カン・ドンウォンに会いたい

カン・ドンウォンに会えたら想い残すことは無いと思っていました。
でも、違った…また、会いたい…

カン・ドンウォン、キム・スヒョン・コんユ・ヒョンビン…北朝鮮特殊要員、なぜイケメンなのか

2017-03-21 00:30:48 | 義兄弟

 北の工作員、詐欺師、司祭

 

 

みんなドンくんが先に演じた?

 

 

 

しかし

 

 

 

 

 

凄いのは、





演じる俳優さんによって


違うキャラクターが出来上がる!

 

 

 

 

 

 「ドンウォンも大変だな…。」

 

「食欲もありません…。」

 

 「こいつはいいやつなんだよ!頼むよ!」

 

 


 

カン・ドンウォン、キム・スヒョン・コんユ・ヒョンビン…北朝鮮特殊要員、なぜイケメンなのか

2017.3.19 翻訳サイト使用

'義兄弟'・ '隠密に偉大に'・ '容疑者'・ '共助'など
映画の中の北朝鮮軍・外的変化…映画マーケティングという指摘も

 

 

去る1月封切りして700万観客を集めた映画'共助'でヒョンビンは北朝鮮特殊部隊出身刑事に扮し強烈な印象を残した。

イケメン容貌と整った体格を誇る彼はいろいろ惹きつけた、高難度アクションを披露して観客の目を楽しませた。 それこそ男の中の男'サンナムジャ'であった。 意志の強いキャラクターは人間味と友情まで加わってより一層魅力的なキャラクターとして描かれた。 完ぺきな北朝鮮キャラクターとは違って映画の中の韓国刑事は多少コミカルで、粗雑に表現された。

映画の中のイケメン北朝鮮特殊要員は最近韓国映画のトレンドだ。 '義兄弟'(2010)のカン・ドンウォンを始めキム・スヒョン('隠密に偉大に'・2013),コンユ('容疑者'・2013)等が経た。

北朝鮮特殊要員キャラクター系譜

イケメン北朝鮮特殊要員の出口を開いたのは俳優カン・ドンウォンだ。 モデル出身らしい優れた身長、美少年マスクを持った彼は'義兄弟'で北朝鮮から捨てられたエリート南派工作員ソン・ジウォンに扮した。 ソン・ジウォンはクールな頭に暖かい胸を持ったキャラクターだ。 敵には冷徹だが同僚には信義を守って弱者には人間的だ。

ソン・ガンホが扮する前国家情報院要員イ・ハンギュと時間が流れるほど互いに理解しあう。 カン・ドンウォンは特有の神秘的な魅力がある、ミステリーなイケメン北朝鮮特殊要員を表現した。 映画は541万人を記録して興行した。

 

 

 

韓流スターキム・スヒョンは'隠密に偉大に'で破格演技変身をした。 映画は北朝鮮南派特殊工作5446部隊で'祖国統一'という使命を抱いて南へ派遣された北朝鮮最精鋭スパイ リュ・ファン(キム・スヒョン),ヘラン(パク・ギウン),ヘジン(イ・ヒョヌ)が繰り広げる作戦を見せる。 評壇の評価は悪かったが興行成績は良かった。

緩い出来ばえでも690万人を動員した力はキム・スヒョンだ。 彼が扮するリュファンは南派特殊工作部隊出身で2万分の1の競争率を突破した最高エリート要員だが韓国では町内バカトングに偽装して過ごす。

トレーニング服姿にひさご頭をしたキム・スヒョンはバカ演技を楽しそうにやり遂げた。 町内バカから再びリュファンに戻る時はカリスマあふれるアクションを消化した。 バカトングと冷徹なスパイ リュファンを行き来する幅広い演技を披露した彼は人間的な北朝鮮工作員の複雑な内面を目つきに表わした。

今年のはじめ放映終了したtvN 'トッケビ'で爆発的な人気を享受したコンユは'容疑者'でタフな魅力を吹きだした。 コンユは祖国から捨てられて、家族まで失ったまま韓国に亡命した北朝鮮最精鋭特殊要員チ・ドンチョルを演技した。

コンユは'コーヒープリンス'で得た'甘い'ロコ イメージを脱いで近付きにくいサンナムジャになった。 筋肉質スタイルで完成したスマートで線の太いアクションは女心を狙撃するのに充分だった。 妻と娘を殺した者を追う過程で孤独ながらも復讐心に燃える心を繊細に表現した。 映画は410万人を集めて興行した。

 

 

 

北朝鮮軍キャラクターの内・外的変化

韓国映画の中で北朝鮮軍キャラクターは外的変化だけでなく内的変化も経た。 1960~70年代の映画の中の北朝鮮軍は'絶対悪'だった。 北朝鮮軍を少しでも人間的に表現すれば検閲の門の敷居を越えることができなかった。

そうするうちに1990年代に入り少しずつ人間的な姿があらわれる北朝鮮軍が登場した。 世界的に冷戦ムードが弱まっただけに、1990年代後半にはキム・デジュン政権の太陽政策で映画の中の表現は一層自由だった。

代表的な映画では'シュリ'(1999)がある。 韓国国家情報院要員ユ・チュンウォン(ハン・ソッキュ)が北朝鮮女スパイ イ・バンヒ(キム・ユンジン)に愛に陥る設定自体が破格的だった。 特殊8軍団所属最高の狙撃手イ・バンヒは魅力的な女性キャラクターで存在感を誇った。 キム・ユンジンはこの映画でスターダムに上がったし、'シュリ'は当時620万観客を動員して大当たりを打った。

以後'共同警備区域JSA'(2000)と'welcome toトンマッコル'(2005)が劇場にかかった。 '共同警備区域JSA'はイ・スヒョク兵長(イ・ビョンホン)と北側オ・ギョンピル中佐(ソン・ガンホ),北朝鮮警戒所チョン・ウジン(シン・ハギュン)が夜になると軍事境界線を越えてこっそりと友情を育むという設定を緊張感と悲劇に連結して評壇と観客の好評を得た。

'welcome toトンマッコル'は戦争をする中で南北の兵士たちの友情と葛藤をユーモアと悲しみを混ぜ合わせて共感を得た。

理念対立を浮び上げた過去の北朝鮮軍キャラクターで家族のために犠牲なる姿、内面の傷と苦悩がより増した人間的なキャラクターに変貌したのだ。

 

 

 

ヤン・ギョンミ映画評論家は"最近になって多くの北脱出者が私たちの社会の構成員として位置を確立することになって映画の中の北朝鮮軍キャラクターを歪曲した視覚で見なくなった"として"以前より純化されたイメージで登場しているようだ"と分析した。

北朝鮮軍キャラクターをイケメン俳優たちが演技する雰囲気が女性観客を狙った忠武路(チュンムロ)の映画マーケティングであるだけという批判も出てくる。

ヤン評論家は"主な観客層が20~30代女性であることを勘案すれば主人公が素晴らしくなければならないという商業映画の基本公式"としながら"興行を目標にする商業映画がマーケティングのためにカッコいい俳優を起用するのは当然だ"と強調した。 それと共に"問題は単純に外形的キャラクターではないということから出る"と指摘した。

外的な変化も重要だが北朝鮮軍と韓国軍キャラクターの対比にさらに注目する必要があるという話だ。 'ブラザーフット'で北朝鮮軍になった兄ジンテ(チャン・ドンゴン)は強靭に、韓国軍になった弟ジンソク(ウォンビン)は弱く出てくる。

'義兄弟'で前国家情報院要員イ・ハンギュは感覚的に近づく性格である反面、北朝鮮特殊要員は実力も優れて感情を押さえることができる性格だ。 優れている容貌はおまけだ。 '隠密に偉大に'と'共助'の中の北朝鮮特殊要員もエリートで出てくる。

北朝鮮特殊要員に対する描写がまた別の固定観念を作るという指摘だ。

ヤン評論家は"北朝鮮軍キャラクターはハンサムなエリート要員と表現されるが、韓国軍キャラクターは北朝鮮軍より愚かな人物に決めている"としながら"観客は映画の中の役割に動揺して憧れるほかはない"と伝えた。

続けて"北朝鮮の核・ミサイル威嚇で安保が不安定な時期に映画が作り出した虚構のイメージによって彼らの危険性が鈍ることではないか憂慮される"として"映画は映画であるだけで現実を直視する必要がある"と話した。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “コンユ笑って、カン・ドンウ... | トップ | ユ・ヘジン、'1987'出演確定…... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL