彼は世の中に名を知らせたがる俗物的気持を多く持った導師を熱演する。 妖怪を捉えてくれという要請に大義名分を問い詰める前に'私がなぜ?'という質問で応酬して義に徹するよりは女に関心がさらに多い。 ゆがんだみすぼらしい服を着て通う、また、虚勢も働かせていたずらもうまくする悪童. いわゆる自分を優秀とみるごろつきと大きく変わらない。 ちょっと見ても貴公子カン・ドンウォンのイメージとは遠くて、ずいぶん遠く見える。

ところが結論から言うと、彼は妙なことに劇中の配役によく入り込んでいる。 自分の犬チョレンが(ユ・ヘシン)に対する顔には傲慢ながらも滑稽な表情が出ていて妖怪らと敵対する身振りは粗雑だったりコミカルだ。

やや細長い腕と脚で消化するアクションシーンはやはりスピーディーな編集と派手な画面構成でかなり観るに値しながらも、激しいとか破壊的というよりは何となくゆらゆらと遊んでいる感じだ。 まさに洗練された武侠剣客の真剣勝負ではない、'どうせ目を欺く幻想'という道術を十分に理解して表現しているためだ。

'あいつの声'で聞かせた殺人魔の声はまた、どうか。 怒りを呼び起こしたそのうらさびしい声はいつのまにか未亡人に媚をうる油っこい声に変貌している。 ソン・ガンホもキム・ユンソクでもない、カン・ドンウォン的不良の味が独特で風変わりなことこの上ない。

実際に色々な顔を持たなければならない俳優にも自分たちに最もよく似合うスタイルと配役があるはずだ。 よく言う'演技変身'ということは話のようにやさしくなく、本人のスタイルの配役でない場合、ややもすると合わない服を着たように不自然になりやすい。 それだけ演技に没頭するためにはより大きい努力と苦労を必要として、さらに多くの苦労と努力をするとしても才能と経験がなければ失敗しやすい。 それでチョンウチの中カン・ドンウォンの変身はより一層ドラマチックで注目に値する。

それにも増して才気鋭い監督はカン・ドンウォンの魅力を極大化する場面を演出した、まさにチョンウチの分身があふれ出る場面だ。 色とりどりの表情とポーズでポンポン飛び出してきた数十人のチョンウチが妖怪に対抗して画面いっぱいに立っている場面は、俳優カン・ドンウォンの多様な顔を見せる挑戦的な場面と同時に彼が持ったビジュアルを極大化する幻想的な場面だ。 これに対して画面の外字幕を負わせるならば、'ひたすらカン・ドンウォンとカン・ドンウォン、しかもカン・ドンウォンなので可能な場面'にならないだろうか。


4日封切りした'義兄弟'でカン・ドンウォンは苦悩するキャラクターを揺れる目つきで表現しやり遂げた。 ソン・ガンホとの演技呼吸も引き立って見えた。

▲揺れる目つき、苦悩する男…'義兄弟'の中のカン・ドンウォン

反面義兄弟の中彼はこれとは全く違う人物だ。 作戦失敗の寃罪をこうむって北から捨てられた南派工作員として6年間逃亡しなければならなかった彼の名前はソン・ジュオン、パク・ギジュン、そしてチョ・インジュン. 同じ人物ながらも他の人として生きなければならないこの複雑なキャラクターを消化するカン・ドンウォンの成長は十分に評価される価値はある。 すっぽりまぶかにかぶった帽子の下で逃避者の不安そうな目つきを見せる時彼はソン・ジュオンになって、偶然に再開する前国家情報院職員ハンギュ(ソン・ガンホ)に人間的な情を感じるときはパク・ギジュンになって、北に置いてきた家族を思い出させる後ろ姿ではチョ・インジュンがちらつく。

