江口昇次 名大名誉教授Shoji Eguchi, Nagoya Univ., Prof.em., Today!

思うままに<日記、化学学術誌H.C.紹介、科学トピックスなど>

岩倉市市制45周年敬老会を楽しむ!

2016-09-19 | 日記

連日、日本選手の活躍が報道されたリオパラリンピックも閉会し、恒例となった「敬老の日」の祝日を迎えました。報道によれば百寿者も過去最高の6万人を越えて日本人の寿命も世界トップクラスであることや100歳でも元気な日常生活を送っておられる方々の報道も悦ばしい限りであります。一方、全障連会長で民間戦争被害者の救済運動に取り組まれた杉山千佐子氏(元名大医職員)が101歳で見事な生涯を全うされたとの残念な報道もありました。こんな敬老の日の二日前、当岩倉市の市制45周年記念の敬老会に参加して市長や来賓祝辞に続いたアトラクションを楽しみました。その一つは若手人気噺家、桂珍念さん(桂文珍師匠のお弟子さん)の上方落語でもう一つは面白い演歌歌手として知られる地元蟹江町出身の大河内智子さんの演歌でした。落語は久し振りに聞く機会でしたが演題も数題含まれて思わず笑いがこみあげることを楽しみました。また演歌も美空ひばりの良く聴いた懐メロの物まねで始まり、歌声喫茶でお馴染みの「高原列車は行く」と「瀬戸の花嫁」は配布された歌詞を見ながら合唱、またオリジナル曲「ともこ音頭」も参加者全員で歌って盛り上がって閉会、お土産をいただいて帰宅。参加者との会話も楽しい敬老会でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 梅原猛「思うままに」!用兵... | トップ | 複素環化学国際雑誌最新号「H... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
歴史に学ぶ (SE)
2016-09-26 21:35:48
facebook友から激励に頂いた伊達政宗の晩年の心境を読んだ漢詩
馬上少年過(馬上少年過ぐ)
世平白髪多(世平らかにして白髪多し)
残躯天所赦(残躯天の赦す所)
不楽是如何(楽しまずんば是如何)
を改めて読んで同感を覚えます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。