須玉日記

母と子、たまに父による写真日記。

ヒメマルカツオブシムシ

2017-04-23 21:43:34 | 動物・昆虫・鳥
2017年4月23日 <父>

コデマリの花が咲き始めると気になるのがこの虫です。
カブトムシと同じ甲虫の仲間で、大きさは3mmほど。
烏山川緑道沿いにコデマリがたくさん咲いていました。
早速、捜索開始。この写真にヒメマルカツオブシムシが2匹写っています。





拡大します。これならわかりますね。





別の花にもいました。逆立ちになって花粉を食べています。





顕微鏡モードで超接写。TG-4は接写にズーム機能が使えます。
被写体から離れて接写できてとても便利。GR4は広角接写だったため、
ここまでの拡大写真は難しかったです。


2017年4月23日 東京・世田谷区にて オリンパスTG-4

ヒメマルカツオブシムシの幼虫は衣類の害虫です。家内でこの虫を
見つけないことをお祈りします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕暮れの武蔵野公園 | トップ | 身延山雨情 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カツオブシムシ (fukurou0731 )
2017-04-24 07:32:17
ばらりん様
おはようございます。
この時期によく見ます。
小さい甲虫ですが、これだけ拡大していただければよくわかります。家の中では落ちた埃の中のパンくずなども食べると聞きました。
Unknown (父)
2017-04-25 00:49:22
fukurouさん
外で見かけるのは良いですが、室内だと困りますね。
カツオブシムシ類では、ヒメマルカツオブシムシとカツオブシムシが
衣類の大害虫として有名です。
乾燥標本や乾魚の害虫でもあるようです。
ネット情報は、原色図鑑「衛生害虫と衣食住の害虫」を参考にしている例が多いと感じます。
この本では、パンくずについては記載されていませんでした。
Unknown (ナカビッチ)
2017-05-03 15:00:16
逆立ちの写真はなかなかないですね!
飢えてたのでしょうか?
Unknown (父)
2017-05-04 00:12:46
ナカビッチさん
ヒメマルカツオブシムシにとっては、短時間勝負なので必死なのでしょうね。
もう世田谷ではコデマリの花は終わりですね。須玉でも観察してみます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL