ちいさな幸せ

幸せの基準ってある?
それは自分の心の中にあると思う。
私は何時も陽だまりのような幸せの中に居た。

近江八幡水郷めぐり

2016年10月17日 | 一寸そこまで





標識に沿って、進みました。静かな街並みに出ました。遥か彼方に「橋」
が見えました。









その「橋」を目指して進みました。集合時間に遅れないように時計を
見ながら往復時間を計算したり、帰り道に迷わないように、目ぼしい
建物を頭に畳み込みながら、どんどん近づきました。

いい雰囲気の中に「橋」は佇んでいました。

時間通り、バスで30分の食事どころに到着しました。







団体ですから、それなりのお料理です。贅沢はいえません。

又、バスに揺られて、船着場へ。

6人~8人に、6隻に分かれて、私は4隻めの8人のりに。





船は背の高い「蘆」や「ガマ」の間を、進みます。川幅は狭くなったり、
広くなったりしながら80分の船旅です。そんなに時間の経過を感じな
いまま、終わりました。













あちこちにピンクの濃淡、白等「コスモス」が咲いていたのですが、
水郷には単色の植物が良いと思うのは私だけ?

春には、一部「桜並木」があるようですが、単色だから良いかな?





「ススキ」は単色だから、雰囲気にぴったり。





水鳥もいたんですよ。でも遠すぎて、上手く写せない。



こんな所にお住まい、どんな方かしら?



台風で倒れた木の根っこだって、岩になったみたい。



この派手なピンクのバスでした。遠くからもすぐわかってよかったです
が。



来年は何処かしら? 元気で参加希望!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近江八幡市内観光 | トップ | 臣女(おみおんな) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。