どうぶつ番外物語

手垢のつかないコトバと切り口で展開する短編小説、ポエム、コラム等を中心にブログ開設10年目を疾走中。

ポエム136 『老女の家のアメリカ朝顔』

2016-10-17 00:58:46 | ポエム

 

     アメリカアサガオ

 

 

 

  古い家から出てきた老女が

  向かいの家のブロック塀に向かって

  いきなり落ち葉を撒き散らした

 

  「だらしのないジジイだ」

  塀越しに枝を伸べるハナミズキの葉が

  道路に散らばるのを掃いているのだ

 

  「一度だって掃いたことがないんだから」

  老女はよほど腹に据えかねているらしい

  しかも塀ぎわに捨てた落ち葉が風に舞い戻る

 

  北からの風が老女の側に吹き寄せるのだ

  自然の営みは人の思惑を斟酌しない

  それがまた老女の神経を逆なでする

 

  通りがかりに覗くと老女の家の横は竹の植え込み

  昼なお暗い玄関には幸運が訪れる気配がない

  まして北風の季節はすでにやって来ている

 

  向かいの主人とどんな因縁があったのか

  姿の見えない相手に老女の怒りはエンドレスだ

  内戦の兵士も抗争のヤクザも恨みの色は赤黒い

 

  落ち葉に混じって転がるハナミズキの実はどうだ

  華やぐ思い出のように赤く艶々と輝いている

  恨みを捨てて残りの日々を数えた方がいいのだが

 

  (おばあちゃん、もういい加減にしたら?)

  よく見ると竹林の中に風車のようなアメリカ朝顔

  忍び込む北風を迎えてブンブン回る

 

  なんだなんだこの光景は?

  こんな古家に手品のタネが・・・・

  この世はまんざら捨てたものではないようだ

 

 

 

 

 

a href="http://novel.blogmura.com/novel_short/"

 <短編小説ブログ・ランキング用バナー>が復活しました。

 

  

 

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポエム135 『やんちゃなホト... | トップ | ポエム137 『月と星は天の穴... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鮮烈なイメージ (知恵熱おやじ)
2016-10-19 21:29:58
赤黒い恨みの色

北風に吹かれてぶんぶん回るアメリカ朝顔

鮮烈なイメージを楽しませてもらいました。
嬉しいな (tadaox)
2016-10-20 15:37:52
(知恵熱おやじ)さま、ありがとうございます。

アメリカ朝顔の画像、たまたまでしょうが風に回っているように見えました。

円くこじんまりとした花は非植物的で、それが風車のイメージを補強しているのかもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL