往診専門の治療師(さとはま)のきまぐれブログ! (注)治療事例や中医学的なことは書きません。ごめんなさい。

往診専門の施術家としての悩み、苦しみ、時にはちょっと考えたことなどをつぶやいています。
毎月1日、15日更新予定。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

訪問マッサージの先生っていろんなひとがいるんです

2017-07-11 | 雑感
最近、ホームページから相談がやたらにおおい。

一人ひとり記載させていただいているのですが、

なかなか、時間がとれないので、多い質問には、

このブログをよんでください。

と記載することもあります。

それは、それだけ、真剣にいろんないみで意見を

求めているんだな。という点でありがたいとおもいます。

さて、今回のテーマは、訪問マッサージの先生っていろんなひとがいます。

ということ。

つまり、何故、あの先生がこのような施術をやって、効果がなかった。

だから、どうしたらいいのか。

という相談。

どのような施術をされたのか、それは、その先生がその患者様をみて

(問診などをして)決定されたことだと思う。

それが、患者様の容態に何らかの影響をうけたのなら、

やはり、その施術を変更してもらうことが望ましい。

また、よくある相談として、今やっている先生から変更を申し出たい

という方がおおい。

わたしは、そのような場合は、やはり、きちんとお話をしたうえで、

やめたい。

と申し出てもらいたいとおもいます。

それは、とくに、医療保険をつかっているとおもうので、

その場合、主治医の先生に同意書というものを作成されていただいている以上、

きちんと、その変更理由および、施術をやめさせていただくという

一般的な礼儀が必要ということ。

このようなことから、きちんとやめたいのですが、とお話をするべきだと

わたしはおもいます。


また、辞める理由で、施術が合わない。というコメントは、

ぎくしゃくしてしまうのであれば、通院が多くなったとか

施設のほうでリハビリ(マッサージ)をやってもらうなど

とお話をすることもいいでしょう。


また、ケアマネに相談して、ケアマネさんも同席の上

中止のお話をされてみるもの効果的だとおもいます


わたしのばあいも、ケアマネさん経由でやめます。

ということをおはなしをいただくので、その点では

わかりました。

というしかないので、一番断れる方法だとおもいます。


やはり、効果というか、信頼関係がないと成り立たないので

もし、家族の方がやだな。とおもったら、行動に動かして

みるといいとおもいます。


ただ、個人的によく相談されるのは、先生から、今の先生に

断ってください。といわれるのですが、これはできません。

やはり、ご家族の方からお話をしていただくようにお話を

しています。

ほとんどの訪問マッサージの先生は、変更される

もしくは、中止、中断ということは慣れていますので、

その点ではそこまで気になされなくてもよろしいのではないかと

おもいます。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鍼灸国家試験をうけるみなさ... | トップ | 鍼灸国家試験を受験するみな... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。