ちいさな幸せ

幸せの基準ってある?
それは自分の心の中にあると思う。
私は何時も陽だまりのような幸せの中に居た。

医療器具は日々進歩しているね

2017年01月30日 | 今日この頃



土曜日の午後から「風邪?」という気配。夜中に喉が痛み出した、うが
い薬でうがいをすると痛みは取れた。「大丈夫かな?」と思っていると
今度は咳がコンコン「やっぱり風邪やは~」と家の置き薬を飲んだ。
日曜日なので、置き薬を一日分3回飲みましだ。

今朝になって咳が止らないのでホームドクターに行くことにした。「血圧
の薬」も残り少ないし、行こうと思っていました。

待つのが嫌で9時に家を出ました。それでも8人待っていました。

お医者さんが言われるには「いま、流行っているんですよ。予防注射を
していても、熱が出なくても『流感』の人が多いのです。勿論予防をして
いる人の症状は軽いのですが…」「私が予防注射が遅かったので、『効
き目は1月末です』っていわれていて、末になったので『効くな~』と安心
した途端だったのですよ。

喉を見て、熱を測り「熱が出たり、体のアチコチが痛んだり、しんどかっ
たりしたら、すぐ来てくださいよ」「先生痛いところはありませんが、そりゃ
~しんどいですよ」「やっぱり念のため、採血だけはしておきましょう」と
血を採られました。

採血の注射器が、前回までと違っていました。いたって、小型で、シンプ
ルです。

新しいといえば、熱を測る方法も違いましたよ。昔は体温計で「脇」「口」
と変化しましたが、今日はもっと進化?しました。細くて、平べったい紙
縒り状のものを「鼻の穴」の奥に突っ込んで「痛い!」と思ったらもう抜
き出して、体温はかり完了です。人の使ったものを使はないというのは
いいと思いますよ。使い捨てですから。

先生がお若いから「新しいもの」をどんどん使われるのでしょうか? そ
れとも大学病院のお医者様でもあるからでしょうか? どちらにしても、
医学の進歩の端っこを見られるのだと思うことにしましょう。モルモット
だと思うと腹が立ちますからね、何事もポジティブに考えましょうね。

「血圧」のお薬はこの度から2ヶ月分くださいました。何もなければ桜の
花が咲く頃に行けばいいことです。ありがたいです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 成駒屋襲名披露 | トップ | この頃の私 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

今日この頃」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。