ちいさな幸せ

幸せの基準ってある?
それは自分の心の中にあると思う。
私は何時も陽だまりのような幸せの中に居た。

院内刑事(デカ)

2017年04月21日 | 読みました

        宝塚花の道の「八重椿」     (17―4―6)


     

パソコンが故障しました。ネットに繋がっていないというのです。で
すからそれに関係ない写真の取り込み等はできるわけです。

息子は東京に出張中で明日の夜にしか帰りません。自分たちでは
如何しようもないパソコンを、未練たらしくいらって、拒絶されて、そ
れでも弄ってを繰り返しました。

「・・・の理由」と画面に出るのですが、字は読めても、その意味を 
解釈することができません。こうなってみて、パソコンが如何に私
達の生活の一部になっているかを改めて知りました。

今日はパソコンが使えて、二人とも、ニコニコです。 


     

     

「よく読まれている本」から選んだのですが、この本もちょっとややこし
かったわ。警察と検察庁、そこで働く人たちの役職名の長いこと。とて
も覚えられませんよ。最終学歴(出た学部)によって、コースもきっちり
決まっているんですね。

物語自体は難しくないのですが、登場人物の役割? がウロウロです。
本が好きでも、だんだんこんな感じが増えるのでしょうね。嫌なことで
すが、やはり長生きしているからの経験で、知ることができたのです。
やっぱり「あり難い経験」と感謝しながら、読書を楽しみます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葉書が値上げだって | トップ | お子様ランチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。