虹色夢伝説ブログ
インターネットを通して、あなたの夢を応援します!(レインボー ドリーム エンジェル)
※管理元は「夢主義社会ホームページ」です。
 ダイエット&フィットネスで永遠の17歳
SF熱血美少女ファンタジー物語 本編公開(完結)New

地球に大きな災い近づく時、7つの夢が現れるであろう。
その7つの夢は、一つの光となり、災いに立ち向かうであろう。

この物語は、エンジェルたちが、特訓を重ねる中で、真の夢に目覚め、
人類の未来のため、大きな災いに立ち向かう物語です。
【虹色夢伝説】は、「夢主義社会」を、ご理解頂く為の物語です。
Poserフィギュアが、優しく可愛く、愛・夢・欲望について考えます。



宇宙空間の全ての物質は、歪であると考えるのが、空間歪説です。
例えば、紙に力を加えてクシャクシャにすると、多くのシワ(歪)ができます。
この歪が物質です。歪の最小単位が素粒子です。
ベースとなる紙を、ヒッグス粒子と呼んでいるのでしょうね。
でも、紙は、素粒子ではなく、空間そのものです。

空間歪説では、最初に歪の無い空間が存在していたのです。
そこで大きな爆発(ビッグバン)が起きて、歪が生じたのです。
この歪が物質です。歪の最小単位が素粒子です。
窓ガラスにボールが当たって、細かなひび割れが生じた様子を思い浮かべれば分かり易いと思います。

空間にヒッグス粒子が満たされていると考えるよりも、空間の性質と考えた方が良いのでは?
例えば、二次元空間の性質は、紙にアニメを描いた場合、紙の性質です。
人間の感覚では、3次元でしか見ることができませんが、より高次元から見れば、真実が見えてくるでしょう。

補足:

反物質は消えたのではなく、次元の異なる空間に残っていると考えるべきです。
紙の裏・表という感じですね。
異次元空間なので、我々には発見できないだけなのです。

ダークマター(暗黒物質)は、次元の異なる宇宙の重力が影響しているのです。
重力は、次元を越えて影響しますが、光は、次元を越えられないので、見ることができません。

超弦理論(超ひも理論)では、物質の基本単位は粒子ではなく、振動する弦(ひも)であると考えるそうです。
弦(ひも)を歪みと考えれば、空間歪説と同じです。





コメント ( 無 ) | Trackback ( 0 )
« 宇宙の成り立... 宇宙の成り立... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。