須玉日記

母と子、たまに父による写真日記。

降雪翌朝の稲城中央公園

2016-12-10 10:09:08 | 公園・庭園・美術館・水族館
2016年12月10日 <父>

11月24日は11月としては東京都心では観測史上初めての積雪でした。
翌日の朝、きっと良い写真がとれるという<母>に誘われて、近くの公園に
向かいました。

早速、雪が被っているドウダンツツジを見つけました。ちょうど太陽が昇って
キラキラ輝いています。





ツクシのように雪から飛び出たドウダンツツジの葉。可愛らしいですね。





クジラ橋からの多摩丘陵の眺め。ゴルフ場の芝は一面、雪で覆われています。





橋を渡って総合グラウンドに向かいます。





これはビックリ!霧に包まれた神秘の湖が出現。
ではなく、グラウンドが霧で覆われた幻想的な光景でした。


2016年11月25日 東京・稲城市にて



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 晩秋の雑木林散策 | トップ | 雪の朝のモミジ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (fukurou)
2016-12-10 11:53:59
ばらりん父様
おはようございます。
行ってみるものですね。私なら寒いから嫌だと言うと思いますが・・・。
ドウダンツツジに雪なんて願ってもない被写体ですね。池の水温より気温が下がって霧が発生したのてすね。幻想的な風景に出会えてよかったですね!
Unknown (父)
2016-12-11 13:19:02
fukurouさん
まさか早朝から出かけることになるとは思いませんでいた。
<母>の撮影への意気込みにはかないません。
雪とドウダンツツジは絵になります。
最後の写真は池ではなくグラウンドの姿です。
この写真だけ見るとグラウンドとは思わないでしょうね。

コメントを投稿

公園・庭園・美術館・水族館」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL