須玉日記

母と子、たまに父による写真日記。

岬めぐり 菊名海水浴場 2

2017-05-17 07:00:03 | 
2017年5月17日 <母>

燈明崎→津久井浜海岸→菊名海水浴場

ウィンドサーフィンやバーベキューを楽しむ浜の脇にあった物。
一般的には見向きもされない物だけれど私は欣喜雀躍、そう、
小躍りして喜んだのです。

それは錆びたトタンの小屋。
のどかな海岸風景との落差がたまらない。






二つ目の小屋。
サビに惹かれるのは時間の経過を感じるからだろうか、、、。






傾いた木の電柱も侘びしさを増している。
潮風に当たり、雨、灼熱の太陽を浴び、
それらが錆を育てていく。






素晴らしく美しいと思う。






青いトタンの色が剥げて行き、錆が侵食して行く。
雨ざらしの木と言い、凄くオシャレだなぁ。






そして三つ目の小屋、圧巻!
ハマダイコンの花は慰めているのだろうか、、、。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岬めぐり 菊名海水浴場 | トップ | 岬めぐり 菊名海水浴場 3 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
海岸に行くと (fukurou0731)
2017-05-17 12:36:08
ばらりん様
おはようございます。
海岸沿いに行くとこんな小屋が目につきますね。
どう見ても年数がたって誰も手入れしていない感じの小屋にこうやってスポットを当てられるばらりんさんの感性が素晴らしいと思います。
小屋も嬉しいでしょうね!?(笑)
Unknown (ステージ)
2017-05-17 23:11:09
目の前の広い海、広い砂浜小屋を囲むハマダイコン・・
そんな中に残された古びたトタンの小屋。

賑わう海水浴時期には無いとてもいい雰囲気ですよね。
この小屋を前にして真夜中の星空や夜明けの空の写真も撮ってますが昼間に撮ったのは初めてでしたが昼間は昼間の良さがありました。

古びたトタンもばらりんさんが撮ればアートですね^^
こういう目線は私にはなかったなぁ・・
同じ場所で同じものを撮っていてもそれぞれの目線でいろんな切り取りがあるからたまに一緒に行動するのも面白いですよね^^
Unknown (ばらいん)
2017-05-18 12:08:49
fukurou0731さん

ありがとうございます。

何故かサビが好きで、今回、こんな素敵な(笑)小屋がたくさんあって
舞い上がってしまいました。
プラスティック製品は古くなるとボロボロで醜いけど、
トタンは古くなっても味や風格がある様に思えます。
Unknown (ばらりん)
2017-05-19 00:01:13
ステージさん

これらの小屋はいつ頃出来て、いつ頃まで使われていたのでしょうね。
そして、この後いつ頃まで残されるのでしょう。
台風に直撃されたら、、、と思うと心配です。

そうですか、夜も行かれていたのですか。
空が広い所ですものね。
浜を取り囲む海岸線の灯りも綺麗そう。
波の音がBGM、最高のシチュエーションですね。

遠くに花火も上がったりする夏の夜、、、想像するだに素敵です。
生暖かい風や潮の香りも漂って来るようです。
あー、ダメダメ。想像の羽根をのばし過ぎです。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL