ちいさな幸せ

幸せの基準ってある?
それは自分の心の中にあると思う。
私は何時も陽だまりのような幸せの中に居た。

ブルーミンメドー

2017年01月25日 | 一寸そこまで




1月20日(金)ご近所さん6人で、のお食事処に行ってきました。1週
間前から、この日は「雪だるま」のマークが付いて、前日まで消えなか
ったので、ヤキモキしましたが、私が晴れ女だから、きっと大丈夫と騒
ぐ心に言い聞かせていました。「雨」ならともかくも「雪」は参いるな~
と思いました。

 

 

着いたところは、住宅街の真ん中で「カナダ国旗」がはためく館でした。
室内は、太い丸太を組み合わせた、ログハウス、寒い屋外から、入って、
まず目から木の温もりの暖かさを感じて、ホッとしました。

 

クリスマスの名残の「ポインセチアの赤」でより一層暖かくなりました。



「カナダ料理」は初めてですが、彩と繊細さにおもわず「綺麗!」と言
っていました。お料理ですから、本当は「おいしそう!」というのです
よね。



パンは2種類出たのですが、初めのこのパンはグレープフルーツ入
りで、その香りがする軟らかいパンでした。



「白菜のポタージュ・スープ」で猫舌の私は一口目で目を白黒させた
熱さでした。残念ながらさめるまで待っていただきました。おいしか
ったですよ。



前菜、スープ、デザートはチョイスできるのですが、これはチョイス
できないのです。メインの魚です。今日は何故か肉が食べたい気持
ちだったので、ちょっと残念でした。



このプリンがおいしかったです。コックリしていてね。紅茶が付きまし
た。



この本は「神戸のお店」の本らしいのですが、一番上の「オードブル」
が載っていましたよ。

今度はお稽古をしている「ソレイユ」に出来た「イタリア料理」の予定で
す。楽しみです。 

私たちの食べ歩きは、決して高価なものではないのですが、皆さんと
集まっていただくのが、一番のお料理なんです。次も皆揃って行けま
すように!

    

この暖かい「薪ストーブ」が温かく迎えてくれたんですよ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清水三年坂美術館 | トップ | 老い力 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

一寸そこまで」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。