須玉日記

母と子、たまに父による写真日記。

タカラダニの冒険

2017-06-24 09:07:53 | 動物・昆虫・鳥
2017年6月24日 <父>

5月下旬に塩川ダムの「みずがき湖」に立ち寄りました。
秩父多摩甲斐国立公園の案内図の拡大部分に目を転じてタカラダニを一匹発見。





タカラダニは春に大量発生することがあります。赤いので不気味な感じですが、
人を刺すことはありません。
なぜこんなところにー匹でいるのでしょうか。地図上の行動を観察。

ここは標高1300mか。さあ、これからどこに行こうか。





クリスタルラインを下るのもいいな。木賊(とくさ)峠経由で乙女高原にいく
のも魅力的。ただちょっと時間がかかりそう。
「ク」の左にいるのがわかりますか。





身近な五里山(1673m)にしよう。金山平近くから登山道があるようだけれど、
沢沿いに登ろう。





時間切れで観察は15分で終了。虫嫌いの方はここまでに。
最後に拡大したベストショットです。足が8本あるのがわかります。


2017年5月28日 北杜市須玉町にて オリンパスTG-4
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりのお裁縫

2017-06-23 15:00:10 | in the room
2017年6月23日 <母>

完成!






数か月前、孫のちーにした約束。
「スカートを作ってあげるね」
「うん、ピンクがいい、リボンもつけて」
「いいよ!」

それから数か月、やっと出来上がりました。






遅れた分、ハートとレースもおまけに着けました。
なんとも甘々な服、これでプリンセス気分です。






以前はお裁縫は好きで、自分の洋服も作ったし
家族のセーターも編んだけれど、最近は全然。

久しぶりに出した糸を入れる箱。
いろんな色の服を縫った。






さて、ちーはこれを着てどこへ行くやら。
あ、この靴はあげません。
我家のある重要な役目を担う品なので。


コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

清流

2017-06-22 18:17:20 | 自然風景
2017年6月22日 <母>

撮影会の最後は阿寺溪谷でした。
深く淵になっている所は阿寺ブルーと言われる
水の美しい溪谷です。

オタマジャクシが泳いでいるのですが、
全く水を感じない位透明です。






流れを見ていると、時々プクッと泡が出て
それが反射して綺麗な色の模様になるのですが
ピント合わせが非常に難しくて、、、。
何十枚も撮っても、殆どまともなのがありません。






これもピントが難しい。






水がバラの模様になっているのですが、、、。






濡れた岩はツルツルしていて、仲間で
滑って水に浸かった人、2名でした。





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

油木美林の流れ

2017-06-21 16:04:05 | 自然風景
2017年6月21日 <母>

御嶽山の据野に広がる太古の森。油木美林(あぶらぎびりん)。
ヒノキなどの木曽五木をはじめとした、樹齢300年の木々が茂る原生林。
名前すら知らなかったのですが、ネットで調べるとそう書かれていました。

駐車場から10分ほど下って行くと現れる、こもれびの滝。
確かにこの時もこもれびが、、、。






岩がゴツゴツしているためか、流れがプツンプツンと
切れた様になってしまうのが残念。






左の白い部分は雪。






そして、滝の右上には一株の赤いレンゲツツジ。
みんなの視線を浴びていました。






ここの水は、少しブルーがかった不思議な色。
ここでは表現できてませんが、浅い所は
アクアマリンの宝石の様でした。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

