須玉日記

母と子、たまに父による写真日記。

2〇〇〇年 宇宙の旅へ

2016-10-29 10:53:37 | その他
2016年10月29日 <母>

2〇〇〇年、宇宙の彼方から美しい星が昇ってきた。






あれは、、、再生した地球かも知れない!
かつて滅亡して輝きを失ったけれど生き返った地球。

しかも衛星をいくつも連れている。






我々の祖先が住んでいた星、地球。
さぁ、みんな地球へ帰ろう!



シャボン玉ホリデー特番でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5年たった「むさしの1号」 | トップ | シャボン玉暮色 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (捨二)
2016-10-29 23:27:42
なに、これ!!
シャボン玉飛ばさずにずっと撮っていたと思ったら
レンズを覗いてこんなに素晴らしい旅をしていたんだ~

このアイテム楽しかったですよね^^
次回は私がシャボン玉製造機担いでいきます(笑)
Unknown (rokunana)
2016-10-30 00:10:47
一枚目だけ見たら、宇宙からみた地球ですね。
「地球は青かった」を思い出しました。
それにしても、夜にシャボン玉ですか。
発想にビックリです。
ほっと (チェロ)
2016-10-30 09:35:43

おはようございます、

綺麗なしゃぼん玉ですね、
地球でしょうか、
ほっと落ち着きます、
やがて地球を飛び出した人類が、
地球を見ることが、

あるのかもしれません。
Unknown (ばらりん)
2016-10-30 10:19:50
捨二さん

そうなんですよ、私が吹いても水の滴がピシャと
跳ねた様なのしか出来なくて、、、。
能力がないと早々に諦めて、撮る方に専念させて頂きました。

ナニナニ、担いで行くと言う表現は相当大がかりな
装置と言う風に聞こえますよ。
こりゃぁ期待できそうですね。
Unknown (ばらりん)
2016-10-30 10:24:45
rokunanaさん

地球はこんな風に見えるんでしょうかね。
見てみたいです。

ところで、夜ではありません。
ぐっとアンダーにしてコントラストを上げてみました。
飛んでいるシャボン玉にピントがなかなか合いませんでした。
Unknown (ばらりん)
2016-10-30 10:40:17
チェロさん

昔、
「今日人類が初めて木星についたよ
ピテカントロプスになる日も近づいたんだよ」
と言う歌がありましたね。

そんな日が来るような気がします。
でも、一度破滅しても数百年、数千年すれば
再生してくれるとも思っています。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL