スウォンジー、2度目の監督解任=イングランド・サッカー

2016年12月28日 | サッカーメモ

(ライブドアニュースより)

http://news.livedoor.com/article/detail/12473429/

【ロンドン時事】「サッカーのイングランド・プレミアリーグ、スウォンジーは27日、成績不振により米国人のボブ・ブラッドリー監督(58)を解任した。

後任が決まるまではウィリアムズ、カーティス両コーチが指揮を執る。



クラブは10月にイタリア人のグイドリン監督を解任。元米国代表監督のブラッドリー氏を後任に迎えたが、3勝3分け12敗の19位と低迷から抜け出せないでいる」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

このニュースが どうウチにつながるのか と言いますと

ライアン・ギグスの名前も 数人の次期監督候補者の中に 名前が載っているからです。

現在 スウォンジーは 19位、まあ ファーギーが反対するかな、大事なギグスを そんなところにはやれないと。

誰が監督になるのか 注目したいと思います。

 

 

http://www.mirror.co.uk/sport/football/news/ryan-giggs-favourite-named-next-9524273

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンチェスター・ユナイテッ... | トップ | 逆転の勝利、ミドルズブラ戦... »
最近の画像もっと見る

サッカーメモ」カテゴリの最新記事