韓国と北朝鮮、忠誠と背信、命令と友情、そして残忍な殺し屋としての人生と家族を持つお父さんとして生きる。 相反する色々な価値の中で苦悩する彼の目つきは深い。 まるで10年余り前にチョン・ウソンが'ビット'で見せてくれた揺れる目つきに似ていたし最近の'アイリス'でイ・ビョンホンが見せた切ない目つきに似ていた。 そして90年代初期、この世の不条理に対して勇気ある一喝をはばからなかったソテジの反抗的な目つきもぼんやり渦巻いていると話せば行き過ぎた私心になるか。

彼の俳優としての成長は相手役のソン・ガンホと比較した時にもよく現れる。 ソン・ガンホは自他が公認する'演技を上手くする俳優'だ。 多数の興行作に出演したことはもちろん、カンヌのレッドカーペットを数多く踏んだし、多くの監督が俳優としての力量を最も高く評価する主人公だ。 そのような俳優とのツートップ出演は開始から負担になるしかなく、キャラクターに対する明確な解釈なしには周辺人物や小道具的存在となって下落する危険も大きい。

だが、カン・ドンウォンはこのようなソン・ガンホに負けない程重たい存在感を表わす。 はっきりと違う二つのキャラクターのバランスを巧妙に合わせて自身が立つ場所がどこなのか知能的に、または、本能的に捜し出している。 チョンウチとは反対に、職業だからスパイを追う極めて資本主義的に、時にはふてぶてしいソン・ガンホに対して相反する価値の中でさまよう人間的なキラーの姿を劇の二つの中心軸として明確に刻んで入れたのだ。


演技も、人生も'ターニングポイント'を迎えたカン・ドンウォン. 彼の'明日'が気になる。

 

義兄弟は賢い映画だ。 重い素材を扱いながら緊張と弛緩を繰り返して笑いをぼろぼろ出している。 これは映画の中の二人の主人公の幻想的な演技呼吸でより一層はずみをつける。 始終一貫コミカルな語り口と誇張された行動で笑いをあたえるハンギュは時折濃い友情と温みの響きを与える。 暗くて真剣な表情のジウォンは時にお手洗いの前で踊ったり'特異事項:鶏の水炊き…'というどもりがちな報告書で笑いを誘発する。 ひとつの映画で簡単に会うことができると考えられなかった相反したイメージの2人の俳優はあたかも光と影のように二人の世界を創り出しながらもお互いの領域を理解して補い合って結局は同質感を引き出す。 そしてカン・ドンウォンはこの過程で明らかに、大先輩のソン・ガンホを通じて一段階さらに成熟したに違いない。

少し尚早の感はあるが、彼の次の作品は'カメリア(椿の花)'だ。 これは釜山(プサン)国際映画祭で製作するプロジェクト映画で日本のユキサダ・イサオ、タイのウィシッ ササナティエン、そして韓国のチョン・ジュナン監督が'釜山(プサン)'と'愛'という共通主題を持って作るオムニバス映画だ。 監督ら皆がそれぞれの独特の作品の世界と認められている期待の主たちなのに加え海外映画界でも少なくない影響力を持った釜山(プサン)国際映画祭キム・ドンホ委員長が総括プロデューサーで参加していてカンヌ映画祭招請も有力だと見られる。

▲ "もうどんな事でも決断しなければならない時"

もしかしたらこの作品がいつかインタビューを通じて彼が計画したように'軍隊に行く前最後の作品'になるかも知れない。 一般的な興行だけを目標に企画された商業映画でなく作家主義の監督が参加するグローバル プロジェクトという点で風変わりな経験であり挑戦もなるだろう。 そして彼は今年(いよいよ)三十才になった。 '6年の間逃亡だけしました。 もうどんな事にも決断をしなければならない'と話す義兄弟の中のセリフに、偶然にももう6年を今しがた過ぎた彼のフィルモグラフィーが重なるのはまさに彼がこのようなターニングポイントに立っているためだろう。

 

芸能人らの間でも引き立って見える、'彫刻美貌'は俳優に得であり損だ。 絶えず努力することに対して近い将来'カン・ドンウォンと書いて俳優と読む'という話をすることができるようになるだろう。

 

彼は浮気をしないことでも有名だ。 他の同じ年頃の俳優たちのように芸能やトークショーに出演しない。 それで認知度は高いが大衆との親密度は落ちる。 いわゆるお金になるというCFにもあまり出演しない、マスコミ媒体とのインタビューにもやはり積極的でなはい。 だから難しいとか生意気だという評価もたびたび聞く。 彼を見ることができる所はただスクリーンの中だ。 あたかも演技で全てのものを代弁するという決心を証明するように、彼は激しく演技する姿以外に他のどのような姿も見せてくれない。 大衆の人気で暮らすスターとしては危険な賭けだが、同時にそのような一本気な度量がこのように彼を成長させた原動力なのかも知れない。

時間が流れた後にいつかそれに対してまた文を書きたい。 そしてその時は'カン・ドンウォンと書いて俳優と読む'という少し面はゆい題名を、躊躇なしに付けることができることを期待する。

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

『チョンウチ』,チェ・ドンフンは幼年期に逆上った

2012-01-22 15:19:18 | チョンウチ

チョンウチは何度も見た映画なので

今回は字幕を見ないでドンくんのお顔をじっくり見ました  

 

ウチになりきっている表情がなんとも言えなくかわいい~ 

次の場面が分かっているので

 

くるくる~~~~~きた~~~~~!

何度見てもかわいい~ 

 

 

興行大成功だったのでチョンウチ2期待できますね!! 

 

 

このとぼけた可愛いお顔!

 

「私がお好きで?」「はい!」「え・・・」は笑えました

 

「パダ!」の得意そうなお顔がかわいい~

 


 <過去記事> 

『チョンウチ』,チェ・ドンフンは幼年期に逆上った

2009.12.22

http://media.daum.net/entertain/enews/view?cateid=1034&newsid=20091222110316582&p=newsis


ファンタジー映画の不毛地と言える韓国で国産ファンタジー物を完成させた。 "ファンタジーを一度してみたかった"というチェ・ドンフン(39)監督の夢'チョンウチ'とは'犯罪の再構成'(2004)と'いかさま師'(2006)で培った信頼を基に実現された。

我が国でファンタジージャンルはまさにファンタジーだ。 高い製作費に成功保障もないからファンタジーはそれ自体が挑戦になる。 いくらチェ・ドンフン監督でもなぜファンタジーをするかとの周囲の悲観的な視線は当然だった。 "安全な選択ではなかった",監督も知っている。

 

 


なぜファンタジーなのか。 チェ監督は簡単明瞭に返事をする。 "おもしろいでしょう"だ。 "道術が登場する想像の世界をリアルにするとどれくらいおもしろいだろうかハハハと笑いながら書いたシナリオ"がチョンウチであった。 "私が見ることができないことを見たいのだ。 ファンタジーはそのような欲望がある。"

ファンタジーに向かった片思いは韓国映画アカデミー時代からだ。 "映画アカデミーに首席で入学したが、びりで卒業した"という監督は"卒業作品でチョンウチと類似のシナリオを書いたが通帳残高が50万ウォンしかなくて映画を撮ることができなかった"ということをチョンウチで実現した。 '三国遺事'中のひとつの話がその時監督が構想した短編ファンタジーであった。

さかのぼると幼年時の経験が土台になる。 "家が良い暮らしではなくて本がなかったがお父さんが20冊全集を買ってきた。 本がそれしかなくて小学校6年間ずっとそれだけを読んだ"という監督はその時読んだ'宝島','三銃士'と昔話などを何度も読んだ。そして、チョンウチをもう一度考える。 それで"ファンタジーというのは幼い時期の思いを実現するそのような感じがする。"

"自分のやり方のとおり世の中を楽しむことができて、いつも余裕あるチョンウチのキャラクターは飲酒歌舞を楽しむ韓国の人々とも似ていた"と感じる。 "ホン・ギルドンが組織を導いて政府に対抗して栗島(ユルド)国へ行く革命家ならば、チョンウチは風流を楽しむ悪童に近い"という監督の意見だ。 西江(ソガン)大国文科出身の監督の専攻が十分発揮される大きな題材だ。

'チョンウチ'の準備をしながら'スーパーマン','バットマン','スパイダーマン'などのスーパーヒーロー物を一切遠ざけた。 "犯罪の再構成を撮っているときは犯罪映画を見なかったし、いかさま師の時も賭博映画を見なかった"と意識的に同じ部類のものを遠ざけた監督だ。 "まねになるかと思って、想像力を広げることができなくなるのではないかと思って"恐ろしい思いもした。

古典'チョンウチ伝'が基になっているけれど、映画チョンウチは全てチェ監督の想像力で完成させた作品だ。 当初からカン・ドンウォンを'チョンウチ',ユ・ヘジンを'チョレン'役に念頭に置いて監督の封印された想像力はチョンウチで具現される。 キム・ユンソク、イム・スジョン、ヨム・ジョンアなどの豪華キャスティングを可能にしたチェ監督の俳優のつながりを認めなければならない。

犯罪の再構成といかさま師など暗い前作とは全く違った明るい・活発なチョンウチはどこへ跳ねるかも知れないチェ・ドンフン監督の歩みを語る。 "まだ熟していないし、新しい形を探している過程"という監督の言うようにチェ・ドンフンはまだスタイルを規定できない演出家だ。 "機会があればSFもやりたくて、犯罪映画もまたやってみたいし、私のやり方のメローもしてみたい。"

引出しの中に入っている話は多い。 その中で最も多い製作費が予想される映画は恐らく'チョンウチ2'になるだろう。 120億ウォンの大作チョンウチの興行成績で続編製作可否がかかっている。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

カン・ドンウォン、「人類の終末に一緒にいたい男性スター」 1位

2012-01-21 18:57:13 | その他

世界に終わりがくるのはシロ~!! 

でも、ドンくんが一緒にいてくれるなら世界に終わりが来ても幸せ~ 

 

その時は何をするだろう・・・

ず~っとドンくんのお顔見てるかな 

 

 

兵役中でもこうして変わらず名前が上がってくることがとっても嬉しいです~~~ 

 

 

 

 

今日はシネマート六本木にウチくんに会いに行きました 

 

映画終了後にドンくんへのバースデーメッセージのビデオ撮影がありました

ドンくんへメッセージを贈る気まんまんで

前の日から準備したメモを手にカメラの前に立つと

頭の中真っ白 

 

カメラの向こうにドンくんがいると思うと

全然うまく話せなかった・・・ 

 

みなさん、いろいろ準備されて

メッセージを大きい紙に書いてきた方

数人でパフォーマンスされる方

そういう方法もあるんですね~~~ 

 

その後はドン友さんとランチとお茶をして 

楽しいドンくん話しで盛り上がりました 

 

 


カン・ドンウォン、'人類の終末に一緒にいたい男性スター' 1位

2012,1,19 翻訳サイト使用

http://www.frontiertimes.co.kr/news/news/2012/01/19/78945.html

 

 

カン・ドンウォンが'人類の終末に一緒にいたい男性スター'に上がった。

音楽専門サイト モンキー3が去る12日から18日まで'人類に終末がくるときに一緒にいたい男性スター'を問うアンケート調査でカン・ドンウォンが1位を占めた。

今回のアンケート調査ではカン・ドンウォン他にもシン・ハギュン、ウォンビン、ヒョン・ビンなど最高の男スターが候補に上がった。

この中でカン・ドンウォンは総271人のネチズンたちから28%(78人)の支持を得て1位に上がった。 カン・ドンウォンは映画'義兄弟','超能力者'などで最高の人気を謳歌しており、現在は公益勤務要員で代替服務中で今年招集解除される。

カン・ドンウォンの後に続いてウォンビンが23%(61人)で2位、ヒョン・ビン(16%),シン・ハギュン(13%),チョ・インソン(10%),ソ・ジソプ(10%)等が順位に上がった。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加