須玉日記

母と子、たまに父による写真日記。

箱根彫刻の森美術館 2

2017-08-13 08:48:08 | 公園・庭園・美術館・水族館
2017年8月13日 <母>

ここはピカソ館。

中でも驚いたのが闘牛士の絵。
墨絵の様に黒一色で描かれていて、
歓喜する観衆を、一筆チョンとひいただけで
表現しているのに、門外漢ながら感動しました。






子ども達大喜びの迷路「星の庭」。
上から覗けるのも良いですね。

子どもだけだったら出て来れないかも、、、?






屋外の展示も広い敷地に点在しています。
このあと、後ろのあの塔に登ります。






外からは分らなかったのですが、
中は全てステンドグラス!
足跡の描かれた螺旋階段を昇って行きます。

「ゆっくりゆっくり!」
どんどん進むちーに<父>の声が響き渡っていました。






ユーモラスな展示。
後ろの人との比較で大きさが分りますね。






もしもし、大丈夫ですか?
と、声をかけたくなるような、、、。






これ何人分?
ベンチではなく作品です。
ちー、座ったらダメよ!


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 箱根彫刻の森美術館 | トップ | 東京駅丸の内北口夕景 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (子)
2017-08-13 14:17:35
ピカソ館は非常に良かったですね。
最後の巨大目玉焼き、靴で上がらないで下さいと書いてあったので座るのはOKのようです。
Unknown (ばらりん)
2017-08-13 22:10:23
(子)へ

そうだったの?!
黄身の所も良いのかな?と<父>に聞いたら
それは君の判断で、ですって。

コメントを投稿

公園・庭園・美術館・水族館」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL