カン・ドンウォンに会いたい

カン・ドンウォンに会えたら想い残すことは無いと思っていました。
でも、違った…また、会いたい…

カン・ドンウォン、ニューヨークアジア映画祭アジアスター賞受賞"大きい賞に感謝している"

2017-07-14 23:29:49 | 隠された時間

 

 

 

 

 

 ニューヨークアジア映画祭アジアスター賞


 

おめでとうございます! 

 

 

 

 

 

 

「隠された時間」は、

 

 

8月に日本でも公開されます





韓国では上映のタイミングが悪く



良い結果ではありませんでした






でも、ちゃんと評価されて






よかった…




本当に良かった 





 

 

 

 


 

カン・ドンウォン、ニューヨークアジア映画祭アジアスター賞受賞"大きい賞に感謝している"

2017.7.14 翻訳サイト使用

 

 

俳優カン・ドンウォンが第16回ニューヨークアジア映画祭(New York Asian Film Festival,NYAFF)でアジアスター賞を受賞した。

カン・ドンウォンは現地時間で13日アメリカ、ニューヨークで開かれたニューヨークアジア映画祭アジアスター賞を受賞するための席に参加した。

'隠された時間'(監督オム・テファ)を通じてこの日の受賞の栄光を手にしたカン・ドンウォンは"映画祭に招待してくださって、大きい賞をいただき感謝します"という受賞所感を伝えた。

また'隠された時間'に対しても"韓国では少しなじみがうすいジャンルであった。 多くの人々が力を合わせて新しい映画に挑戦したが、ニューヨークで観客に会うことができて感謝する"と話した。

 


次期作の計画も明らかにした。 カン・ドンウォンは"現在'1987'(監督チョン・ジュナン)をとっている。 韓国の6月民主抗争を扱った映画だ。 また、日本アニメーションを原作にした'人狼'(監督キム・ジウン)を準備中だ。 たくさん期待してほしい"と説明した。

ニューヨークアジア映画祭側もカン・ドンウォンのアジアスター賞受賞の便りを伝えて"カン・ドンウォンのより多くの映画をニューヨークアジア映画祭で共にしたい"という挨拶と共に祝いをした。

カン・ドンウォンは2014年ソル・キョング、2016年イ・ビョンホンに続きアジアスター受賞者に名前を上げた。

ニューヨークアジア映画祭はサブウェーシネマとリンカーンセンターフィルムソサエティーがパートナーシップを結んで、毎年夏アメリカ、ニューヨークで毎年開催するアジア映画祭で、アジアスター賞をはじめとしてライジングアジアスター賞、アジア功労スター賞などを授賞する。 来る16日まで韓国、日本、中国、香港、インドネシア、タイ、台湾など57編の映画が上映される。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カン・ドンウォン主演『隠さ... | トップ | カン・ドンウォン、ニューヨ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL