ナチュラルな暮らし

穏やかな日常の一コマ

馬場家住宅の押絵雛展

2017-03-15 | 日記
重要文化財に指定されている「馬場家住宅」は松本市郊外の北アルプスを望む高台にあります。
江戸時代末期の本棟造りの建物は広い敷地に門構えも立派なお屋敷です。




主屋の座敷のあちこちに押絵雛が飾られていました。


松本では押絵のお雛様が江戸時代から登場していたそうです


年月を経ているのに華やかな雰囲気を醸し出しているお雛様たちです。






段飾りの押絵雛もありました。雛祭りの解説も…




押絵雛の掛け軸もありました。


さまざまな押絵…それぞれがとても生き生きした姿でした。






押絵以外のお雛様たちも趣きある姿で飾られていてました。








主屋の棟の正面には「雀おどし」と呼ばれる棟飾りと「懸魚」と呼ばれる火除けのまじないの飾りを取り付けています。


文庫蔵には馬場家の資料が…先祖は武田信玄の縁者で、江戸時代に広大な田畑を持って特別の地位にあったようです。


囲炉裏端の様子…古い道具の数々も展示されていました。


板欄間のあちこちされている彫り物が光に透けてきれいでした。



坪庭の向こうには茶室も…
他に隠居屋、奥蔵、門長屋等々、広い敷地に豪壮なお屋敷です。


梅が一輪咲いていました。
「梅一輪いちりんほどの暖かさ」の句が浮かぶような日でした。(写真は夫)

ジャンル:
その他
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北前船の歴史街道 | トップ | 日出塩の節分草 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
押絵雛 (みさと64)
2017-03-16 11:36:32
こんにちは。
「馬場家住宅」の名は、紙面で見たり聞いたりするのですが、
出向いたことはありません。
わたしは、こうして拝見するだけで充分なのです。
たくさん写真を撮ってきてくださって、ありがとうございます♪
ラクをしながら、楽しませていただきました♪

立派なお屋敷なのですね・・・
茶室が見える写真の庭木も、それを物語っていますね。
段飾りの押絵雛にもビックリ! 豪華ですねぇ〜

押絵雛の特徴を読んでみれば、「動きを感じる造形…」と。
改めてお雛様を見てみれば、
段に並んでいる方々も、掛け軸の中の方々も、
それぞれ向かい合って、お話をしてるみたいですねぇ〜
今にも動き出しそうな仕草をしてらっしゃる方も・・・

段に並んだ押絵以外のお雛様たちはというと、
きちんと座って正面を向いてらっしゃる!
へぇー、こんな違いもあったのですね・・・

ひな祭りや端午の節句が月遅れだということは、
安曇野に住むようになって初めて知りました。
いつまでも鯉のぼりが泳いでいて、不思議だったなぁ〜
今では我が家も月遅れってことで、
玄関飾りもブログもまだお雛様です♪
みさと64さんへ (タッジーマッジー)
2017-03-16 20:52:17
こんばんは。
この馬場家住宅は敷地の広さも建物の立派さも驚きでした。
敷地内に墓地や屋敷神様の祠まであって周囲は土塁が…
江戸時代以来のそれらがちゃんと残っていることも驚きでした。

段飾りの押絵雛は初めて見ました。
本当に立派なお雛様たち…
そして解説のように「動きを感じる造形」!
他のお雛様と比べるとその仕草の違いがよく分かりますね。
みさとさんの言われるようにお話しているような、動き出しそうな姿です!
私も改めてその違いを知りました…

月遅れのお節句は私の育った伊那谷ではごく普通でした。
それに七夕も月遅れで8月7日でした。(今はどうでしょうか)
わぁ~!! (take)
2017-03-17 00:02:33
馬場家住宅!!
あ~、やっぱりもっと早く出発していればよかったと後悔の念しきり。
せっかくの「急ぐ旅」ではなかったのに・・。

この押絵雛!
五段飾りにもなっているのですね~。
私が見た「雛展」では どこもほんの隅っこに1体か2体が飾られているものばかり。「松本の・・」の解説付きで。
先日、松本から帰って来てから知ったことですが、この押絵雛を作っているのは松本市内で一軒だけとか。
地図で見ると 車の中から眺めていた「古いお店」、そこだったのです~。
風邪の心配がなかったら あの通りを散歩していたのに・・。
(その並びの麹屋さんを車の中からパチリとしていました)

享保雛も五人囃子まで揃っているものは見たことがありません。
古いお雛様は雄雛と雌雛の飾り方も変えているのですね。
御殿飾りの豪華なこと!この豪華さは もう御殿飾りが「消えて」いく時代のものかしらと「知ったかぶり」

想像以上のお雛様たちに驚きましたが
「先祖は武田信玄の縁者で」
に 大いに反応しました。
そうだったんですか~。
馬場といえば・・馬場美濃守、大河ドラマで 美木 良介さんが演じられていたのを思い出します。
そんなつながりがあるとも思っていませんでした。
勝手な想像は・・片田舎の豪農かとばかり。
こんなに立派なお屋敷だったのですね。
そしてこの屋根は 車の中からながめては「信州らしい」とカメラを向けていたものです。
ようやく近くで撮ったのが 浅間温泉の新そば祭りの折。あとで知った「降旗監督」のご実家、タッジーマッジーさんさんからも教わりました「元市長さんのお宅でもある」って。

・・いっぱい楽しませていただきました。
やっぱり行ってみたいです~。


takeさんへ (タッジーマッジー)
2017-03-17 22:10:35
こんばんは。
ここは何年も気になりつつ過ぎてしまっていた所でした。
立派な建物だけど懐かしい雰囲気の古民家…
お雛様たちも落ち着いてここに飾られているような感じでした。
五段飾りの押絵雛はきっとtakeさんの言われる、市内でたった一軒だけの押絵雛のお店の物でしょう!
案内のちらしに展示協力「ベラミ人形店」とありましたから…
松本を歩き回っている私のつもりでしたが、このお店には入ったことがありませんでした。
今度はぜひお店をのぞいてみよう!と、takeさんのおかげで気づかされました。

享保雛の五人囃子や女雛と男雛の並び方などの気づきにもなるほど…と。
それに今では御殿飾りも見かけませんものね。

馬場家の先祖のこと、さすがtakeさんですね。
武田信玄の家臣、馬場美濃守にすぐつながるとは!
馬場家はこの馬場美濃守の縁者で、武田氏の滅亡を機にこの地を開発して住宅を建てたそうです。
その後諏訪高島藩とも密接なつながりがあったそうです。

本棟造りのこの屋根は特徴がありますね。
浅間温泉の降幡邸も格式ある立派な建物ですね。
県内(特に中南信)にはこの本棟造りの建物が何軒もあるそうですが、是非残していただきたいものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL