ナチュラルな暮らし

穏やかな日常の一コマ

原田泰治美術館へ

2017-06-10 | 日記
原田泰治美術館は何度も訪れているのですが、今回はこの展覧会を見に行ってきました。
中学生だった頃から知っている、カミジョウミカさんの個展です。




妖怪や架空の動物などをテーマとした空想画や抽象画の中に、すてきな世界があふれています。






こちらも元気をもらえるような作品の数々を見られ、活躍している様子もわかって嬉しかったです。


同時開催の高橋まゆみ人形展も見ました。


飯山の高橋まゆみ人形館でもたくさんの人形に出会いましたが、いつも心温まる作品に癒されます。(絵葉書より)


もちろん、原田泰治さんの作品もたくさんありました。(絵葉書より)


ティールームで一休み、ここは諏訪湖に面してとてもいい眺めです。




湖面のやさしい波模様がすてきでした。


でもこのところの暑さでヒシが湖面を覆って来ていました。


ジャンル:
芸術
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初夏の装い | トップ | 東京へ 庭園散策 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (take)
2017-06-13 07:03:21
おはようございます!!!
 いろいろ楽しませていただくだけで読み逃げしていましたら またも次の記事たち・・。

ここに書いてしまいます。

「5月に咲いた花々」では見たことのない花々が・・
フリチラリア・メレアグリス・・貝母の仲間、なのですね。
なんと表現していいのかわかりませんが 不思議な、いえ異形感・・地味でいてインパクトがある花ですね
・・味がある、というと
「くらふてぃあ杜の市」での
「味のある木彫り作品、思わず見つめてしまいました」に繋がりますね。
あの木彫り・・上野動物園で「動かない鳥」として人気がある(?)「ハシビロコウ」ですね。
ほんとに「いい味」出していますよね。
他の作品にも興味津々・・エッグの先生もご出品、みさと64さんのお手伝いはなかったのかしら、え~と 東京へ行ったばかりですねぇ・・。

「原田泰治美術館」
諏訪湖周辺は気になるところばかり・・。
高橋まゆみさんの作品は根津記念館で見ることが出来ましたが もっと見てみたいと思っていたところです。今度の松本行きは孫、Yくんが保育園から帰ってくるまでは時間があるので諏訪湖周辺散策を考えています・・楽しみ楽しみ。
takeさんへ (タッジーマッジー)
2017-06-14 21:05:15
こんばんは。

古い記事までまとめて載せていてお恥ずかしいかぎりです…

5月の花のフリチラリアはtakeさんの言われるようにインパクトのあるお花!
本当に不思議な魅力があります。
これがバラクラの庭には一面咲いているのですからすごいです。
いつもお店で買ったお花は次の年に咲くか心配ですが、これはちゃんと咲いてよかったです。
原村の庭は蓼科と似通っているのかもしれません。

杜の市の味のある木彫り作品、この鳥、動かない鳥だったような?名前は?と調べもせずスルーしてしまいました。
そうそう、「ハシビロコウ」でした!
確かにくちばしが広く大きいですものね。
他力本願の私、教えていただいてすっきりしました。

原田泰治美術館は小さくて作品も多くはありません。
でも、いつも来館者があまり多くないのでゆっくり見られていいです。
諏訪湖周辺、どちらを訪問されるのでしょうか?
何か魅力的なことを見つけていただけると嬉しいのですが…
湖はヒシがはびこってあまり景観はよくないかもしれませんが、ぜひ楽しんでください。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL