虹色夢伝説ブログ
インターネットを通して、あなたの夢を応援します!(レインボー ドリーム エンジェル)
※管理元は「夢主義社会ホームページ」です。
 ダイエット&フィットネスで永遠の17歳
美しい日本を撮ろう!デジタル一眼レフカメラ
EOS 80D

EOS 7D
Mark II ボディ
EOS-1D X
Mark II ボディ
EOS Kiss X8i

ニコン D500
ボディ
ニコン D5500
ダブルズームキット
ニコン D750 24-120
VR レンズキット
ニコン D7200 18-140
VR レンズキット
PENTAX K-1
LUMIX DMC-GF7W
OLYMPUS PEN Lite
OM-D E-M10
太陽光発電ハイビジョンテレビデジタルカメラ植物を育てようプレゼントは花
頑張った自分にプレゼント!癒し系おもちゃ特大ぬいぐるみ、テディベア
クッキングトイ二足歩行ロボット・ホームロボット人類の未来は宇宙にある



健康管理は、自己責任です。

テレビ番組等では、体調が悪い時は、「まず、医者に見てもらいましょう」と言っています。
でも、病院に行っても、必ずしも正しい診断・正しい治療を受けられるとは限りません。

間違った診断で、「異常はありません」と言われるかもしれません。
「異常はありません」と言われれば、まだ良いのですが、間違った診断をされて、間違った治療(間違った薬の投与等)で、逆に病状が悪くなるかもしれません。
正しい診断でも、副作用のある薬の投与で苦しむことになるかもしれません。

私は、基本的に医者を信じていないので、病院には行かないことにしています。
自分ではどうにもならなくなったときには、「溺れる者は藁をも掴む」思いで病院に行きます。
そして、やっぱり藁であって、溺れ死んでも、それは諦めるしかないと私は考えます。

最近は、病院へ行けば、必ず正しい診断・治療を受けられ、健康な状態になれると考えている人が多いようです。
これを、当然の権利と考えているようです。
ですから、これが叶えられないと、不当な行為だとして、裁判に訴えるようです。
「信じていたのに!裏切られた!許せない!訴えてやる!」
これは、医者への過剰期待が問題です。
※「裏切られた」と感じるのは、過剰期待に起因するようです。

国の費用としての医療費が膨らんでいるのは、医者を信じる人が多く、安易に病院に行く人が増えたからだと思います。

医者は神様ではありません。
必ずしも正しい診断・治療を受けられるとは限りません。
そういう前提で病院を利用すれば、
医者を訴えることは無くなるでしょう。
また、病院を利用する人が減り、医療費も減るでしょう。

<追伸>
くれぐれも病院には、行かないようにしましょう。
病院に行くと、逆に、病気をもらって帰ることになるかも・・・。
お家に帰してくれれば良いのですが、そのまま入院させられて、
悪くも無い箇所を切除され、口や鼻からチューブを差し込まれ、
寝たきり状態にさせられるかも・・・。
人生の最後は、自分の家で、静かに終えるのが幸せでしょう。


他にも色々あります↓
健康的にダイエット
健康チェック器具(体重、血圧、体温、血糖、尿糖)
運動器具(ストレッチ用具、ロデオボーイ、エアロバイク、歩数計)
快眠グッズ、睡眠改善薬、耳栓、目覚し時計
自転車(電動アシスト、シティサイクル、折りたたみ自転車)
マッサージ器
サプリメント一覧




コメント ( 無 ) | Trackback ( 0 )
« 人は小さな欠... 丈夫な傘は、1... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。