早朝の高原

2017-06-20 07:31:30 | 自然風景
2017年6月20日 <母>

木曽温泉の宿に泊まった翌日早朝、
ドンドンとドアを叩く音、
「御嶽山が真っ赤だよ!」

飛び起きました。
この朝は朝食前の撮影予定が6時集合でしたが
夜はとっくに明けていたのです。

4:58撮影
色はすでに薄らいでいました。






少し厚めの服でちょうど良い朝の空気。
近くの渓谷へ。

朝の光線に朝露がキラリ。






猿橋渓谷。
陽が当たった対岸の山の映り込みが美しい。






まだ日の届かない所は青々と。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤沢美林

2017-06-19 09:22:20 | 自然風景
2017年6月19日 <母>

渓流の中の巨岩に赤い可憐なツツジが咲く風景、、、
でも、
川沿いを走る車の中から見ていても全く見当たらない。
話では、台風の時に流されてしまったとか。

車を降りて散策路を歩いていると、林の中には
わずかに数本咲いていました。






川底の石の上をきれいな水が浅く流れている。
時にさざ波が立ち、光でキラキラと光る。






さざ波が立たなければ、水が流れていることさえ
分らない様な綺麗な流れなので、その時をじっと待つ。






映り込みで水が緑に染まる。






緑と赤が印象的なドウダンツツジ。
ピントは、、、葉っぱに行ってしまいました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

開田高原 木曽馬の里

2017-06-18 09:37:07 | 動物・昆虫・鳥
2017年6月18日 <母>

晴天の開田高原。
御嶽山をバックに爽やかな空気が通り抜ける。













開田高原は木曽馬の里。
木曽馬は日本在来種で農耕にも使われていた。

短足胴長と言われてますが、なるほど。






今年生まれた仔馬。






のどかな光景に癒される。






平日で人は少なかったけれど、乗馬体験も出来るそうです。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アシナガバチとスズメバチの巣

2017-06-17 09:18:23 | 動物・昆虫・鳥
2017年6月17日 <父>

須玉の緑が濃くなり、昆虫の活動も活発になってきました。
5月29日と6月11日にブルーハウスで見つけた蜂の巣の変化をご紹介します。





はじめはアシナガバチの巣です。ローンスパイクの持ち手に作られました。


5月29日



空の巣だと思っていましたが、2週間後に見たら大きくなり蜂もいてビックリ。
セグロアシナガバチの女王蜂のようです。この時期は女王蜂一匹だけで、
子育て、巣づくり、餌やりなど全てを行って、人を襲う恐れはありません。


6月11日



次はスズメバチの巣。アシナガバチのすぐ上の軒下に作っていました。
これも空巣かと思ったのですが…


5月29日



2週間後にとっくり状の形に変化していました!コガタスズメバチの初期の巣です。
この状態までは女王蜂一匹だけなので心配ありません。ボール状に変化すると働き蜂が生れ、
近づくと襲われる可能性があります。


2017年6月11日 北杜市須玉町にて オリンパスTG-4

この二つ巣は人が活動する場所の近くにあったため、仕方なく駆除しました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

アジサイを堪能

2017-06-16 06:57:40 | 花・植物
2017年6月16日 <母>

尋常小学校でトトロの世界に浸った後、外に出ると
そこはもう紫陽花の世界でした。
ピンクの小さな花が集まっているのは、ピンクアナベルでしょうか。

須玉でも植えましたが、鹿に食べられない様に過剰にポールを立てて
守っているので、見た目の悪い事。






紫系のアジサイ好きです。
嬉しくて激写。






同じ花をアンダー気味にして。






なんて柔らかい色なんだろう、、、
葉っぱに守られて赤ちゃんのほっぺの様な花。






ニュアンスのある色合いが魅力的。
ほんの2~3メートルの間でずっと
アジサイに囲まれて幸せなひと時でした。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

時にはトトロのように

2017-06-15 09:34:31 | in the room
2017年6月15日 <母>

近くのアジサイの名所、郷土の森。
ここには8棟の復元建築物がありますが、
最近お化粧直しして綺麗になった小学校へ。






木の建物の中にいると気持ちが和らぎます。
衛生室、今の保健室でしょうか。






2階の教室に行ってみました。
ここの席の子は、きっと、、、
先生の話も上の空、外を見ていたんだろうな、、、






しばし雰囲気に浸って帰りぎわにふと振りかえると
机の上に誰かの忘れ物だろうか、、、






一階に戻るとさっきのバスが停まっていて、
「お乗りの方はお急ぎください!」






近寄って来たバスは、私たちを見るとくるっとUターンして
窓の外へと走って行ってしまいました。

あれは、大人になってしまった私たちには乗れない
ネコバスだったのだろうか、、、

(大人っていくつよ!という突っ込みは覚悟の上で(~_~;))



コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加