カン・ドンウォンに会いたい

カン・ドンウォンに会えたら想い残すことは無いと思っていました。
でも、違った…また、会いたい…

JIFF側"カン・ドンウォン、'マスター'監督と共にGVのみ出席" [公式]

2017-04-20 20:08:45 | マスター

正面突破!

 

 

ドンウォンくんらしい…

 

 

 

ドンウォンくんの誠意が届きますように

 

 

 

 

どんな質問にもまっすぐ向き合って



自分の口から答えるつもりなのかな?

 

 

 

 

日本から応援しています~  

 

 

 

 

 

「先輩、頑張って!」

 

 


 

JIFF側"カン・ドンウォン、'マスター'監督と共にGVのみ出席" [公式]

2017.4.20 翻訳サイト使用

 


俳優カン・ドンウォンが映画'マスター'チョ・ウイソク監督と共に第18回全州(チョンジュ)国際映画祭GVに参加する。

全州(チョンジュ)国際映画祭側は20日、"カン・ドンウォンが来る5月3日開かれる'マスター'のGVに監督と共に参加する"と明らかにした。

カン・ドンウォンが'マスター' GV出席は'外曽祖父論議'関連論議後初めて公式席上に立つ席と話題を集めた。 観客らと対話をすることになるだけに、彼がどのような話をすることになるのか、あるいは映画の他の話をすることになるのか関心を集める部分.

先立ってカン・ドンウォンは外曽祖父に関連することに対して"心より恥ずかしいと考えている。 過去を正確に認知できない点、未熟な対応で論議を起こした点、はやい時間内に私の立場を申し上げることができない点、全て私の誤りだと痛感する"と謝罪文を公開したことがある。

 


 

正面突破選んだカン・ドンウォン、初めての公式席が映画祭GVである理由

2017.4.20 翻訳サイト使用

 

 


俳優カン・ドンウォンが全州(チョンジュ)国際映画祭を通じて'外曽祖父親日派論議'以後初めての公式席上に立つ。

カン・ドンウォン所属会社YGエンターテインメント側は20日、"カン・ドンウォンが全州(チョンジュ)国際映画祭に参加する予定だ"として"GV(観客との対話)行事のためのもの"と明らかにした。

 論議以後2ヶ月ぶりに大衆の前に立つことになるカン・ドンウォンは結局正面突破を選択した。 特に初めての公式行事がGVという点も注意深く見るに値する。 論議に関連して質問が出てくることもある負担感を抱いて決めた選択だ。

 カン・ドンウォンの正面突破は今回だけではない。 去る2013年釜山(プサン)国際映画祭との葛藤でもGVだけは参加した。 当時主宰側とカン・ドンウォン側は出席と出席翻意を置いて葛藤をしたがカン・ドンウォンは自身の意志で結局GVを訪問した。

 今回もカン・ドンウォンはGVを通じて論議に対する正面突破はもちろん、観客との約束を守るためにも出る。 特にカン・ドンウォンは普段映画封切り以後舞台挨拶も正月連休だけで30回するほど観客との出会いを積極的に行う俳優。

 過去インタビューを通じて"映画と観客を信じる"として所信を明らかにした。 また"観客が好きな映画を作るのが目標"と付け加えた。

 このように観客、そして大衆と疎通を重要視したカン・ドンウォンは'外曽祖父親日派論議'当時論議が大きくなる状況の中でも立場を発表する時期が遅れて叱責を受けた。

以後カン・ドンウォンは所属会社を通じて"外曽祖父と関連して物議をかもした点に頭を下げて深く謝罪申し上げます"として"幼い時期から私は外曽祖父の美談を聞いて育ってきた。 おばあさんが独立有功者の子孫だったために外曽祖父に対する美談を自然に受け入れてきたし、2007年インタビューをした時点にはその方の誤った行動を正確に認知できませんでした。 もう一度深く謝罪申し上げます"と謝った。 事実関係を正確に把握するために、公式的な立場を出すまでの時間が少しかかったことに了解を求めたのはもちろんだ。

謝罪以後、いよいよカン・ドンウォンは直接観客前に立つ日を控えている。 観客と約束を守ったカン・ドンウォンの正攻法が大衆の心まで今一度ひきつけられるか注目される。

一方全州(チョンジュ)国際映画祭は来る27日から5月6日まで全州映画の街で進行される。 カン・ドンウォンは5月3日映画'マスター'で全州(チョンジュ)国際映画祭を訪ねる予定だ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”総賞金9000万ウォン”…カン・... | トップ | 「隠された時間」海外用ポスター »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さすが (niboshi)
2017-04-21 20:25:28
逃げないドンちゃん
当然例の質問もくるかと
それでも対話する姿勢が、さすが、
韓国の俳優さんはやはり底力がある
映画を支えているのは俳優です
宝は大事に~♪
niboshiさん、こんばんは (にんにん)
2017-04-22 00:12:15
逃げないで正面からぶつかっていく姿が男らしい!
そんな姿がきっと受け入れられるはず!

本当に!ドンくんは韓国映画界の宝物ですよー

おじいさんの事は終わりにしましょうよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL