カン・ドンウォンに会いたい

カン・ドンウォンに会えたら想い残すことは無いと思っていました。
でも、違った…また、会いたい…

”総賞金9000万ウォン”…カン・ドンウォン'チョン・ウチ' 8年ぶりに続編推進[公式]

2017-04-18 22:12:28 | チョンウチ

 続編があるかも?と言われていましたが

 

 

ついに!

 

 

 

「チョンウチ」続編が始動開始!

 

 

 

 

 

でもでも

 

 

 

続編があった場合

 

 

 

 

ドンウォンくんが脚本を書くと言っていませんでした?

 

 

 

ドンウォンくんも応募するんですかね?wwwww

 

 

 

 

 

 

「チョンウチ」大好き~~~~!

 

 

 

 

 

 

 


 

”総賞金9000万ウォン”…カン・ドンウォン'チョン・ウチ' 8年ぶりに続編推進[公式]

2017.4.18 翻訳サイト使用

 


カン・ドンウォン、キム・ユンソク主演映画'チョン・ウチ'が続編製作に拍車をかける。

CJ E&Mは18日"映画製作会社'映画会社家'と共同で賞金総額9000万ウォン規模の‘チョン・ウチ公募大展’を開催する"と明らかにした。

'チョン・ウチ'は去る2009年封切りして累積観客613万人を集めた興行作だ。 朝鮮時代の悪童導師チョン・ウチが500年が過ぎた現代に封印から解放された後、世の中を惑わす妖怪に相対して戦う活躍像を描いた作品. 風変わりな韓国的ヒーロームービーに封切り当時多くの話題を呼んだ。

今回の‘チョン・ウチ公募大展’は前作である‘チョン・ウチ’キャラクターに対する自由なアイディアを公開募集して'チョン・ウチ'続編を製作するために進行されるプロジェクトだ。

'チョン・ウチ'興行で韓国型ヒーロームービー成功の可能性が証明されて'チョン・ウチ'の続編製作の有無もやはり粘り強い関心を集めてきた。 これに対し'チョン・ウチ'投資・配給と製作を引き受けたCJ E&Mと映画会社家が今回の公募展を共同で主催する。

公募展は賞金総額9000万ウォン規模で、シナリオではなくトリートメント(treatment、シノプシスで発展した段階でシナリオを書く前に作成する具体的なあらすじ)公募展では国内最大水準だ。 大賞1編には賞金5000万ウォン、優秀賞1編には賞金3000万ウォン、佳作1編には賞金1000万ウォンがそれぞれ与えられる。

‘チョン・ウチ’のキャラクターを素材にした創作トリートメントをEメールで提出すれば応募することができる。 史劇または、現代劇など視空間設定に制限がなく、シークエルや フリークエルの制限もない。 既成作家と新人作家全て参加することができる。 受付期間は来る7月17日から7月31日までに、二ヶ月余りの間の審査期間を経た後10月初め当選作を発表する予定だ。 詳しい内容は公募展ホームページ(woochi2.modoo.at)で確認することができる。  

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巨大な手の大きさで有名な芸能人 | トップ | JIFF側"カン・ドンウォン、'... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL